TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




児童ポルノに関しては、児童買春・児童ポルノ禁止法ができている。

 18歳未満の子どもが被写体のポルノについては、一定の行為が禁止をされている。法律7条は、児童ポルノを頒布し、販売し、業として貸与し、又は公然と陳列した者は、3年以下の懲役又は300万円の罰金に処すると規定をしている。
 
 児童ポルノには、もちろん反対である。被写体になった子どもは、傷つけられたまま成長することになると思うと心が痛む。子どもを食い物にしてと腹が立つ。

 だから、もちろん今の児童買春・児童ポルノ禁止法案の作成をするときは、弁護士として、堂本暁子さんなどと法案作りにがんばってきた。

 しかし、「単純所持」についてまで処罰していいのだろうか。わたしの一番の危惧は、拳銃や麻薬は、一義的にわかるけれども、ポルノは一義的に決まらないことだ。

 最近、最高裁判所は、ロバート・メイプルソープの写真をわいせつ物ではないと判決を出した。わたしは、ニューヨークの現代美術館で、彼の写真を見たことがある。
 
わいせつ物と言われてやっぱり驚いた。美術館で、写真は、展示されていたし、やっぱりそれはアートだった。ピカソの絵だって、わいせつなのはあるよと言いたくなる。最高裁は、わいせつではないと判決を出したけれど、争われてきた。
 
 つまり、人の価値観によっても変わってくるのだ。

 拳銃や麻薬は、それがそうであるとすぐわかる。
 「銃でないと思いました。」などという主張は、法廷で許されるわけはない。

 しかし、ポルノかどうかは、人によって違ってくる。

 ドイツで暮らしたという日本人に会ったことがある。自分の子どものお風呂上がりの写真を持っていたら、ドイツ人に、「危ないから、持つのはやめろ。」とアドバイスをされ、びっくりしたと聞かされた。

 所持が処罰をされるとすれば、確かに今持っている児童ポルノを人は捨てるということはあるかもしれない。しかし、そのときだって、水着だからいいと思った、ここまで写っていたらだめかなあ、わからないということがあるだろう。

 所持を処罰するということは、多くの人に捜索がされる可能性があるということになるのではないか。

 刑事訴訟法102条1項は、必要があるときは、捜索をすることができると規定をしている。
 
 「単純所持」が処罰をされるということは、単純所持が、犯罪になるということであり、つまり、捜索が可能となるのである。
 
 捜索を受けて、自分の持っている雑誌のなかに、児童ポルノがあったとなったら、それで、有罪となる。 捜索は、からぶりということもあるので、捜索をしたけれども何もなかったということだってある。
 
 あるものを「犯罪にする」ということは、そういうことだ。

 繰り返すが、わたしは、児童ポルノには、反対だし、もっと言えば、大嫌いだし、持つことは、決してないだろう。
 
しかし、と思うのだ。

 多くの人に関係をしてくると思う。捜索を受けたら、どうするのかと思う。

 たとえば、友人から雑誌が送られてきて、そのなかに、児童ポルノがはいっていたらどうなるだろう。単純所持で犯罪となる。友人が持ってきた本のなかにあったらどうなるだろうか。

 困らせようとメールを送ってきた人がいたらどうなるのだろうか。これも単純所持になるのだろうか。自分の携帯に、児童ポルノを持っていても「単純所持」になるだろう。

 言えることは、処罰の範囲が拡大をすることと処罰の範囲に争いが起きるということである。

 もちろん法案のなかみにもよるけれども。

 今、捜査の可視化と証拠開示がなかなか進まない。代用監獄で、同房の人を使って、自白をとったということが、最近、裁判で指弾をされた。

 周防監督の映画「それでもぼくはやってない」は、日本の捜査と裁判の問題点を指摘している。ちかんえん罪の話である。

 ここでも被告人が、ちかんについてのビデオを持っていることが、法廷で主張される。
 
 捜査の可視化も証拠開示もされず、代用監獄があるなかで、児童ポルノ単純所持を処罰して大丈夫だろうか。(3月10日『福島みずほのどきどき日記』)

マンガ・アニメに拡大することへの危惧

 児童ポルノの単純所持を処罰をするのは、問題があるのではないかという文章を書いたところ、同感であるという意見を多数もらった。非常にまじめな真剣な意見を多数いただいた。どうもありがとうございます。

