TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




時々、政治家でありながら絶句するような法律に出合うことがある。一昨日に収録した「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。」(日本テレビ)のマニフェストに「選挙カー禁止」とあったので議員会館で下調べをしていると、これホント?という素晴らしすぎる公選法の条文に遭遇した。私たち政治家は、先輩から「選挙カーの走行中に連呼をしてはいけないことになっているから、名前を続けて言ってはいけない(これぞ連呼)。政策やキャッチフレーズの合間に名前を差し挟むように」と聞いてきた。私は自分の選挙を過去4回、また、参議院選挙や地方選挙も数限りなくやってきて、そう信じていた。しかし、これは公選法を逆さに読んでいた誤解、公選法が求めているのは「選挙カーの走行中に許されているのは連呼だけ」というシュールな規定だったのだ。

このことに気づいたのは「知の関節技 選挙カーの『連呼』は『迷信』から生じているらしい」という記事だった。まさかと思いながらこの記事を読み、公選法の条文を確認して、国会図書館の専門家と総務省選挙課に問い合わせたら、驚きの事実が判明した。

まずは、公選法の条文を読んでみよう。

(車上の選挙運動の禁止)
第141条の3 何人も、第141条 (自動車、船舶及び拡声機の使用) の規定により選挙運動のために使用される自動車の上においては、選挙運動をすることができない。ただし、停止した自動車の上において選挙運動のための演説をすること及び第140条の2第1項 (連呼行為の禁止) ただし書の規定により自動車の上において選挙運動のための連呼行為をすることは、この限りでない。

この140条の2第1項の「ただし書」には、何と書いてあるのかというと――。

(連呼行為の禁止)
第140条の2 何人も、選挙運動のため、連呼行為をすることができない。ただし、演説会場及び街頭演説(演説を含む。)の場所においてする場合並びに午前8時から午後8時までの間に限り、次条の規定により選挙運動のために使用される自動車又は船舶の上においてする場合は、この限りでない。《改正》平12法118
2 前項ただし書の規定により選挙運動のための連呼行為をする者は、学校(学校教育法第1条に規定する学校をいう。以下同じ。)及び病院、診療所その他の療養施設の周辺においては、静穏を保持するように努めなければならない。

つまりは、「連呼行為」は禁止だけれど、例外規定として走行中の自動車の車中では許されていると書いてあり、逆に「政策を訴える」などの演説などは停車中にのみ認められていたのだ。

「選挙運動のために使用される自動車の上において」「選挙運動をすることが出来ない」というのは、日本語として成立していないようにも思えるがどういうことだろうか。一方で、連呼は禁止のはずだったが、公職選挙法をみるとOKになっている。これは、法律が時代錯誤的かつナンセンスな選挙運動を枠づけているのと同じだ。

私が知らなかっただけではなく、番組に出演した政治家全員が「ホントなのそれ?」と首を傾げた。私たちは、公選法が「連呼を禁止している」と錯覚して、連呼をしないように心がけてきたのであった。

 こんなに時代錯誤でメチャクチャな法律を変えることが出来ない国会とは情けない限り。

 選挙カーを使わないとなると、電動自転車がリヤカーをひいてエコで決めたいと思っても、「自動車以外は選挙運動には使用出来ないので、看板や拡声器などを使うことは出来ません」(総務省)ということになる。自転車にトラメガを積み、インカムのマイクを通して、「政治を変えましょう」と呼びかけるのも、「自動車」ではないので公選法が許していない。

つまり、公選法が「自動車以外の車両」を排除していることから、選挙カーを使って選挙をやるしかなく、しかも評判の悪い「連呼行為のみ走行中認める」というナンセンスな光景を生んでいる、といっても過言ではない。インターネット選挙も禁止されたままで、この国の独特な選挙風景は、時代後れの法律によって枠づけされていたということが判り、不勉強を恥じつつ公選法改正の必要性を改めて感じた。



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 17 )



« 「西川更迭」を阻... 驚きの公選法、パ... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
 水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
09年5月27日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・よくもまあ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・核拡散{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・久しぶりの技工士スレッドへの書き込み{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)
 
 
 
住基ネット反対運動に学ぶ (天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳)
 住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)に一部自治体が接続しない問題が波紋を広げています。これらの自治体は現状が違法であることを知りながらその状態を放置していることもあり、これらの自治体を相手に是正...
 
 
 
 「幸福の科学」新党 衆院選全選挙区で候補擁立へ (政治)
公明党にしろ、宗教団体が政治に参加するのは良いこととは思えません。 票割れを期待して、自民党にお願いされたのだろうか。 小選挙区制の問題点の一つだと思います。 「幸福の科学」新党 衆院選全選挙区で候補擁立へ 産経新聞2009年5月26日
 
 
 
これも裁判員制度の基礎知識ナノダ! (よっしー道場)
 5月21日から裁判員制度が始まりました。このことについて、できるだけ多くの皆さんに、今いったいどういうことになっているのかということをできるだけ主観を省いて説明していく必要を感じています。  まず、裁判員制度が始まったというのは、「裁判員による刑事...
 
