TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




教育基本法特別委員会が今日も開かれた。昨日の審議再開に続いて、今日も質疑に立ったが、じわじわと「採決」の出口を目指して与党側はひたすら「審議時間」の超過を狙っている。「3~4箇所で地方公聴会をやりたい。中央公聴会はやる予定がない」という提案が昨日与党側から語られたが、今日はその話題は持ち越しとなった。地方公聴会のセットには5日間ほどかかるということを考えれば、与党側は来週前半の地方公聴会のセット、そして来週中の採決を狙っているのは間違いないだろう。他方で、「いじめ自殺」の連続と「高校単位未履修問題」は底辺を広げており、野党側は一致して文部科学委員会の開催を要求している。しかし、与党は応じる気配はない。民主党は、「文部科学委員会を開催しないなら、両問題で参考人招致をして集中審議を行う」ことを要求している。「教育再生会議」の面々も、国会を離れた官邸であれこれ論議しているなら、国会で語ってもらうことも筋だろうとも思う。

今日は、「教育の目標」の第2条5項「愛国心条項」が政府提出教育基本法案のすべての条文にかかるのか、それとも「学校教育」を中心としているのか、この点を昨日の安倍総理に続いて、塩崎官房長官に質した。普段は歯切れのいい塩崎氏としては、どうにも煮え切らない答弁だった。「『教育の目標』は条文全体にかかっているが、『家庭教育』や『社会教育』はそれぞれ教育の主体に委ねられている」というもの。よく考えてみれば、「学校教育も教育の主体に委ねられるべきもの」であり、「家庭教育」「社会教育」も並列的な関係なのか? と疑問をぶつけた。この点が曖昧だと、条文第13条の「学校・家庭及び地域住民の相互の連携協力」のところで「企業・NPO・児童相談所・警察」などの関係者が相互に連携する目的も「教育の目標2条5項」に掲げられている愛国心条項を目標とすることになり、「お宅では我が国と郷土を愛する心を教えていますか」と家庭内に関係者が干渉するような事態を生まないとは限らない。「立法者の意志として、そうしたことは求めていない」と塩崎官房長官は答弁したが、伊吹文部科学大臣は「それは社会教育や家庭教育の主体が判断してやることで、公的介入はしない。ただ、教育の目標はすべてにかかっているので教育の目標はすべてのにかかっているので、その方が判断すればいい」と答弁している。

つまり「隣組」が復活して「愛国心育成運動」を自主的に起こして、政府提案の教育基本法を根拠法として「お宅はどうしてますか」と報告を求めたり、干渉をしたりということが起きていた時に制止できるのは塩崎官房長官答弁の「そういうことまでは求めていないという立法者の意志は議事録に残る」いう言葉に尽きることになる。国旗国歌法の時の野中官房長官答弁「教育現場に強制はしない」という答弁がどんなに無視され、ないがしろにされたかを私たちは知っている。教育基本法だから学校が危ないと思ってきたが、家庭教育・社会教育・生涯学習なども包括する法案であることが今日明らかになった。これは、おおいに警鐘を鳴らしていいはずだ。多分、明日の新聞報道には載らないだろうから、大いに議論を喚起してほしい。これまで、気がつかなかったが政府の教育基本法案には「隣組」復活への道の根拠が仕込まれていたのだ。

一方で安保委員会では防衛庁不祥事の集中審議の日程が決まり、私も木曜日には質疑に立つことになった。教育基本法特別委員会の方では、社民党は明日は菅野哲雄議員、その次は日森文尋議員と続く。世論もようやく動き始めてきた。

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 7 )



« 教育基本法、... 教員基本法、... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
凶悪自民党の おそるべき陰謀 ~ 日本は 石川県産料亭豚と戦犯の孫に破壊される! (新党を欲する人 ~ 立憲平和党本部)
保坂議員の 本日の質問 大変ごくろうさまでした 保坂議員のご指摘の通り 凶悪自民党は なるほど 隣組 すなわち 国民皆憲兵を 目指そうとしているとは 言語道断 石川県産料亭豚 と 戦犯の孫の おぞましい まがまがしい 独裁への野心 ...
 
 
 
卒業資格の履修漏れ事件と教育基本法改定問題ー自公政権の責任を追及しようー (未来を信じ、未来に生きる。)
世界史などの卒業に必要な科目を履修している、していないに関わらず、高校生は自民党と公明党の連立政権が実現している受験競争教育のストレスの犠牲になっているわけです。  ですから、希望者は全員、高校・大学へ進学して、希望者全員が卒業できるようにする ...
 
 
 
戦後教育のどこがどう悪いのよ? (競艇場から見た風景)
必修科目の世界史などが高校のごまかしで、卒業生の単位不足が発覚した。 「必修」って何?必修=必ず学ばなければならないこと。 学ぶとはなんのためにあるのか。大人は子供に何を学べばせたいのか?教える・教わるとってことは何か。そんな根本的なことを問いか ...
 
 
 
[報道メディア]とりもなおさず、検察の不人気、無理解なの? それとも不徳の至り、ネットでは「腐れ検察」という声も挙がっているようで (hirono_hideki 日暮途遠)
 時刻は22時24分です。トラックバック入れてるけど、アクセスは下降の一途という感じです。  これまでにも何度か説明していると思いますが、一回一回、このブログの趣旨を説明するわけにはいきません。以前コメントにて、ちゃんとしたプロフィールを書くよ ...
 
 
 
第1問:日本の市民は、だれを信頼して安全と生存を保持しようとしたのか? (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
第2問:日本の市民は、だれによって戦争が起きることのないように決意したのか? 今日、憲法改正手続き(国民投票)法案に反対する集会に参加したときに、元読売新聞記者山口正紀さんの講演を聞いて思いついた質問です。いずれも、日本国憲法の前文(←クリッ ...
 
 
 
教育基本法「改正」と格差社会。 (右近の日々是好日。)
 こんばんは。毎日新聞の2006年10月29日朝刊の4面に、大内裕和(おおうち・ひろかず)氏による「21世紀を読む 教育基本法改正 格差社会助長するおそれ」と題する論説が掲載されています。今回は、この大内裕和氏の論説を読んで、私が考えたことを書きたいと思い ...
 
 
 
と、と、となりぐみ (穴に向かって叫ぶ)
保坂展人さんのブログを拝見して、「やっぱり!」とか「うそっ!」とか矛盾した叫びをあげてしまった。 要するに、教育基本法「改正」案の中で、政府与党はあの戦前の「隣組」まで想定しているってことだ。 「隣組っ、隣組だってよっ、ええ?!」なんて興奮 ...