 今日は、続きを書きたい。

 質問ももらったのだが、わたしは、実物を写した写真以外のアニメやマンガを規制をすることには、問題ありという立場である。

 もし規制をするのであれば、それは、児童ポルノではなく、ポルノ一般の規制のなかにも位置づけて論ずるべきである。
 
 児童買春・児童ポルノ禁止法が作られたのは、被害にあう、あるいは被害にあった子どもをなくすためである。被害にあう子どもを保護するという立場からである。

 つまり、個人的法益の保護であって、決して抽象的な社会的法益保護の見地からではなかった。

 法律の1条は、「児童買春・児童ポルノに係る行為等を処罰するとともに、これらの行為等により心身に有害な影響を受けた児童の保護のための措置等を定めることにより、児童の権利を擁護することを目的とする。」としている。

 まさにそのことをあらわしている。

 そして、対象となるのは児童であり、児童とは、18歳未満を言うと法律上された。児童買春を禁止し、処罰をするのは、それは育成途中の子どもを食い物にし、子どもの人格を破壊をするからだと考えられたからだと思う。子どもには、選択の余地がない、あるいは、極めて少ない場合が多いだろうし、買春する大人との力関係は、やはり歴然とある。

 それは、大人同士の関係とは違うと考えられたのである。売春防止法は、単純な買売春を禁止をしているけれど、買春をした男性を処罰をしてはいない。

 管理売春をした人間や客待ちをした女性などを処罰をしているけれど、買春は、禁止しているけれど、処罰の対象とはしていない。

 大人だって、本当に選択をしているのだろうかという疑問もあるけれど、法律上は、18歳以上であるか、未満であるかによって、全く異なる扱いをしている。

 児童ポルノも同様の考え方である。被写体となった子どもは、そのことによって、心の傷を負っていき、その子どもの人権が侵害されたと考えるのである。

 だからこの場合の児童ポルノは、実際の写真をとられた場合、つまり、実在の子どもがいる場合とされたのである。

 たまたま写真に限定をされたのではなく、このことは、法律の趣旨から規定されたのだと思う。

 前述した法律の1条は、「これらの行為等により心身に有害な影響を受けた児童の保護のための措置等を定めることにより、児童の権利を擁護することを目的とする。」としている。

 これらの行為というのは、児童買春・児童ポルノの両方を指し、両方とも有害な影響を受けた子どもを念頭においている。

 法律の構成や趣旨は、繰り返すが、実在の子どもの権利の擁護とされているのである。アニメやマンガは、念頭に置いてはいなかったのである。

 あるいは、法律を作成をするにあたって、趣旨から、実在の被写体のある子どもの写真とされたのである。

 もちろんわたしは、こどものポルノのマンガやアニメを見たいとも思わないし、全く好きではない。買うことも持つこともないだろう。

 しかし、仮に、アニメやマンガにまで、規制や処罰を拡大をしたらどうなるだろうか。判定をする人間、最終的には、裁判官が、アニメのこの子は、19歳に見える、いや17歳くらいだろうと判断をすることになる。はっきり言ってそれは、不可能であり、かつ恣意的になる。

 児童ポルノというときに、18歳未満の子どものポルノと法律は規定をした。一般のポルノは、刑法のわいせつ物の頒布、販売などで、処罰をされる。

 児童ポルノは、この刑法の特別規定として、規定をされたのである。つまり、18歳以上であるか、18歳未満であるかによって、児童ポルノ法によって、処罰されるかどうかが決まる。

 しかし、アニメやマンガは、どうやって、18歳未満かどうかを決めるのか。人によって、判断が全く違ってくるだろう。

 豊満な体をしているが、顔は、子どもっぽいので、15歳、いや、こんな童顔の女性もいるから、18歳を超えているとなるのだろうか。判定などだれもできないし、恣意的になるし、何が、誰が正しいかなんて、全く言えない。処罰の範囲が全くわからないのである。

 全く恣意的になってしまうし、処罰そのものの正しさの立証ができない。絵の人物が何歳に見えるかという愚かなことをするのだろうか。不可能なことをし、かつ、それが、処罰の対象になるということには、無理がある。

 刑事法は、明確性の原理が必要である。刑罰を課すのであるから、何が処罰をされ、何が処罰されないのかということが、一般的にも明確でなければならない。

 実在の人物の場合は、年齢は一義的であり、明確である。18歳以上か未満かは、はっきりする。

 つまり、アニメやマンガについて児童ポルノ禁止し、処罰をするということは、一見児童ポルノを処罰をするようで、実は、ポルノ全体の処罰とならざるを得ない。境界線がはっきりしないから、必然的にそうなる。

 しかし、ポルノ全体を刑法とは別に処罰をするのであれば、それはそれとして、また徹底的な議論が必要である。

 人は、ひどい子どものポルノを見せられたら、ひどいと思うだろう。しかし、処罰をするということについては、とことん議論が必要である。かつてチャタレー夫人の恋人がわいせつとされた。また、境界線は、実は、あいまいである。処罰するものと処罰をされないものが、銃や麻薬のように、はっきりとはしていないのである。

