TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




衆議院予算委員会で先週、1月13日に追及したことを読売新聞が昨日の夕刊で取りあげた。まずは、外務省の国連基金問題の入門編といったところだ。単純素朴に、「小切手で返金する」と言われて、3年間も取りにいかないという事実に驚くだろう。外務省は何をやっているのか、日本はそんなに金余りなのかと疑問と怒りを持つ人も多いだろう。まずは、昨日の記事を読んでみよう。

国連拠出金8億円が放置、10基金の残余分2~8年…外務省

1月19日15時7分配信 読売新聞

 外務省が途上国支援などのため国連に拠出している基金のうち、既に閉鎖されたり、活動を停止したりした10基金の残余金計約8億1600万円が、2~8年間にわたり放置されていたことが分かった。

 国連側から返還通知を受けたにもかかわらず受け取り手続きを怠るなど、同省のずさんな対応が原因で、事務態勢の在り方が問われそうだ。

 外務省が衆院外務委員会に提出した資料などで明らかになった。拠出金の問題は昨年11月、会計検査院の指摘で約3億9750万円分が表面化。同省がさらに全体の調査を進めた結果、会計検査院の指摘を上回る額が判明した。

 このうち、東ティモールの選挙監視団支援のために資金拠出した「東ティモールの平和的解決のための信託基金」の活動は、少なくとも2002年に停止されているが、残余金4億1200万円がそのままになっていた。同基金が停止された事実も、08年まで把握していなかったという。

 カンボジア人道支援のための「カンボジア信託基金」は00年以降活動が停止しているが、08年7月に国連から照会を受けるまで残余金約6390万円を放置。ニカラグア武装勢力の帰還や定住促進に向けた「国際支援検証委員会活動のための信託基金」も、05年4月に国連事務局から返還小切手(約97万円)を受け取るよう通知されたが、3年以上もそのままにしていた。

 外務省では「内部のチェック態勢が不十分だった」としている。同省は昨年12月末までに、残余金の大半について、返還手続きをとったり、他の国連基金へ回したりし、残りの対応も急いでいる。

最終更新:1月19日15時7分

[引用終了]

しかし、読者の皆さんは「外務省の怠慢」に怒るだけでよいのだろうか。物事には奥があり、不自然なことには裏がある。この記事の末尾にもあるが、「他の国連基金へ回し」というところに、この不可思議な出来事を解く鍵がかいま見える。すなわち、日本政府(外務省)が国連に拠出した基金は、残余金があれば国庫返納が筋である。しかし、現に8億円の基金残余金の行方を見ていくと、国庫に返納された基金は3つで、他の6つは他の基金に振替えられていることが判明した。

一例をあげればカンボジア信託基金(最終拠出平成4~5年度)残余金565,314ドル、複合緊急事態における人道的挑戦基金(最終拠出平成14年度)残余金106,955ドル、中東湾岸基金(最終拠出平成3年100,000,000ドル)残余金496,813ドルの3つの基金の合計額1,169,082ドルは、中央緊急対応基金(CERF)に12月に移管・振替の手続きがされている。中東湾岸基金(最終拠出100,000,000ドル)というと、ハッと思い当たる人も多いと思うが、出す時にはいろいろ議論あれど、いったん出してしまったらもう国会での監視・監督も及ばない「塩漬け状態」となり、会計検査院から指摘されるとゴソゴソと外務省内の判断で動かしてしまうというのが実態だ。国連から受け取ってしまえば返納の手続きが必要となり、他に移管できる基金がなければ、しばらく棚上げにしておけと考えていたのではないかというのが、私の推測だ。

この件について、1月13日の衆議院予算委員会でのやりとりを添付して、今日の報告を終わる。

[衆議院予算委員会・会議録]


