TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




かんぽの宿等のオリックスへの一括譲渡問題に端を発した「郵政民営化の闇」は、この間は西川社長の続投阻止を強固に主張する鳩山邦夫総務大臣への与党内での包囲網が縮まり、麻生内閣を揺るがす火種となって表面化してきている。「かんぽの宿等一括譲渡」と銘打って「競争入札」を偽装しながら、完璧なデキレースで「密室の商談」を重ねて、国民と国会を欺いた日本郵政西川社長は、本来なら自ら辞職するのが相当だ。もしかしたら、西川社長自身は身を引きたいという気持ちがあるのかもしれないが、小泉元総理ら「郵政民営化」の旗を振った訳ありグループが目の色を変えて、麻生総理に迫り「鳩山総務大臣を切れ。西川は続投以外にない」と圧力をかけているのは、なぜだろうか。

今回の「かんぽの宿・郵政民営化」問題を追及してきた私は、早い段階からこの問題は「逆郵政選挙」に膨張すると予言してきた。

→「逆郵政政局か」2月13日どこどこ日記
→次の選挙は逆郵政選挙になるかもしれない(早野透さん)

2月中旬は、「かんぽの宿・郵政民営化」をめぐる議論が国会でヒートアップし、
街頭でも「徹底して追及してね」と声をかけられた。そのすべてを一言で語ることは困難だが、「郵政民営化は改革の本丸だ」と勢い込んだ小泉元総理が「国民投票」だと称して行った4年前の選挙に「だまされた」と怒っている人たちが、この議論の行く末を見守った。その流れを突然遮断したのが西松建設に絡んだ小沢秘書逮捕事件だったことは特筆しておきたい。しかし、ニューヨーク・タイムズにまで「国策捜査」批判が記事となって世界に配信された今、もう一度、日本郵政の西川社長の続投をめぐってこの問題が浮上してきたのである。

昨日、民主党・国民新党と社民党との「かんぽの宿疑惑追及PT」が開催され、3党として、延長国会で新たに衆参両院の総務委員会を主戦場に徹底追及を行いつつ、西川社長の続投という、国民世論に背を向けた麻生内閣の姿勢を強く批判していくという確認がなされた。また、麻生内閣がもし西川続投を容認したとすれば、その内閣は信任に値せずということで、与野党逆転している参議院での「問責決議案」を視野に入れて、解散・総選挙に追い込んでいく姿勢を強めることも確認した。

西川氏続投なら首相問責を=3野党幹事長会談呼び掛け-社民(時事通信)

 社民党の重野安正幹事長は4日午前の記者会見で、日本郵政の西川善文社長の続投を麻生太郎首相が容認した場合は、参院で首相に対する問責決議案の提出を検討すべきだとの考えを示した。既に国民新党とはこうした認識で一致しているとし、民主党の協力を得るため、野党3党の幹事長会談を呼び掛ける方針も明らかにした。
 会見で重野氏は、日本郵政の「かんぽの宿」譲渡問題などに触れて「内部規律も含め、西川体制に緩みありと受け止めている」と指摘。「鳩山邦夫総務相が西川氏は責任を取るべきだと言っているのは十分理解できる」と述べた。 
(2009/06/04-12:44)

[引用終了]

今回の西川社長更迭阻止の動きの中で、「郵政民営化を否定することになると、政局になるぞ」という脅し文句が麻生内閣を揺さぶっていると伝えられている。小泉元総理らの意向は、「逆郵政政局」ではなく「第2次郵政政局」なのだろう。それでも、私たちにとっては「逆」だろうが「第2次」だろうが、最高の球筋で投げられたボールである。国民は忘れていない。あの4年前の夏に、芝居やオペラ、歌舞伎の鑑賞で鍛えた「名演技」で「改革」という言葉に悔しくもだまされてしまったことを、だ。「賃金が半減する改革」「医者が病院からいなくなる改革」「障害者から生存権を奪う改革」「地方を疲弊させる改革」など、多くの国民にとっていいことが何もなかった「改革騒動」の結果が今の社会だ。

ところが、甘い汁を吸った連中がいるというのが判明したのが「かんぽの宿問題」だ。規制緩和の旗を振って、自らそのビジネスを譲り受けて肥え太る「改革利権」企業の姿が白日の下にさらされたからだ。まさに、その代理人が「西川社長断固続投せよ」と叫んでいる人々であろう。

私たちは「逆郵政政局」を歓迎する。今度こそ「自民党をぶっ壊す」と称して、日本社会の土台を侵食した「小泉構造改革」と訣別するかどうか、国民に聞いてみたい。民主党も、そこに舵を切るべきではないか。

(お知らせ)

■ かんぽの宿・郵政民営化を問い直す杉並集会

「改革」とは何だったのか?「郵政民営化」、それは「私物化」だったのではないか?徹底的に問い直します!

▼2009年6月15日(月)19:00~
会場: 杉並産業商工会館
(JR阿佐ヶ谷駅下車徒歩5分・丸の内線南阿佐ヶ谷駅下車徒歩3分)

話し: 長谷川憲正さん(参議院議員・国民新党)
原口一博さん(衆議院議員・民主党)※参加予定※
保坂のぶと(衆議院議員・社民党)
参加費: 無料
主催: かんぽの宿・郵政民営化を問い直す杉並集会実行委員会




この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 18 )



« 裁判員制度の... 外務省の闇、... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
09年6月4日 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞P1・P2抜粋記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・朝日新聞P4政治編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・朝日新聞P5政策編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・本当の世襲とは{/arrow_r/}(...
 
