TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




 名古屋市長選挙の河村氏、愛知県知事選挙の大村氏の勝利を受けて、明日からの永田町にも動きがありそうだ。愛知県は民主党の牙城とも言われてきたが、今回の選挙結果は4月の統一自治体選挙の「前兆」とも言える。河村氏の「議員を家業にさせない。本来はボランティアだろう」という主張は、彼が国会にいた頃からの持論。今の永田町の政府・与党と多数派の議論が「増税の仕方」に傾いていることを考えると、影響は予想以上に大きいかもしれない。

 国民新党の亀井静香氏が社会保障会議に柳沢伯夫氏が起用されたことを「狂気の沙汰」と批判しているが、これは民主主義の基本の問題なのだろうと思う。「自民・公明連立政権」を強く批判して「政権交代」を求め、「国民の生活が一番」を掲げて世直しを訴えて圧勝した1年半前の総選挙で政権を担うことになった民主党が、「自民党の経済失策の司令塔」だった与謝野馨氏を担いで閣僚にすえて、柳沢伯夫氏まで登板してきたとなると、大相撲の「八百長騒動」を批評するどころの話ではない。1年半前の総選挙は「壮大な虚構」だったのかという疑念を膨らませ、「自民党を倒したら自民党が出てきた」というナンセンスな構図は、既成政党不信を決定的なものにする。

「政権交代」には大きな可能性があった。戦後、反永久的に続いていくように見えた「自民党政権」の息の根を止めて、長年蓄積された「政官業の癒着」を解体し、肥大化して暴走する行政組織に刷新のメスを入れる機会でもあった。その入口がこじ開けられようとした。しかし、旧体制の守護者たちの抵抗は強かった。「八ッ場ダム」にしても、「税金の使い方は利害関係者が決める」という構図を、「納税者、国民が決める」という質的転換をはたすいい舞台だった。しかし、「建設中止、だが、本体以外の工事は続ける」という珍妙な結論で、旧体制の国家事業を信じる人たちにも不満を充満させ、改革の旗は泥だらけになった。

自民党のような政治は、自民党が一番得意だ。 政権交代したことの意義は、一度でいいから「自民党でない政治をしてほしい」ということではなかったか。旧体制を代表する新聞・テレビが民主党政権の「頼りなさ」「非現実性」を批判したからと言って、立ち止まってはいけない。しかし,現状は立ち止まるどころか後退してしまっているように多くの人が感じている。

だからと言って「自民党政権に戻ってほしい」というコールは大きくない。「自民党政治に戻さずに、しっかりと既得権打破の改革をやれ」というのが民意ではないか。しかし、政権交代の1年半は、その期待に応える形でスタートしたが、すっかり失速し失望に変わっている。もう一度、政権交代の原点に戻り、再出発するのは困難な道ではあるが、唯一の打開の道だ。

名古屋・愛知の選挙結果から改めて、この1年半を考えた。

 



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )



« かくれキリシ... 「無知と限界... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
日本人が忘れつつあるもの (ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ)
Tweet 人様に迷惑をかけてはいけない。 こういった言葉を田舎出身の僕は昔よく聞かされた。世間的には「日本的な古い意味のない価値観」だとか「共同体的な価値観」というように解説される。 しかし、僕は本当にそうなんだろうか?と思う。 人様に迷惑をかけ...
 
 
 
月曜日 02/07・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年2月7日 月曜日 02/07・各社社説 昨日は二つの大きなニュースが有った。 其のせいか今日の社説は名古屋の選挙と大相撲の本場所中止以外は。二項目の社説があるのみだった。 名古屋の場合は議会対河村氏の対決で、他府県の庶民から見た名古屋市議会は庶民感覚からか...
 
 
 
日曜日 02/06・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年2月6日 日曜日 02/06・各社社説 今日は社会保障関連とエジプト関係が二社ずつ重複していただけだった。 社会保障関連の社説や新聞記事を見ていると、自民党時代と民主党時代とどう違いがあるかと問うても余り違いはないとの感じがする。ということは、両党とも官....
 
 
 
雨宮処凛さんの写真(02/05エジプト大使館前抗議、大木晴子さん撮影) (喜八ログ)
雨宮処凛さん(作家・活動家)の写真を3枚紹介します。2011年02月05日(土)、エジプト大使館前緊急抗議行動の際、大木晴子さんが撮影されたものです。大木晴子さんのご好意により「喜八ログ」にも掲載させていただきます。大木さん、ありがとうございます!
 
 
 
火曜日 02/08・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年2月8日 火曜日 02/08・各社社説 今日は陸山会事件関連の社説が3社それと愛知県で圧勝した河村流政治関連が2社あった。 考えてみると,この二つの社説は関連がないようで関連があるのではないか。方や4億円の金が動きながら其のお金の動きの不鮮明さ。国民が政治家....
 
 
 
政治家は高江の現地に行き,座り込むべきだ (ペガサス・ミラー)
7時のNHKテレビは今日もまた,国技館の幟旗が無駄になったという相撲のニュースに冒頭6分間も使った.もはや,この局のニュースは,何を伝えるかではなく,何を隠すかが目的であることがミエミエになったよ...
 
 
 
水曜日 02/09・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年2月9日 水曜日 02/09・各社社説 今日はロシア関連の社説とミャンマー関連社説が各二社、後は各社各様の社説だった。 毎度同じことを書くが、産経誌は各社が小沢氏の事を書かない時に彼に関する社説を取り上げているのを見ると彼に関する社としての取り組み方も並....
 
 
 
河村・大村圧勝は「いつか来た道」 (Afternoon Cafe)
「減税を阻む悪の議会を倒す庶民革命」 「減税か増税かを問う」 完全なるワンフレーズポリティクスの勝利です。 まんま小泉手法引き写しです。 もちろん名古屋市議会は批判されるべき点が色々あったで...
 
 
 
 原発内労働者を救済する署名 (政治)
原発内労働者を救済しようと訴える署名です。 よろしくお願いします。 以下 プルサーマルよりカーニバル!さんから転載です。   ・・・全国の人に広めて下さい・・転送大歓迎・・・・・・・・ 『訴え』                    松本詔道 高子渚  2....
 
 
 
木曜日 02/10・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年2月10日 木曜日 02/10・各社社説 今日は菅首相の就任後、初めての党首討論で、6社全社がこの問題を取り上げていた。それとトヨタ関連の社説が3社あった。 庶民感覚で見た党首討論は、政治は表面のみで実際は解散総選挙を考えている感じ政治より党の事を考えている...