TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




参議院選挙から1週間、いよいよ来週7日から10日までの4日間、臨時国会が始まる。報道によると、安倍「続投」総理は8月27日に内閣改造・自民党役員人事を行ない、31日に約100日間の会期の秋の臨時国会を召集する予定を固めたようだ。11月1日に期限を迎える「テロ対策特別措置法」の審議時間を確保するということだが、安倍「続投」総理はいよいよ独裁者として内閣・自民党に君臨することになる。なぜなら、内閣ならびに党役員人事で、絶対に変わらないのは安倍「続投」総理ただひとりだからだ。

自民党・安倍政治にNOの明確な民意が示されも馬耳東風で「続投」を続ける総理が、「美しい国」も語らなくなり、「憲法改正」「集団的自衛権容認の憲法解釈変更」も一時棚上げして、どうしてもやりたい事とは何なのか。「権力への執着」以外の何物でもないのではないか。選挙後に突然、「政治資金規正法改正」を「1円以上」という指示を出したのも、理解に苦しむ。松岡・赤城両農水大臣の事務諸費問題で「法に従って適正に処理しています」という答弁をさせた責任はどこにいったのか。

どうやら長勢法務大臣が、3回目の死刑執行をお盆前に狙っているらしい。複数の関係筋から情報が入ってきた。参議院選挙結果を受けて、安倍総理が辞任しないで事実上の「選挙管理内閣」を兼ねるのであれば、そんな不安定な時期に「駆け込み死刑執行」を認めるべきではない。事実上の「終身刑の創設」と「衆参に死刑制度調査会」を設置するという案が、03年当時の与野党全会派で検討された事実を踏まえれば、参議院で第一党となった民主党の意見も聞くべきだろう。

死刑執行の判断をする法務大臣自身、赤城大臣同様に「事務所費問題」を抱えたまま、何の説明もなく現在に至っている。赤城大臣がよく目立ったので結果として影に隠れた形になっているが、「法と正義の番人」としての資質があるのかどうか、ぜひとも直接問うてみたい。また、法務大臣室で「絞首刑執行」を指揮命令するサインする事を思いとどまるように強く求めたい。

当初の予定では秋の臨時国会冒頭で「共謀罪」の強行採決をはかる予定だった法務省と与党は、参議院の与野党逆転で方針変更を迫られている。しかし、変わったのは参議院の議席であって、政府・与党の意識ではない。強行採決を繰り返した6月までの法務委員会での与党の基本姿勢は何ら変わらない。秋の臨時国会では、これまで巨大与党の力で隠蔽してきた「役所の隠し事」も参議院法務委員会の国政調査権と連動させて、次々と情報提示を迫っていきたい。




この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 13 )



« さようなら、... 戦後、米国の... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
民医連・医労連には腹が立つ (アッテンボローの雑記帳)
2月末に「少し怒ってます」と言う記事を書き、民医連・医労連の職場での酷い実態につ
 
 
 
党派の壁を越えて平和を語りたい (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
今日は平和行進に参加してました。暑かった・・・・でも、62年前もこんな天気の良い暑い日に原爆は投下されたのですよね。どんなに辛く、苦しい状況だったか・・とてもイメージする事はできないけれど、年に一度、この時期くらいこうやって歩きながらそのときの状況に思...
 
 
 
「税金ぶんどり合戦」という実態 (現政権に「ノー」!!!)
今日のサンデープロジェクトで、愕然とする事実を知った。今頃そんなことに気づいたのか、と批判されるような事ではあるが、とにかく茫然自失状態に陥った。それは、今回の参院選の集票に関しての「政治家」と「地方組織」との関係であり、カネを中心に動い...
 
 
 
マザコン総理は長期政権の夢を見るか (人工樂園)
安倍が信用しているのは中川昭一(政調会長)、塩崎恭久(官房長官)、渡辺喜美(規制改革担当国務大臣)、下村博文(官房副長官)くらいではないか。最近は渡辺喜美が近いようだ。あとは三谷内閣情報官、井上義行(主席秘書官)らの秘書グループと官庁のスタッフ。新聞記...
 
 
 
戦争は絶対悪! 9条堅持を!-広島原爆忌によせて- (鳥居正宏のときどきLOGOS)
戦争は「絶対悪」です。武力とは「暴力」です。戦争とは暴力による「大量殺戮」以外の何ものでもありません。そもそも殺しあいに「正義」などは、微塵も存在しないはずです。「戦争をしない」ということこそが、唯一絶対の「正義
 
 
 
バンブー・ブロックは大成功 (ペガサス・ブログ版)
[8/4追記]キャプションを各写真の下に入れて見やすくしたものを「ゴイル湖運動家支援」のサイトに作りました. http://www003.upp.so-net.ne.jp/maytime/F365/bambooblock.html 日本チームの行動は大成功でした.長崎平和公園の水のセレモニー,基地ゲート前の原爆写...
 
 
 
無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページ (無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ)
無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページ こちらもよろしくおねがいします。
 
 
 
アベ氏の「得育」:ただし、「徳育」ではありません (とむ丸の夢)
ああ、こんなこと知らなかったなぁ、と思わず呟いた大竹市の話し。 「薔薇、または陽だまりの猫」さんの今日の記事です。 「平和宣言は一九八三年に始めた式典のひとこまで、協議会長が文案を練り、宣言する。三年前は自衛隊の
 
 
 
死刑執行か? (人工樂園)
 またまた誰かが吊されるかもしれません。見張っておいた方がよさそうです。 どうやら長勢法務大臣が、3回目の死刑執行をお盆前に狙っているらしい。複数の関係筋から情報が入ってきた。参議院選挙結果を受けて、安倍総理が辞任しないで事実上の「選挙管理内閣」を兼...
 
 
 
安倍総理の母親もぽつり、もう誰の言うこともきかない、、、ゴッドマザーも手を焼いているらしい(T_T) さて、内閣改造は、また... (チョクのブログ)
安倍晋三内閣総理大臣の母親もぽつり、もう誰の言うこともきかない、、、ゴッドマザーも手を焼いているらしい(T_T)  人間として母親の言うことには耳を傾けるべきでは? それに安倍総理の母親は、あの岸信介の娘さんでしょう?普通の人とは違うのであるから、、是...
 
 
 
[希望のトポス]真夏の夜の夢『怪談、寄生虫が取り憑いた美しい国の呪縛』からの展望 (toxandriaの日記、アートと社会)
スーヴニール、ドイツの風景(ハイデルベルク) [神経衰弱の寄生虫が取り憑いた美しい国の現況] 朝青龍が神経衰弱になり、吉田拓郎が男性更年期障害になったというホットな事例もあるので、ここでもう一度、我われ日本人は<参院選の歴史的大敗→内閣支持率10%台が目前>...
 
 
 
[民主主義の危機]厄病神に懲りず「いかさま師の再来」を期待する日本国民 (toxandriaの日記、アートと社会)
ボッス『いかさま師』 Hieronymus Bosch(ca1460-1516)「The Conjurer」Oil on panel 53 x 65 cm Musee Municipal Saint-Germain-en-Laye これはボスの初期の作品で、珍しく非宗教的なテーマの絵です。いかにもワルそうで小泉劇場の主人公を想像させるような香具師(や...
 
 
 
理解に苦しむ (人工樂園)
 Asia Death Penaltyというサイトに8日付で"Urgent move to stop executions in Japan"という記事が出ており,日本で死刑執行の恐れがあることについて,アムネスティ・インターナショナルが緊急アピールを発表したことを伝えている。危惧された9日の死刑執...