TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




防衛省昇格法案には、自民・公明・民主党、そして国民新党も賛成し、「圧倒的多数」で衆議院本会議を通過した。(社民党の抗議声明は→) 反対討論に登壇した辻元清美議員が「大政翼賛会にならないように」と声をはりあげると、野次が渦巻いて各党の議場係が演壇に終結した。少数意見の表明さえ、封じようとする空気が漂っていて背筋が寒くなる。その直後に行われた採決の光景は社民・共産を除いて、総立ち賛成状態だった。初代大臣となるはずの久間防衛庁長官は、わずかの討論時間で船を漕いでいる始末だ。与野党の呉越同舟は、政治を空洞化させていく。

本会議が終わると、文部科学委員会の理事懇談会に向った。明日「著作権法改正」を2時間ばかりの審議で採決までしたいとの与党の提案。突然のことだったので、「賛否は法案内容を聞いて決めます」と私は社民党の立場を表明。議員会館に帰って、文化庁著作権課の著作物流通推進室長を呼んで、法案の説明を聞いた。私の頭には、数日前に話題にした「著作権法改正を検討中の違法著作物のダウンーロ−ド規制・罰則化」が頭にあったからだ。今回の法改正は、IPマルチキャスト放送に対応することを主な内容としていたが、思わずうなった内容があった。なんと、個人罰則が懲役5年以下・罰金500万以下から、10年以下・罰金1千万以下にひきあげられるというのだ。

文化庁の室長と1時間話し込んだ。違法にコピーされた海賊盤の音楽や映像を個人でダウンーロードしても現行法では著作権侵害とならないが、政府の知的財産戦略本部では、罰則付きの「ダウンーロード禁止」を著作権法改正の作業で行うことを検討していると報道されている。(朝日新聞11月24日)もし、この報道が事実で、「来年の通常国会で法案提出」ということになれば、今回さりげなく改正される著作権法改正の個人罰則の厳罰化が適用されるということになる。

「いや、そんな個人を縛るなんて考えていませんよ」と穏やかな表情で室長は言う。それなら、明日の午前9時30分から開かれる文部科学委員会で、11時38分から15分間質問に立つので、その場で明言してもらいたいと申し入れたが、どういう答弁が出てくるか。ダウンーロード禁止で罰則となれば、メールの添付ファイルが違法コピーだった場合に、すでに「犯罪」となってしまうおそれがある。ディスプレイにファイルが表示される段階で、ハードディスクが読み込んでしまっているからだ。あまりにも大きな問題で、インターネットの世界でも大議論を巻き起こすこと必至だろう。その議論を来年以降に控えて、法定刑を倍に5年から10年にするのは、順番が逆ではないか。

私は危惧を感じている。なぜなら、法務委員会で闘っている共謀罪の「組織的犯罪」の想定事例に、「海賊盤CDを頒布することを目的として集合し、違法コピーをした著作物を売って利益を得ているケース」を法務省が例示していたことを思い出したからだ。エッ? と驚くが「著作権法違反」も共謀罪の対象犯罪となったのだ。
「美しい国内閣」は、知らず知らずのうちに強権的な威力を国民の私生活に対してまでふるい、ネット上のやりとりの監視が当たり前になり、何をするにも「これは犯罪にならないか」を意識しなければ判断できないような窒息社会に突進しているのではないか。

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 9 )



« [資料]共謀罪、米... [資料]共謀罪、平... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
市民に分からないようにコピーワンスの意見書募集〜総務省,テレビ局の意見を採用か?! (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
地上デジタル放送化に伴い,コピーが劣化しないため,コピーワンス機能(コピーは1つしか存在させない機能。移動はできてもコピーはできない)をつけたDVDレコーダーが販売されていますが,このコピーワンスというシステムは日本だけなのをご存じでしょうか? ...
 
 
 
「『封建』的統治」 (『55年体制』ちょびっと考 1 序) (いわいわブレーク)
ちょっと気分転換に建築以外の話題を・・。
 
 
 
防衛庁⇒防衛省⇒? (★J憲法&少年A★)
たいした反対もないまま、防衛庁を防衛省に昇格させる案があっさり衆院を通過した。
 
 
 
著作権法改正を気にしながら、11月のアクセス解析をしてみた (カナダde日本語)
今日は久しぶりに雨だった。そして、こんな日はアクセス解析をするにはぴったりの日で、kojitakenさんに一日先を越されてしまったが、やっと一ヶ月分の統計がでたので、さっそく解析してみよう。 まずは、一番知りたい
 
 
 
共謀罪はこの世の終わりの始まりだ (らんきーブログ)
共謀罪が明日辺りからの国会で、きな臭いようですね。 【転載歓迎】共謀罪・選挙が終わって遂に牙をむいた寝たふり与党 共謀罪、与党理事ら「審議入り」を提案(追記あり) 上記の保坂さんの記事によると、法務委員会理事会で
 
 
 
続・日本から海賊版が消え、そして会話すらできなくなる日は来る... (ふっかつ!れしのお探しモノげっき)
前回のエントリーの続き。なんか、これちょっとどころか、かなりマズイ現状っぽい。萌え萌え研究日誌「改悪」著作権法にはさらにとんでもない「おまけ」が…昨日のJASRACシンポジウムのエントリーでも少しだけ話題にしていたのが、この「申告罪」。b)刑事訴追に関 ...
 
 
 
どうして「植草氏」だけを安倍は目の敵にするのか? (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 植草一秀氏は日本を代表する,金融論・経済政策論を専攻する若手経済学者の一人であることは間違いない。手鏡で女子高生のスカートの中を覗いたなどというでっちあげの冤罪事件で大学を解雇された後,彼はスリーネーションズリサーチ株式会社を立ち上げ,金融市 ...
 
 
 
ネットメディアが世の中を変える時 それは読者の声が伝播した時 (らんきーブログ)
藤田社長の告発問題は一体今後どうなっていくのか?既存メディアの対応は? 「頑張れ藤田東吾」さんや「らくちんランプ」さんのブログ等からの情報は日々見ているがそんなにすごい進展は今のところ無いようである。 AbEnd
 
 
 
ウイルス作成罪、「改正」著作権法、サイバー犯罪条約、共謀罪 (踊る新聞屋−。)
<ウイルス作成罪はいつになったら成立するのか:ITpro=ウイルスを保持するだけで「2年以下の懲役または30万円以下の罰金」という刑罰が課せられることが妥当か