TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




鳩山邦夫総務大臣がきわめて正しい指摘をした。「かんぽの宿一括譲渡」に待ったをかけたのだ。この発言を機会に、少し掘り下げて考えていきたい。 昨年私は、法務大臣だった鳩山大臣にたびたび苦言を呈した。「死刑」をめぐるベルトコンベア発言や、「友達の友達はアルカイダ」「志布志事件は冤罪と呼ばない」など撤回、謝罪、釈明などを求めたことを思い出す。しかし、今回の「かんぽの宿、一括譲渡に疑義あり」との発言は、まことに的を射たものだと賛意を表す。そして、この数年間、ドサクサ紛れに「構造改革」「官から民へ」の流れを装いつつ、グリーンピアやハートピアなどの年金福祉還元施設、またスパウザ小田原やテニスコート、体育館などの雇用保険施設が、ただ同然で叩き売りされた。根底にあるのは「税金と保険料との区別」がついていない日本社会の未熟な認識を悪用して、公的資産を私企業に放出するというデタラメが繰り返されてきたのである。

たとえば、100万坪という広大な敷地に建設されたグリーンピアは、1ヶ所で200億円以上を投入した年金加入者の共有財産だった。年金福祉還元施設というのは、老齢年金という長期保険に加入してもらっている人に、年金受給年齢になるまでの間、これらの施設を利用してもらうことに意義があった。もちろん、グリーンピアの立地や、あるいは運営は、私が国会議員の中で誰よりも早く問題にしてきたようにズサンなものだった。だから、放漫な運営をやめた後にも年金加入者が納得する公的使途のために使わなければならないものであり、財務省が管理している国有財産とは区別して考えるべきものであった。

ところがグリーンピア南紀のように、わずか8300万円で那智勝浦町が取得して、その10年後には所有権譲渡も約束しつつ中国のボアオという実態のないペーパーカンパニーに売り飛ばしたという出来事が起きている。→『保坂展人のどこどこ日記 「年金のウソ」グリーンピア南紀で問われる与党の政治責任』 しかも、契約に至る経緯が不透明で政治家の影響力も見え隠れしているということがあり、予算委員会などで問題にした。現在、このボアオとの契約は白紙撤回となっているが、那智勝浦町は精算金を支払う方向だという。→四国新聞

到底、年金保険加入者の共有財産として扱われているとは言えない。今回の雇用クラッシュで私が強く指摘してきた「雇用促進住宅の活用」は、年末になって政府も満額回答で開放を決定した(廃止対象住宅の活用も行うことになる)。 読者はすでにお気づきだと思うが、雇用保険財源1兆円以上を投下して全国1500ヶ所に建設してきた雇用促進住宅は、国有財産ではない。労働者と企業が拠出する雇用保険制度が生み出した共有財産なのである。従って、雇用促進住宅を閣議決定で全戸売却して民間に売り払ってしまおうという筋合いの話ではないのである。しかも、炭鉱離職者の受け皿として作られた雇用促進住宅の役割は終わったというのが、民間売却方針の論拠だった。その前提が大きく崩れて、派遣・非正規労働者の大量解雇で多くの人々が「住居」を失って困窮している事態となったのは周知の事実だ。私たちが指摘し、主張しなければ、雇用促進住宅は、都市部ではディベロッパーに叩き売られ、マンション開発などの用地になっていったのは間違いない。「官から民へ」というのは詭弁で、「みんなの共有物を私企業に売り払え」というのが恐るべき実態だったのだ。

さて、鳩山大臣が指摘した「かんぽの宿」とは誰のものなのだろうか。もちろん、「郵政民営化」後のことだから国有財産とは言えない。だが、民営化された日本郵政という一企業の所有物なのだろうか。これまで、営々と郵便局に保険料を納めてきた簡易保険制度の加入者みんなのものであるはずである。公的資産として尊重され、その使途も厳格に定められるべきである。70施設をオリックスに一括して安価に叩き売ることに鳩山大臣が疑義を挟んだのは当然だが、これを機に「官から民へ」の偽装看板のもと、「規制改革」「規制緩和」の掛け声で「公的資産を私物化する私企業」に流出するのをおしとどめなくてはならない。

保険料を原資として建設された施設は「公的資産」「共有財産」だという認識を持つことが肝要だ。


この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 14 )



« なぜ、企業が参加... 牟田悌三さんとの... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「抜け抜け」と「サス」 (phrase monsters)
観察 抜け抜けと嘘をつくだとか、 抜け抜けと遣っているだとか、 人の目と言うか、自分の目を盗んでは、 まるで関係が無い様に、物事を進めてしまう様と理解している。 考察 目の前でそれを遣られるのだから、 遣られる方は、たまったものではない。 し...
 
