TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




教育基本法が「巨大与党」の手でギロチン台に乗せられる段取りになっている。そして、処刑にかかる時間は特製ベルドコンベアー(連日開催できる特別委員会)で2週間程度とされている。委員長には法務大臣として死刑執行の指揮命令書へのサインをためらわなかった森山真弓さんが内定しているという。連休の間、与党合意の上で生まれた教育基本法の条文を見ながら、考えてみた。

外を歩くときは、人間は前を見て歩かなければならない。地下鉄の階段を昇る時にも油断してはならず、周辺への注意を欠かさないこととする。(時には、車が飛び込んでくることもあるから……)

また、1分に何度かはまばたきをして、眼球の乾燥を防止する努力を怠ってはならない。食事の時には、消化にいいようによく噛むことが必要である。また、夫婦はたとえ何十年よりそっても互いに信頼を得る努力を重ねることで、不朽の愛を打ち立てることに努めなければならない。

世の中には矛盾や不公平もあるが、つねに感謝の気持ちを持って現状に満足し、自分より不遇である人々を前に奉仕の心で社会福祉の増進に尽力すべきである。また、政治家の汚職などを針小棒大に騒ぎ立て、いたずらに政治不信を煽るようなマスコミに踊らされてはならず、常に国家国民のため粉骨砕身する多くの政治家をいたずらに揶揄する言動に陥ってはならない。

読む方もつらいだろうが、書く方はもっとつらい。「心の持ち方」「日々の過ごし方」を法律事項にしていったら、とめどもなく法律は増える。まばたきは人間のDNAに埋め込まれている自然的生理作用であって、法律で禁止されても困るのである。つまり、必要ない法律の典型例である。それでは、次の例はどうだろうか。

「何人も我が国の象徴として、古来親しまれている富士山を敬愛し、大切にする心を育まねばならない」

OKだよ。富士山はきれいだし、外国でも有名だからね。国旗国家法に習って、「国山は富士山とする」と規定すれば法的根拠も生まれるから、学校でも日本中が同じ時間に富士山を向いて一礼する指導を行う必要が出てくるよね、と戦前回帰派にはマジで採用されてしまう「富士山敬愛法」が立法されるかもしれない。

「だけど俺は八ヶ岳の方が好きだ。富士山のような単純な形より、あの天空にそそり立つダイナミズムがいいと思うよ」

という人は、「それはあなたの趣味にとどめて下さい。国の法律で、国民全体が愛する山は富士山と決まってますから」と諫められる。たしかに海外から帰ってきた時に飛行機の中から富士山がばっちり見えた時に、ホッとする。芦ノ湖から見た富士山をほれぼれ見ていたこともある。だけど、法律で決まってしまうと妙なことになってしまう。飛行機の機長がアナウンスで「皆さん、国山富士山がご覧の通り右側に見えます」と言うと、日本人は全員が手を合わせ瞑目する。なぜ、こんなことになったのだろう。心の中は表現できないから、「瞑目」と「合掌」という外形的な表現で敬愛の意を表現することになったからだ。

伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。(教育基本法改正案・2条5)

公明党は「愛国心」は統治機構を愛することを意味するから反対だと主張したと言うが、「我が国と郷土を愛する」という文言を教育版憲法である教育基本法に入れると、付属法として「富士山敬愛法」や「伝統文化愛好奉仕法」「夫婦和合調和法」などゴタゴタと修養や態度に関わる法律が出来ることを阻めない。すでにある法律では「健康増進法」などの例もある。

法律違反になるから夫婦喧嘩は遠慮するという夫婦は、ベストカップルだろうか。この教育基本法の時代錯誤的提案は、「生き方」「楽しみ方」「人生の送り方」「喜怒哀楽の制御と解放」「感動の仕方」「人生の価値」など究極の個人の領域に国家が入りこみ、ガサツな立て札をもって「規範」と呼んで、青少年を誘導しようというところにある。

教育基本法が出来たら、青少年基本法をつくり、最近の年寄りはワガママだとして奉仕活動への感謝義務を課す高齢者基本法、団塊の世代が「個人主義」から脱却できないとすれば、「団塊世代・奉仕連帯法」(『連帯を求めて孤立を恐れず』から『我が国と郷土を愛する奉仕活動への連帯義務』をうたう)と、際限なく急坂を転がり落ちる。

