TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




裁判員制度の実施が近づいている。ただし、基本的な問題についてさえ国会での議論は踏み込んでいない。明日は法務委員会が開かれ、裁判官職員定員法改正案が議題となる。いつになったら自民党は集中審議に応じるのか判らないから、明日も短い時間だが、最高裁判所及び法務省に聞いてみたい。

まずは裁判員候補になった人からの辞退者が7万人に及んだと報道されている。

裁判員候補者 辞退認められる理由、約7万人が申し出

 5月から始まる裁判員制度で、最高裁は13日、今年の裁判員候補者として通知を送った約29万5千人のうち、希望すれば辞退が認められる理由を申し出た人が約7万人いたと発表した。裁判員になれない職業に就いている人や、あて先不明で通知が届かなかった人も計5千人近くおり、裁判員は事実上、残る約22万人の候補者から選ばれることになる。(朝日新聞)

どのような「辞退理由」を認め、どのような「辞退理由」を認めなかったのか。
ぜひ、明日聞いてみたいところだ。

さらに、裁判員候補となった人が受けることになる「裁判員面接」だが、すでに私が指摘してきたように、普通に生活をしている刑事裁判とはあまり縁のない市民はギョとするようなことを聞かれる場合がある。これは、ウソを答えれば「刑事罰」付だというから驚いてしまう。この点については昨年の秋にブログで書いているから再掲載しておこう。

裁判員面接の「思想尋問」と刑事罰について

裁判員制度を問う / 2008年09月04日

本日、社民党内閣法務部会で法務省と最高裁判所から「裁判員制度」の実施状況についてのヒアリングを行った。制度の実施目前と言うが、「裁判員日当3万円」などという迷走についても興味深い話を聞いた。「国民の理解、支持がいただけるなら」と事実上、日当の引き上げを追認する姿勢を法務省はみせた。水面下を漂っている情報によると、「裁判員手当5万円」まで法務省は許容範囲だという。また、最高裁判所からは「裁判員面接」の時に、「警察官を信用しているかどうか」「死刑判決を選択出来るかどうか」の裁判長の質問に対して、面接を受けている国民(裁判員候補)が、内心を偽り「警察官を信用しています」とか「死刑に躊躇はありません」などと陳述した場合、裁判員法に明記された刑事罰が適用される可能性があるのかと問うと、「法律でそうなっている以上はあります」とのこと。

最高裁判所は「憲法の番人」でもあるはずだが、「思想・信条の自由」に関わることを強制的に質問されて、内心を偽ると裁判員法違反で逮捕されるというのは、明らかに憲法違反である。

(裁判員候補者による虚偽記載罪等)
第百十条  裁判員候補者が、第三十条に規定する質問票に虚偽の記載をして裁判所に提出し、又は裁判員等選任手続における質問に対して虚偽の陳述をしたときは、五十万円以下の罰金に処する。

実際には「死刑廃止論者」でないのに、裁判員選任を免れようとして「死刑廃止」を装ったとしても、心の中は証明が出来ないから大丈夫。このような刑事罰は適用されませんよと穏やかに笑う関係者もいる。しかし、この事例を体験談として「裁判員面接で選任されないコツ」を自分のブログで公表した場合はどうなるだろうか。「裏技根絶」の一罰百戒のために、このブログの記述を「証拠」として、刑事罰を適用することはありえなくはない。

しかも、裁判員法には百十条とは別に、「過料」も定めている。

(裁判員候補者の虚偽記載等に対する過料)
第百十一条  裁判員候補者が、第三十条第三項又は第三十四条第三項(これらの規定を第三十八条第二項(第四十六条第二項において準用する場合を含む。)、第四十七条第二項及び第九十二条第二項において準用する場合を含む。)の規定に違反して、質問票に虚偽の記載をし、又は裁判員等選任手続における質問に対して正当な理由なく陳述を拒み、若しくは虚偽の陳述をしたときは、裁判所は、決定で、三十万円以下の過料に処する。

「50万円以下の罰金」と「30万円以下の過料」はどこで区分けされるのか。逐条解説を見ても、まったくその基準は提示されていない。「正当な理由なく陳述拒否」をした場合は、罰金ではなく過料だということは判るが。

裁判員制度は「市民の司法参加」で民主的なことだから、裁判員選任手続きを合理的に行うために検察官から求めがあった時に想定される質問で、「思想信条の自由」などを侵害する結果にはならないし、きわめて技術的な問題に目くじらたてないでほしいとの反論もある。