○保坂議員 社民党の保坂展人です。

 委員長には、公平公正、ルールにのっとった委員会運営をお願いしたいと思います。外務省の問題をやりたいと思います。

 十一月に会計検査院が指摘をした、いわゆる国連への信託基金、この信託基金の残余金が検査をしたらぞろぞろ出てきた。十個の信託基金があって、これはひどいんですね、外務省から外務委員会の理事懇で詳細な経過は聞いていますけれども。例えば、残余金があるから日本政府はどう受け取りますかと聞いても、返事がない。三年も四年もないんですよ。小切手を用意しているからとりに来てくれと言っても、これまた三年も四年も返事がない。

 こんなことがあるのかと私驚いています。税金の無駄遣いが指摘されてきましたけれども、まさにその税金を返還するということの受け取り拒否で、放漫、金満体質そのものではないですか。

 外務大臣に伺いますが、十一月末の時点では、こうして放置をされていた、検査院が指摘した残金は何と八億円に上っていた、これは事実ですか。正確にお答えいただきたいのと、これは国民に、こんなずさんだったということは一言謝罪をしてほしい。いかがですか。

○中曽根国務大臣 会計検査院より指摘を受けました国連信託基金、十の基金につきまして、現在までに確定をしている拠出残余金総額は約八億一千六百四十七万円でございます。昨年、委員からの御質問で政府参考人が御答弁した数字はちょっと正確性を欠いておりまして、八億一千六万円とお答えしたのではないかと思いますが、これは単純な読み違いだと思いますが、訂正をさせていただきたいと思います。

 それから、預けっ放しといいますか、その件でございますが、国連の信託基金の閉鎖に伴う拠出残余金の処理につきましては、十一月に会計検査院が公表いたしましたとおり、速やかな対応がなされていなかったと認識をしております。御指摘の約八億円の残余金が存在した信託基金につきましては、国庫返納あるいは他の基金への振りかえに関する手続をほぼ完了したところでございます。

 このような事態が生じましたことはまことに遺憾でございまして、私から事務当局に対しまして、再発防止を徹底させることについて強い注意喚起を行いました。

 この件につきましては、外務省の体制面につきましても問題があったと認識をしておりまして、かかる状況が二度と再発することのないように、ガイドラインなどを作成し、そして、国連からの照会や通知を処理するものや処理期限など具体的な事務手続等を明確に定めるとともに、信託基金の状況について定期点検を行うこととして、そのような改善を図ったところでございます。

 今後、こういう方針に従いまして適切な処理が行われるよう徹底していきたいと思います。

[引用終了]


この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )



« 派遣・非正規労働... 「ラフレさいたま... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
エンジョイ・クイズ♪科学編★ (☆Committee on the Elimination of Double Standards☆)
最近クイズ番組流行ってるよね! 羞恥心とかすごい人気★(ノクボくん可愛いよね(^u^)v) さてっ! ここでクイズです☆ Q1.次に共通するものなーんだ?? A.世界保健機関(WHO) B.全米科学アカデミー医学研究所 C.米国国立薬物乱用研...
 
 
 
火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
08年12月20日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・今朝の朝日新聞の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・クローン牛{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老...
 
 
 
No Nuclear Weapon ! (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 もうすぐ Barack Obama 氏が大統領に就任する.彼の2年前の公約が,題名の「核兵器廃棄」だ.  しかし,米軍がそれに理解を示すだろうか.もしかして,オバマ氏の「雇用創出」とは,「核兵器解体のために軍人の人事へ介入する」「民間の原発会社のために,核兵器に...
 
 
 
パレスチナ問題から考える (天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳)
 本日の本題は裁判員制度とは直接関係ありませんが、平和活動の一環です。一昨日19日、「ガザ~この現実 一方的な破壊と殺戮の中で」・映画「レインボー」(2004年)上映会と岡真理さんのトークイベントに大阪ま〓..
 
 
 
周辺国も金だけ出してくれた方が良い、と言っていました (王様が裸に見えるお子さま)
半年ほど前でしょうか、イエメンかオマーンか、ソマリアの対岸の国のお偉いさんが来日した際、ソマリアの海賊対策でお金がかかる、支援して欲しい、と発言していました。慣れない日本が来ると足手まといなので、お金だけ出して我々に任して欲しい、との趣旨でした。 日本...