まさか、まさかで、まっさかさまだ。信じられないほどに政治はアナクロニズムへと退却し、「国家の幻影」が膨張する。「ちょっと妄想ひどいんじゃないの」とたしなめてくれる人がいたら、小石や岩石が転がってくる坂を登りゆく隊列に加わってほしい。今日は冗談で書いてません。


この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 12 )



« 同窓生の「ヤバイ... 明日、共謀罪参考... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
棄国民的随想1 (MERIDIANIの文体演習)
子供を産み育てやすい国か…日本は48%・米国78% (読売新聞) - goo ニュース 立川談志師匠が、かつて、その著作の中で、現代落語のていたらくを嘆きつつ、能狂言のように、<落語が国に保護されるようになったら終しまいである>と語っておられたが、『愛国 ...
 
 
 
いま、教育基本法を読む / 堀尾輝久 (D\'s☆リーディングルーム)
教育基本法(以下、教基法)というものがあることは知っていたが それがどんな性格のものかは全然知らなかった まあ、今まで知ろうとしなかっただけなのだが 子供が小学校にあがる時
 
 
 
子どものための教育から国家のための教育へ (ロシア・CIS・チェチェン)
[以下、『週刊MDS』935号より抜粋。リンクは、「教基法改悪を止めよう!全国連絡会」のサイト]。 <戦争否定と現行法> 教育の目的は「人格の完成」と「平和的な国家及び社会の形成者」の育成にある--教育基本法は第1条でこう規定している。そして ...
 
 
 
幼稚園と保育園、「一元化望ましい」と小泉首相 (飯大蔵の言いたい事)
幼稚園と保育園は目的が異なるが、対象とする年次が重なっており最近違いが少なくなってきている。知っトク!法律用語の小道 に解説がある。そこにもあるが幼稚園が文部科学省、保育園が厚生労働省と所管が違うのがもっとも大きい違いだそうだ。構造改革特区構想で ...
 
 
 
共謀罪採決を大手門で阻止しよう! (BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」)
ついにゴールデンウィークが終わった。いよいよ明日から本格的な攻防となる。昨日のサンデープロジェクトを見ていて感じたことは権力側の恐れが尋常のものではないということだ
 
 
 
富士山は私のものだ (Non-Fiction)
 私の出勤ルート中、最初に乗る電車の窓から富士山が見えるポイントがある。晴れている時にしか見えないし、時間にして一分そこそこ程度なんだけど、綺麗に見えた時には、なぜか非常に嬉しい気持ちになる。通勤途中にはずっと見えている経路もあるのだけど、どう ...
 
 
 
教育基本法改正と子供たち (由布院発 デジアナおじさんの一筆啓上)
= 「教育は国のためにするんじゃない」 =  黄金週間最終日の日曜日のことだった。庭に出て、由布院独特の「恒例自動車渋滞離合睨みあい」の喧騒の様子を遠くから垣間見ていると、背中から声がかかった。 「何してるんですか?」後ろを振り返ると小学校の先生を ...
 
 
 
[雑記]トンデモさん。 (シートン俗物記)
    愛国心がダメならば祖国愛でどうか――愛国心の表現を盛り込み国会に提出されている教育基本法改正案について、石川嘉延知事は10日の定例記者会見で「法律で明記していくことは、日本国を日本国たらしめていくために必要なこと」と述べ、賛成する考えを示 ...
 
 
 
日本人の伝統 (非国民のチャンネル)
家の中では靴を脱ぐことになっている。
 
 
 
この国の未来は… (癇癪フロッグの日常)
いま日本では重大な法案が次々と可決されそうになっていて、自分では追っかけきれない
 
 
 
「愛国心指導はこうやる」教基法改正巡り首相が熱演 (bogusnews)
資料写真: 萌えよ!戦車学校02式 →この商品をAmazonでチェック 小泉首相は16日、教育基本法改正案をめぐる保坂展人氏(社民)らとの質疑応答の席上、「教員が実際に行う愛国心指導」例を実演。「わたしのようにきちんと指導するのが職務上の責務」と教員ら ...
 
 
 
教育基本法改正案 (Bar路九Blog)
重要法案が目白押しの今国会で、特に注目されるのは、教育基本法改正、医療制度改革、共謀罪だろう。 医療制度改革法案は衆議院を通過したが、共謀罪、教育基本法では民主党が意外と頑張っている。 教育基本法案では、民主党が対案を出したがこれが意外と良く、 ...