 
 
外国人排斥京都デモへのカウンター行動に全国から賛同人になろう (ブログ「旗旗」)
これは「左翼が右翼の行動に反対している」のではないのです。私たちの「人間としての」良識と良心が問われているのです。ヨーロッパの在野市民は保守・革新の垣根を越え、極右ファシズムの台頭には共同して反対します。私たちもその精神には見習うべきところがあると思い...
 
 
 
【日記】西川さん続投問題でネットで拝見したコメント (散策)
結構、西川さん続投問題が報道でも取り上げられ、ブログでの取り上げも増えていますが、コメント欄で新説を拝見したので、参考にリンクします。
 
 
 
がんばれ、鳩山さん (世界平和を実現しよう)
<font size="3" color="black"> 私は、以前、かなり、鳩山総務大臣をけなしていました。 でも、今は違います。<font size="5" color="blue"> 鳩山総務大臣はすばらしい、気骨のある人です。<font size="3...
 
 
 
少数派閥は中小企業より恵まれているの?麻生chan&戻らない時間・・・ (kimera25)
アクセスに 心から 心から感謝いたしております。 連日 ポッポ弟の話ですみませんが 今日もそれを追求します。 その前に 連日取り立ての村野瀬chanについて! 今回は憲法からきましたよ~!!! やるねえ! さすが村野瀬chan 満を持しての取り組みです。 「憲...
 
 
 
虚偽申告罰金50万円なり。「出頭」を「参加」というウソのお値段は? (よっしー道場)
 私の勘違いだったのだろうか?   辞退事由の詳細について法務省が説明をしていること自体はきわめてまともである(http://esaiban.com/pub2.html )。  しかし、今度は逆に最高裁の姿勢に疑問が生じる。なぜ、違憲立法審査権を持つ最高裁が、そもそもQ&Aなど設...
 
 
 
足利事件 菅家受刑者を見ていて思ったこと・ (お玉おばさんでもわかる 政治のお話)
 冤罪についても、被害者とその家族についても、私たちはふだんそれほど考えて暮らしてはいないのだから・・・・被害者の家族の声に耳を...
 
 
 
[戦争と平和]「歴史と市民意識」の葛藤に思慮が及ばぬ「日本核武装論」なる冷酷な官僚型・硬直思考の愚 (toxandoriaの日記、アートと社会)
[副  題] 2009年春/チェコ・プラハの印象(1) 【画像1】ヤン・フスの「肖像」、「フス火刑の図」、「ボヘミアの位置図」 ・・・一枚目の画像は、http://www.ceskatelevize.cz/specialy/nejvetsicech/dokumenty_osobnosti_husより、二枚目は、http://www.britannica...
 
 
 
鳩ポッポ劇場後に控えるは第2の西松献金事件か (日本の片隅で「バカ!」と叫ぶ)
≪政府の財政再建目標、GDPに対する債務残高比率に切り替え≫ との記事が読売新聞朝刊一面のど真ん中に鎮座してるのを見て、その滑稽さに飲んでいた茶を噴出しそうになる。?100年に1度の経済危機!?と言えば何でも許されると勘違いし、国民一人当たりの借金を約...
 
 
 
民主党よ、党首討論から逃げるな。 (ひげログ人)
昨夕、喫茶店で新聞を読んでいたら、党首討論の記事が小さく出ていた。 まず読売新聞
 
 
 
自公政策から見える国民の暗い未来 (ふじふじのフィルター)
 今朝7時代のNHKニュースは、『児童ポルノ』規制で、『単純所持』が禁止されてい
 
 
 
素敵な女性は少ない? (喜八ログ)
「素敵な女性は少ない」。最近、とある女性から聞いた言葉です。これって、もしかしたら「問題発言」かも?(笑)
 
 
 
三井住友銀行による日本郵政支配を許すな! (わんわんらっぱー)
http://wanwanlapper.seesaa.net/article/120894910.html ○三井住友銀行による日本郵政支配を許すな!  鳩山総務大臣が日本郵政西川社長の続投を認めない旨、明言しています。 三井住友銀行はゴールドマンサックスの出資を受けており、ゴールドマンサックスの強い影響...
 
 
 
金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
09年6月5日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞P4政治面{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・足利事件・菅家さん釈放・新聞編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・足利事件・菅家さん釈放・TV編と社説{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)
 
 
 
自民党と公明党が「解散・総選挙」もしないで、ごり押しで法案を通す動機から国会会期の延長へ (未来を信じ、未来に生きる。)
国会会期延長問題 国民に信問えない自公 --------------------------------------------------------------------------------  麻生内閣と自民・公明の与党は、2日の衆院本会議で55日間の会期延長議決を強行しました。  政府・与党が最重要課題とした補正予算の...
 
 
 
日本郵政 西川社長 辞任 (スポーツニュースwiki)
ゆうちょ銀行についてゆうちょ銀行について質問したいのですのでよろしくおねがいします。1.日本郵政株式会社の西川社長がゆうちょの預け入れ限度額を撤廃するって言ったのですが、果たして可能でしょうか。最終的預け入れ限度額はいくらまでなのでしょうか。2.銀行がこ...
 
 
 
「朝日新聞」の西川社長擁護社説 (喜八ログ)
「朝日新聞」社史に一大汚点として残るであろう「社説」を保存しておきます。というか最近の「朝日新聞」は「汚点」の連続ですね。朝日の「社史」も、今後それほど長くは続かないかも?
 
 
 
西川氏続投問題~その内実とこの先~ (路上で世直し なんで屋【関西】)
こんばんは、なんで屋@千里中央です。 かんぽの宿譲渡問題に端を発した、郵政問題。 この間、西川社長の続投問題を巡って、世論は鳩山総務相に向いていっています。   この世論に関する真偽もありますが、この問題に関して、植草一秀氏、保坂展人氏といった面々...