TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT






「鳩山法相、サイバンインコに裁判員PR」(5月23日朝日新聞)

サイバンインコを激賞した鳩山法相だが、「死刑執行」の4回目の記者会見では「正義の実現のため、法の支配する国をしっかり守っていくために、粛々と死刑を執行した」と胸を張った。昨年12月から6カ月で13人、私が何度も書いてきたように「大量処刑時代」の幕があいて、ハト印のベルトコンベアは今日も3人を刑場の地下へと運んだ。鳩山大臣の支えは「死刑執行への国民世論の支持」である。内閣府の調査で81・4%が「場合によっては死刑もやむをえない」と答えているから、今後とも死刑執行を続けていくというのだ。

それなら、裁判員制度はどうだろうか。この鳩山大臣が入る「サイバンインコ」を見て、国民は胸をときめかすのだろうか。今年の3月に最高裁判所が発表した「裁判員に関する意識調査」によれば、裁判員裁判への参加意向について、驚くような結果が出ている。「参加したい4・4%」「参加してもよい 11・1%」で積極派は2割に満たない。「あまり参加したくないが義務なら参加せざるをえない 44・8%」「参加したくない 37・6%」「わからない 無回答 2%」という回答だ。なんと、国民の82・4%がイヤだと言っている。世論に重きを置くのであれば、裁判員制度についての国民の声を聞いて、来年5月の実施に順延するかどうかの判断をしなければならない段階にきたのではないか。

裁判員制度の忌避感情が高まってきたのは、2カ月に1回、鳩山サイバンインコ大臣が「シケシッコー」と鳴き続けていることと無縁ではあるまい。わずか3日間の審理で「有罪・無罪」のみならず、死刑か無期懲役かの判断も多数決でする。その評議内容は生涯の秘密として抱えていないと、刑事罰の対象となる。もし、裁判員となったあなたが、被告人は無実だと確信しても「多数決」で「有罪」と決まった後は、多数決の「死刑判決」決定プロセスの一員となる。

鳩山大臣は、大量処刑に多くの国民が拍手喝采して裁判員制度への参加意欲を高めると思っているのだろうか。私は、裁判員法の国会審議の時に国会の場におらず、政党に属する者として「衆参で全会一致」で成立した裁判員法の経過に、これまで慎重な姿勢で議論をしてきたつもりである。しかし、この国の刑事司法は「死刑なんかあたりまえ」「議論する余地もない」というムードが支配的で、冗談ではなく毎年50人を超える大量処刑国になるのを躊躇しない人たちが「集団的相互依存」で今日の動きを作り出している。

明日、「死刑と裁判員制度」を正面から問う質問主意書を提出することにした。
しっかりとした議論を展開したい。

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 11 )



« 鳩山大臣4回目... 日本は346年間... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
警察へ告発しました ― 社民党員への悪質なる事実無根の誹謗・中傷 ― (鳥居正宏のときどきLOGOS)
【この記事は、全文転載可です】 本日(2008年6月17日)午前9時、私(鳥居正宏)は、大阪府警浪速警察署刑事課にて、ある人物を「名誉毀...
 
 
 
[社会] また処刑を行なった殺人マシン鳩山邦夫 (日録(不定期))
 もはやこの法務大臣改め殺人マシンに付ける薬はない。一刻も早く辞めてほしい。こういう奴が法相を続けているなどとは、全く世界の物笑いでしかないのだが、そのような現実を理解できない福田首相も、ついでにさっさと辞めてもらいたいものである。  繰り返しになるが...
 
 
 
またしても死刑執行 (akira's room)
昨日偶然、「鳩山法務大臣は大量に死刑を執行している」「鳩山さんにとっては蝶々の命より死刑囚の命の方が軽いんじゃないか」という話しをしたばかりでした。 その時に、そういえば宮崎勤被告は死刑が確定したのかなと、漠然と考えていました。 今日、仕事から帰ってき...
 
 
 
死刑執行に抗議します ― アムネスティ日本 抗議声明 ― (鳥居正宏のときどきLOGOS)
本日(2008年6月17日)、我が国で死刑が執行されました。 ※死刑制度存廃国の現状 ====================================== 【2007年度調べ】 法律上...
 
 
 
医療費増に高齢化の影響はないし、医療費は野放図には伸びない、とは医療経済学の常識らしい (とむ丸の夢)
今日17日の毎日によると、高齢化や終末期医療を医療費増の原因とする説には根拠はない、と医療経済学の専門家は明言するそうです。  高齢...
 
 
 
米国の圧力に屈し、消費税率引き上げ不可避を訴える福田さん (現政権に「ノー」!!!)
消費税上げは不可避=「決断の時期」と強調-福田首相 福田康夫首相は17日午後、都内で主要8カ国(G8)通信社のインタビューに応じ、消費税について「日本は世界有数の高齢化社会だ。その国が5%でやっている。だからこれだけ財政赤字を背負っている。その辺のと...
 
 
 
「前原さんは勇気がある」 (喜八ログ)
自民党の「大物議員」菅義偉氏が民主党前代表前原誠司さんに熱烈ラブコールを送られています。前原誠司さん! ぜひとも、これを好機として念願の「自民党移籍」を実現されてください。日本中の良識ある方々が「自民党の前原誠司」実現を心より望んでおります!
 
 
 
今日という日は (弱い文明)
 今朝方、福岡事件再審請求キャンペーンの古川住職と電話で配布物の打ち合わせをしたついでに、2名の死刑執行があったことを聞いた。
 
 
 
無神経報道の恐ろしさ (天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳)
 昨日3人の死刑執行がありましたが、その時点から各メディアの報道姿勢を追っていました。すると、大半の見出しが「宮崎勤死刑囚の死刑執行」という類のものでした。「3人の死刑執行」ではなく、殊更宮崎勤氏が...
 
 
 
「鳩山邦夫」は「死神博士」か「赤報隊」か? (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
法相、朝日新聞夕刊コラムを批判 「死に神」表現で(朝日新聞) - goo ニュースについて.  たまには何か書かないと,ランキングが下がるので,ひまネタ.  この写真を見て,「迫る~ショッカー,地獄の軍団,われらをねらう 黒い影♪」が浮かぶ人,あなたはしっかり...
 
 
 
鳩山邦夫は現代日本の「ラヴレンチー・ベリヤ」だ!! (『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu)
機械的な死刑執行を法務大臣が行うことは、戦後の日本の政治史上、異端な出来事であり、法務行政上も異常な事態である。 死刑の執行権を議院内閣制と司法とのチェック・アンド・バランスによって、法務大臣に委ねているのは、法務大臣に一定の熟慮を求めているのであり、...