 
 
改めて「国連介入は絶対に必要だ」 (天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳)
 まずは本日の茨城・岐阜・山陰中央・宮崎日日の社説から。まるで同じ原文から各新聞社で編集されたかのような同様の翼賛論調です。特に茨城・岐阜・山陰中央では4割の人が辞退希望を最高裁に返信したことに触れ...
 
 
 
アムネスティ声明 「民間人を見捨ててはならない」 ― ガザ侵攻 ― (鳥居正宏のときどきLOGOS)
ガザ地区に軍事侵攻したイスラエルに対する、アムネスティ・インターナショナルの国際声明をお届けします(この記事は転送・転載歓迎です)...
 
 
 
08年12月8日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
08年12月8日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 少し体調が戻ってきましたので、今年初めてのブログの書き込みを致します。 高齢故、今年は休み休みに成るかも分かりませんが、皆様宜しくお願いいたします。 1・定額給付金と橋下提案{/arrow_r/}(ここからお...
 
 
 
獰猛な新自由主義の黒幕→宮内義彦 (『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu)
「かんぽの宿」新たな火種 オリックス譲渡「出来レース」「経営の判断」 1月8日8時4分配信 産経新聞 日本郵政がオリックスグループに「かんぽの宿」70施設の一括譲渡を決めたことに、鳩山邦夫総務相が強い疑義を表明し、「郵政民営化」が政治問題として再びクロー...
 
 
 
日本の貧困問題 (とむ丸の夢)
もらうとかもらわないとか、本当にくだらない話。 「さもしい」とか「人間の矜持の問題」とか言ってみたり、「自身で判断する」と言ってみ...
 
 
 
【緊急】国家情報総動員態勢が確立するのか~民間セキュリティ対策を政府が主導! (by ヤメ蚊弁護士さん) (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
ヤメ蚊弁護士さんのアピールによる情報流通促進に協力します。テーマは政府による情報統制です。 ●情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士...
 
 
 
今日の論点!ブログ意見集: 郵政民営化その後の影響 by Good↑or Bad↓ (今日の論点!by 毎日jp & Blog-Headline+)
「郵政民営化その後の影響」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
 
 
 
「民営化」すなわち「私物化」 (小泉政治をふりかえって (2)) (by ふじふじさん) (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
「小泉政治をふりかえって (1)」の続きです。 ふじふじさんが「小泉内閣による庶民増税が不況の元凶。その上、庶民を貧しくする消費税1...
 
 
 
ガザ 「死者100人は子供」 一刻も早くやめろ!バカタレ! (わんばらんす)
腹が立つニュース 正義の戦争などどこにもない!!!イスラエル:ガザ衝突 救急関係者 「死者100人は子供」 市街戦に突入 (毎日jp)...
 
 
 
格言か暴言か?・・・昔の経済人と今の経営者様方   (わんばらんす)
新自由主義を喜んで受け入れて商売をしている 経営者たちの言葉は後世に語られる言葉ではない。 これを聞いただけで、人間性が垣間見えると...
 
 
 
戦略的じゃないぞ、自民党・・ (お玉おばさんでもわかる 政治のお話)
麻生さんが定額給付金をもらうかどうかがそれほど大事な論点だとは思えなくてね。・・・・麻生さんの国語能力欠如の部分に焦点が当たってる...
 
 
 
イスラエルのガザ侵攻 1・10緊急行動 大阪 (政治)
  1月10日(土)イスラエルのガザへの空爆と地上軍侵攻に対する抗議の緊急集会とデモが 大阪で予定されているそうです。以下各方面より編集して転載です。 ------------------------------------------------------------------------ 「 許すな! イスラエルのガ...
 
 
 
公務員叩きキャンペーンが始まったら要注意だと思っています。 (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
「公務員のあり方」についての記事を続けます。はなゆーさんが触れているニュースに注目し、警戒したいと思います。 ●低気温のエクスタ...