TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




 本日午後2時、北沢タウンホールの12階で記者会見をしました。記者・支持者・区民70人の前で「世田谷区長選挙立候補要請を受けて1週間かかり決断しました」と抱負を語りました。会見は1時間に及び、記者や参加者から活発な質問が出ました。

 

 昨年秋から何度か世田谷区長選挙に立つように求められてきました。当初、衆議院議員311年の場で培った経験を国政の場に戻ることで生かしたいという理由で、区長候補と目されるのは光栄としながらも固辞してきました。

 

 311日午後、激しい揺れが東京を襲いました。大地震による大津波が言語を絶する被害を生みました。私は、東北・宮城県の生まれです。地震の晩、帰宅困難者となって都心の出版社にいた私は、「福島原発の異変」のニュースに背筋が凍りました。

 

 それ以来、地震と原発事故の緊張と恐怖が東京を包みました。停電が始まり、交通機関が乱れ、すべてが停滞する中で、この災難に立ち向かっていたのは被災地の自治体であり、また被災を免れた自治体でした

 

 私は、地震の直後から田中良杉並区長と意見交換をして、杉並区が原発事故の後で「避難地域」と「屋内退避」地域とされた福島県南相馬市に緊急援助物資を送り、また「陸の孤島化」を危惧する桜井勝延南相馬市長の訴えを受けてバスを送り避難者を群馬県の宿泊施設に移送するプロジェクトのお手伝いをしました。そして、私自身も南相馬市に出向き、極限状態の中で市民の生命を預かり奮闘する桜井市長とも話してきました。

 

 素早く行動し、迷うことなく人々の生命を守る役割をするのは自治体だという姿をしっかりと瞼に刻みました。331日に、「もうぎりぎりだけれど」と世田谷区内の住民グループに出馬要請を受けた時に、たいへんな責任の重圧感とともに、今だからこそ私の力で役割を果たすことが出来るかと自問自答を続けました。

 

 311日の地震と原発災害は、私たちの未来に大きな不安と影を落としています。そして、私たち自身の生き方や社会の慣習を大きく変えるように求めていると思います。政治の役割は、暗黒の中に灯を掲げ、困難な壁の向こう側に夢をつくりだすことです。

 

 それが25年間、子どもと教育問題をテーマに地域活動をしてきた世田谷で出来るのであれば、思い切った舵取りをしていきたい。国政が危機の前に停滞し、すぐに回答が生み出せない状況が続いていく中で、「新しい社会のあり方」を世田谷から提示していきたいと思うようになり、要請を受けることにしました。

 

 短い期間ですが、多くの人が身体を動かして、参加し、提案し、意見を述べ、議論しあう活力を作り出していきたいと思います。

 

 これが抱負です。

 

2011年4月6日                                        保坂のぶと

 

これは下原稿だったので、おおむねの内容です。

 

 

以下、質疑応答をしました。質問の中で「あくまでも国政をめざすべきではないのか。どうして区長なのか」という問いが何人かからありました。 今後、ブログの中で答えていきたいと思います。

 



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 7 )



« 東京からの遠隔操... 4月11日『福島原... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
【政治】保坂のぶと、世田谷区長選挙に出馬します (ロシア・CIS・チェチェン)
保坂のぶとは4月24日(日)投開票の世田谷区長選挙に出馬することになりました。以下に保坂のぶとの決意表明を掲載いたします。 本日午後2時、北沢タウンホールの12階で記者会見をしました。記者・支持者・区民70人の前で「世田谷区長選挙立候補要請を受けて1週間...
 
 
 
各候補者に単独インタビュー(割と地が出ました) (ポット出版)
保坂のぶと氏が社民党を離党して世田谷区長選挙に出馬する。当選を区民として期待したい。 さて、4月6日(木)は東国原候補と慎太郎以外、事前に申し込み、単独インタビューしました。 ...
 
 
 
女性への過剰な支援は必要ないという例 ~日本女性はインドの女性に負けている!?~ (ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ)
Tweet 男女平等のためにもっと女性が働きやすい社会を!もっと税金を投入して保育園を作れ!もっと女性の就労支援をしなさい!女性は差別されているんだ! という主張は多い。 最近ではいわゆるフェミ...
 
 
 
日本で北欧型の福祉国家は成立するか  ~信頼と政府の規模~ (「小さな政府」を語ろう)
【アメーバブログから転載】大きな政府か小さな政府かという議論はよくある。 個人的には小さな政府を支持しているのは言うまでもない。しかし、政府の規模というのは非常にあい ...
 
 
 
原発と外国人参政権問題2(補足とコメント議論) (東京のばかやろーブログ)
上記2つ3つの画像をクリックすると当ブログの内容がより多くの人に伝わります。 2010年(平成22年)の技能五輪↓ 映像は↓のch1から4よりどうぞ。 http://ginougorin.jp/  東日本の方はなるべく電力使用量の少ない時間帯にご覧ください。  ...
 
 
 
木曜日 04/07・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年4月7日 木曜日 04/07・各社社説 今日の社説は電力節約関連が二社重複しているだけだった。 その中で読売の「試練の1か月 行きすぎた自粛は活力を奪う」は最もだと思う。 家の婆さん曰く。 「震災に関係のない地方まで何でも自粛をしていると日本国中が縮み上が....
 
 
 
渋谷区長選と世田谷区長選 必ず投票に! (北へ。の国から)
なにぶん地方のことで情報感度(アンテナ)が低くなっていましたが、表題の選挙がとても重要な事になっています。たるい良和オフィシャルウェブサイト世田谷区長選挙に挑む記者会見報告(保坂のぶとのどこどこ日記)全く票にならないにもかかわらず、おかしい物をおかしい...