しかし、裁判所からの「呼出状」で引っ張りだされて、「虚偽陳述の場合は刑事罰が待ってる」と宣告されて、「本当の事を言わないと逮捕されるかな」とビクビクしながら「思想信条の自由」にかかわる質問を受けるなど、完全な違憲手続きでないかと思う。

(08年9月4日『保坂展人のどこどこ日記』より)

さらには、裁判員裁判の終了後に「記者会見」が行われるというが、どのような記者会見なのか。噂によると裁判官が同席して「守秘義務」について発言を聞いていて、裁判員が話す内容に割って入って制止したりすることも考えているようだ。いったい何を考えているのか、そこを聞いてみたい。

裁判員制度について実施前に国会で裁判所や法務省に聞ける時間は限られている。ぜひ、全力をあげて取り組みたい。


この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 11 )



« 3月20日、社会文... 国連開発協力基金... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
現代の赤紙はどんな手をもってでも潰せ (天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳)
 最高裁HPでも返信調査票の結果が公表されました。ちなみに、先日触れた中途半端に残った38人について、最高裁で調べたら全員が「一定期間の検察審査員経験者」とのことでした。しかし、「70歳以上の重病人」は...
 
 
 
 坂出の姉妹ら3人殺害 被告に死刑判決 高松地裁 (政治)
このような理由で人を殺す裁判官、今まで何を見てきたのだろう。 それからいつも思うのですが、「罪の無い子」や「罪の無い人」という 言葉を軽はずみに使いすぎだと思います。 罪の無い人、そういう人に私は会ったことがありません。 坂出の姉妹ら3人殺害 被告に死刑...
 
 
 
五十嵐かおる 『いじめ』 (小学館・ちゃおフラワーコミックス) (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
ネット中傷被害相談1万件超す 過去最高、警察庁まとめ(朝日新聞)に絡んで.  実はこの朝日新聞の記事,goo ニュース にも登録されていたのだが,今日3月17日現在,goo のサーバからは削除されていたので,まだ生きていた朝日新聞のサーバの url を上に張り付けて...
 
 
 
「青年将校化する東京地検特捜部」動画 (喜八ログ)
2009年03月15日、東京都内で開かれた開かれたシンポジウム「青年将校化する東京地検特捜部~小沢第一秘書逮捕にみる検察の暴走~」(主催:フォーラム神保町)の動画がオンデマンド放送されています。
 
 
 
火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
09年3月17日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・今朝の新聞記事から・1{/arrow_r/} (ここからお入り下さい) 2・今朝の新聞記事から・2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・海外問題{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護...
 
 
 
政治がおかしい。 「大本営 復活か」 大戦前夜のようだ。 権力側につく、マスコミの偏向報道。 (ひげログ人)
なんか、変だ。 胸騒ぎがする。「大本営が復活したのでは」 戦争が起きるのでは。
 
 
 
ボケじゃあないぞ!今そこにある危篤?・・・自民のこと (kimera25)
この花長いよね 1ヶ月近く咲いている。 次から次へと時間差で咲く。 はなの名前とは違う!りっぱな花だ! でも この感覚は笑える! こいつ親子共々嫌いだから 引用も嫌だから タイトルだけ入力。 読まなくて良いよ! むかつくから! 石原伸晃幹事長代理 ポス...
 
 
 
『雨宮処凛氏と「人倫」の思想』佐藤優 (喜八ログ)
佐藤優『テロリズムの罠 右巻 忍び寄るファシズムの魅力』角川oneテーマ21(2009)から、雨宮処凛さん(作家・思想家)に関する記述を紹介します。
 
 
 
【人間尊重の多文化・多民族・多国籍社会へ!】参院法務委で今野東議員、カルデロン一家の件を採り上げる。/3・29緊急討論集会「外国... (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2009.3.18.08:00ころ (2009.3.18.13:20ころ追記。保坂展人衆院議員(社民党)と細川律夫衆院議員(民主党)が、2009年月11日、カルデロン一家について衆院法務委員会で採り上げてくれていました!!実は他でも議題になってる!?) 春眠中の緊急情報&ご案内!!!!! カ...
 
 
 
不適切な犯罪捜査・報道は犯罪そのものと同じく重大な過ち。 (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
耳目を驚かすような殺人事件が発生するたびに、警察の捜査の適性さと報道の倫理・節度を疑わなければいけないというのは悲しいことです。...
 
 
 
裁判員制度の「ねらい」はこれ? (ブログ「Afternoon Cafe」から) ((裁判員制度、大丈夫とは言えない気がします.... (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
「裁判員制度、大丈夫とは言えない気がします...」シリーズ、第11回です。 裁判員選定のための呼び出し状が間もなくみなさんのところに届...