 アニメやマンガで描かれている女の子が、男の子が、18歳以上か、未満かはっきり言えるだろうか。
 
もちろんとてつもなく幼い子という描き方もあるだろう。しかし、境界線上でわからないという場合も実は多いだろう。
 
児童ポルノの単純所持の処罰と合わせて議論になっているが、自分の持っている雑誌に、マンガが書いてあって、それが、18歳未満に見えるポルノだと言われたら、処罰をされるのである。

 法廷で、いや18歳以上に見えると論争をするのだろうか。
 
 また、わたしは、前述したように、立法の趣旨からも考える必要があると考える。このような文章を書くのは、もちろん児童ポルノを守るためではない。

 しかし、捜査権限があまりに拡大をしたり、立法趣旨を超えたり、また明確でないもので、人が処罰をされるようになることは、大変問題があると考えている。
(3月23日『福島みずほのどきどき日記』)

 


この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )



« 『旧台帳1365万件... 「後期高齢者医療... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
最高裁、各メディアに抗議を!!(転送・転載熱望大歓迎) (天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳)
 本日のエントリーは転送・転載熱望、大歓迎といたします。と同時に、このエントリーを用いて一人でも多くの方が最高裁や各メディアに抗議のメール、電話、FAXを送って頂ければ幸いでございます。 さて、昨日最〓..
 
 
 
映画「靖国 YASUKUNI」 上映萎縮的効果について・・ (お玉おばさんでもわかる 政治のお話)
ったくもう・・靖国の映画の内容云々と、上映中止の話と分けて話そうよ!!ってば。いっぱいのポチッと感謝です~~~<(_ _)>人気ブログラ...
 
 
 
一般財源化を止めて減税を!! (新三ログ)
砲丸の玉を作っている職人さんが、中国のワールドカップでの様子を見て、北京オリンピックには自分の砲丸を出さないという記事も非常に気に...
 
 
 
またこの方か、稲田朋美議員 (とむ丸の夢)
世界中で極右の嵐が吹きすさぶような、そんな社会にしてはいけない。  オランダの極右政党自由党の党首ウィルダース下院議員が、過去の大...
 
 
 
「異例」という言葉の不思議 (現政権に「ノー」!!!)
「歴史的に極めて異例で残念なこと」 これは、日銀総裁空席に伴い、福井俊彦総裁が遺憾の意を込めて発言した言葉である。なにかにつけ、「異例」という言葉が連発されているが、この「異例」とは何なのだろうか? 字面で解釈すれば、 「慣例にないような異なった...
 
 
 
「ガソリン」より混乱している(?)「医療制度」-「長寿」っておめでたい言葉ですよね。 (ニッポンを改造するBYかんすけ)
このブログで何度か問題提起してきた'''「後期高齢者医療制度」'''。 はっきり言います。'''市区町村は混乱、医療現場も混乱'''しています。その混乱たるや'''ガソリン'''以...
 
 
 
33年ぶりのストライキ 郵政ユニオンが一時間の時限ストを貫徹 (アッテンボローの雑記帳)
 本日4月3日、午前8時から郵政ユニオンの全国10支部において、44名の組合員が
 
 
 
政治の責任。福田康夫です。 (ニッポンを改造するBYかんすけ)
今日の「首相官邸メールマガジン」福田首相全文掲載。 [http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2008/0403/0403souri.html] {{{ 政治の責任。福田康夫です。 ガソリン税などの道路特定財源のあり方については、先週のメルマガで、政府の考え方に固執する...
 
 
 
郵政ユニオンが「非正規労働者差別撤廃」を掲げ4・3ストをうちぬく (虹とモンスーン)
4月3日、郵政労働者ユニオン(郵政ユニオン)は、全国十カ所で42人が一時間の時限ストを貫徹した。郵政労働者がストライキに入ったのは1975年のスト権スト以後、実に33年ぶりである。ストライキに入ったのは、東京地本の麻布、高輪、蒲田の三支店、関東地本の千葉支店、近...
 
 
 
ニフティの犯した重大な過失と,自称「大学教授」の犯罪 (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 私もかつての被害者だったのだけど,中傷被害を訴えていた某ブロガーの個人情報(住所)を,何とニフティが中傷行為を行っていた悪質行為者 (自称大学教授) 本人に漏らしてしまった事件が起こったそうな(笑) これはもうプロバイダとしてのニフティが責任放棄をした,重...