 
 
ゴミ売りは自民党の「プラウダ」! 早く潰れてしまえ (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 「ゴミ売りを潰そうね」と君が言ったから五月二八日はゴミ売り記念日(笑)  ははは,さすがに昨晩は ネットゴキ による 妨害活動 (いわゆる「F5アタック」と呼ばれる,更新を瞬時に繰り返すことで,相手方の Webページやブログの呼び出しを事実上ストップさせてしま...
 
 
 
ヤジの節度と品格?党首討論 (お玉おばさんでもわかる 政治のお話)
先日・・笑ってしまって・・そのあとお玉が脱力しちゃった記事です・・ 産経新聞より 与野党は22日の衆参両院の国家基本政策委員会合同幹事...
 
 
 
知りませんでした・・・ (暮らしやすいまちのために、身近な政治を変えていこう)
今日、各議員のブログを次々読んでいたら 社民党の保坂展人議員のブログで 選挙中の車からの連呼が公職選挙法上、正しいという時代錯誤を初めて知りました。 だいたい、この法律の理解しにくいこと また、一生懸命政策を訴えていたのが、間違っていたと言うこと...
 
 
 
平沼赳夫議員「竹中平蔵は間違っている」 (喜八ログ)
雑誌「月刊日本」2009年06月号の平沼赳夫衆議院議員インタビュー記事「政局の混迷を日本自立のチャンスに!」から、竹中平蔵氏(経済学者・元参議院議員)に関する部分を引用させていただきます。
 
 
 
[思考]驚きの政治家,公職選挙法の内容は一切知らず (鵜の目鷹の目)
現職の議員だろ? 頼むでしかし。 私たち政治家は、先輩から「選挙カーの走行中に連呼をしてはいけないことになっているから、名前を続けて言ってはいけない(これぞ連呼)。政策やキャッチフレーズの合間に名前を差し挟むように」と聞いてきた。私は自分の選挙を過去4回...
 
 
 
[memo]選挙運動用自動車の上で行う「候補者の名前だけを呼ぶ」連呼行為は,やはり許されないのではないか (【情トラ】附゛録゛)
 保坂展人議員のブログにて取り上げられている「驚きの公選法、選挙カー走行中は『連呼』以外は許さず」との問題について。 驚きの公選法、選挙カー走行中は「連呼」以外は許さず - 保坂展人のどこどこ日記  私たち政治家は、先輩から「選挙カーの走行中に連呼をしては...
 
 
 
[政治] 選挙カーの走行中は「連呼」以外が許されないだって? んなアホな (きこりの日記)
社民党の保坂議員がワケの分からない事を言い出した。   ◆公選法、選挙カー走行中は「連呼」以外は許さず - 保坂展人のどこどこ日記 私たち政治家は、先輩から「選挙カーの走行中に連呼をしてはいけないことになっているから、名前を続けて言ってはいけない(これぞ連呼...
 
 
 
公選法厳密適用では不自由。しかし、インターネット選挙は可能。 (永瀬ユキのブログ)
保坂展人さんのブログに公選法(公職選挙法)についての記事が載っています。 http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/c313dd658db9107111a1f773e8d6bc5e http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/2c95e3fc1a078a0...
 
 
 
これでいいのか選挙制度-世界でも異常な“べからず法”- (未来を信じ、未来に生きる。)
シリーズ これでいいのか選挙制度 世界でも異常な“べからず法” --------------------------------------------------------------------------------  市議が選挙前に後援会ニュースを会員に配っただけで選挙違反で逮捕される。公務員が休日にビラを配ったのも国家...
 
 
 
民意を「集約」した国会で改憲発議はできません (平和への結集第2ブログ)
衆議院議院運営委員会の皆様 民意を「集約」した国会で改憲発議はできません 憲法審査会の始動は不要です 憲法の改正は、主権者からの沸き立つような要求があった後でなければ着手してはなりません。与党が強行採決で成立させた改憲手続法に基づき、さらに憲法審査会規...
 
 
 
選挙当日はいつも静か (ムックの日記)
今日は東京都議会議員選挙の投票日です。 選挙当日はいつも感じるコトですが、今日も、「今日は静かだなぁ・・・。」と感じながら過ごしています^^ 選挙当日に「静かだなぁ・・・。」と、しみじみするのは、前日まで選挙カーが五月蠅かったからに他ならないのですが・・...
 
 
 
[政治][テレビ]選挙カーがうるさいのは私たちのせいなのか (クピドと小粒なトウソウ記)
  選挙カーでの選挙活動も当然、公職選挙法で決められた範囲内で行われているはずだから、公職選挙法を改正する人たちを決めた私たちにも責任がある。 こんなことは言えそうだけど、果たしてそうなのか。   衆議院選挙が本格化し、選挙カーを見かける機会も増えました...
 
 
 
聴きたかったなあ、細田幹事長の話 ([間歇日記]世界Aの始末書)
 おれはポッドキャストで愛聴している『大竹まこと ゴールデンラジオ』(文化放送)