TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




このところ、ブログを読んでくれている読者の皆さんから「後援会に入って応援したいけどどうしたらいいか」「カンパをするけど、確定申告の時に控除扱いになるのか」などの問い合わせがメールや電話で度々いただくようになった。建設業界からの政治献金問題で永田町が揺れている時期だけに、市民の政治参加と個人献金(カンパ)について、私の考え方を整理しておきたい。

1996年に衆議院議員に当選した時、企業・団体献金に頼らないで活動するためには、1年に5000円づつ会費を払う人を全国で約2000人つくりだせれば相当の基盤になるだろうと考えた。最初の年は、200人台からスタートして、苦節12年でようやく定期的に会費を払ってくれている人、時々カンパをくれる人をあわせて2000人という人数に近くなった。

個人献金のほとんどは、一度も会ったことのない人たちから寄せられている。現在は賛助会員(年間3000円)、会員(年間5000円)で支えてくれている人や、また任意のカンパを送っていただく人たちにとって、個人的な「見返り」はほとんどないと言っていいだろう。私の国会活動や政治的スタンスを評価して、「ガンバレよ」という激励をこめて入金していただいている。この12年間、温かく支えられてきたが、特に決定的だったのが2003年~2005年の「浪人中」の出来事だった。

2003年11月の総選挙で議席を失った私に対して、当初、会費やカンパは「現役時代」を下回るのだろうと予想を立てていた。しかし、予想に反して「現役時代」を3割増で上回る結果になった。背中を無数の人に押してもらって、長い坂道を登るという感じだった。究極の「見返りのない支援」だったと思う。おかげで、広い事務所を人を減らしながらも存続した。さらには、ボランティアで作業に参加してくれる人の数も増えた。小泉郵政解散で「浪人」は2年で終わったが、国会の外で「年金制度」「雇用保険」などの調査を続け、本を書き続けたのも皆さんの支援あってのことだ。

アメリカでは、オバマ陣営が記録的な個人献金を集めた。6億4000万ドル(約640億円)と言われているが、その90%は小口の献金だという。おそらく、日本でもアメリカ同様の簡便なネット献金が可能となれば、積極的な参加者が出てくると思う。だが、何度か研究しているものの、今のところ「制度とシステムの壁」があって拡がっていない。私の事務所でも、インターネットを使って会員募集やカンパのお願いをしていても、入金方法は「郵便振替」を利用してもらっている。銀行振込は、住所不明のまま名前だけで振り込まれると領収書の送り先に困り、政治資金収支報告書にも書き込めない。その点、郵便振替は住所と名前が同時に送られてくるので便利だ。しかし、忙しい中、郵便局にわざわざ行って振り込む時間はないけれど、ネットで出来るのならという人は多いだろうと推測をしている。

日本でネット献金が拡がらないのは、理由があるようだ。「ネット献金は、クレジット決済が不可欠だが、決済窓口となる大手カード会社の担当者たちは『カード会社が特定の政治家や政党を支援していると受け取られてしまう」「政治家はカード加盟店と見なせるのか。もし落選したら、一市民になるのでは』などと及び腰だ」(朝日新聞08年9月13日)という記事を読むと、ため息が出てくる。いつまでたっても、特定企業・団体が大口献金で政治家を縛り、市民が簡単に政治献金の出来る道がふさがれたままだと、明らかに政治の劣化に加速がかかる。大手ではなくても、どこか決済機能を持つカード会社が名乗りをあげない限り、永遠に日本ではネット献金が出来ない状態が続くのだろうか。何とか工夫をして、風穴を開けたいものだ。

ということで、「保坂展人と元気印の会」に入会・カンパしていただける方はご面倒でも、下記まで手続きをお願いしたい。

→保坂展人と元気印の会に参加して下さい


この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 14 )



« 罪深いメディアの... なぜ、日本ではネ... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
09年3月9日  月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・世論調査・朝日新聞{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・JNN世論調査{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・新聞もテレビも政府高官漆間問題{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属して...
 
 
 
アムネスティのチベット ウエブ・アクション(最新版) (鳥居正宏のときどきLOGOS)
【この記事は全文転送・転載歓迎です】 オリンピックは終わっても、中国の人権状況はよくならず、むしろ悪化しているという報告さえあり...
 
 
 
ここは酷い高機能S点ユニットですね (障害報告@webry)
実家の古いTAが事切れたらしいので代替機を発送 ていうか退役していた往年のNECの最上位機な Aterm Museum:生産終了製品|製品情報|AtermStation AtermIT40/D http://121ware.com/product/atermstation/product/museum/it40_merit.html これが事切れた方。古いって...
 
 
 
捜査が信用できるから裁判員制度? (天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳)
 各報道機関世論調査で、西松裏金事件における民主党小沢一郎代表の説明責任は不十分とか、小沢代表は辞任すべしといった回答が多いという結果が出ています。と同時に、小沢代表が「国策捜査だ」と批判した件につ...
 
 
 
アメ策捜査に対抗しましょう(^ー^)ノ (わんわんらっぱー)
http://wanwanlapper.seesaa.net/article/115393654.html ○ジョセフ・ナイ駐日大使就任前、お掃除逮捕  前任のJ・トーマス・シーファー氏が2008年12月28日に朝日新聞にコラムを寄稿しておりました。とある日本人が児童のポルノ写真を撮り、その写真がネットを通じて蔓...
 
 
 
 “平和の訴え”託す 「今後も頑張って」後輩にエール 高校生1万人署名 3年生を送る会 (政治)
広島でも毎年彼らを見かけます。 毎年皆さんの雰囲気が少し違って面白いなあと感じています。 最近運動を継続する団体が減ってきた中、頼もしい存在です。 今後も、「高校生1万人署名」応援しています。 高校生1万人署名 http://www.geocities.jp/peacefulworld10000/...
 
 
 
ノーベル物理学賞の益川教授に励まされ・・ (お玉おばさんでもわかる 政治のお話)
実はつい昨日のこと・・友人に益川先生のことを紹介するのに、「ノーベル平和賞」の益川先生・・・と言ってしまった・・ちゃうがな、物理学...
 
 
 
火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
09年3月10日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・今日も漆間副官房長官{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・政治の世界と死刑囚{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。...
 
 
 
≪天気≫0310 曇天のトンネルを抜ける (世評不感症の詩)
 久し振りに太陽がでた・・・沖縄も久々に晴れ、最高気温は21℃の予報である……23時、この街は18℃ 
 
 
 
ここはTランドか?高橋をあげろ!二階もあげろ!森を塀の中に入れろ! (kimera25)
先のエントリィで疑問を呈したが どうも意図的な情報操作のにおいが漂う。 まず 警察官僚のいい加減な 政府高官発言。 検察からリークされる 意図的としか思えない 小出しの情報。 それを垂れ流すマスコミ。 「政府高官によると・・・。」 とか 「政府筋による...
 
 
 
[政治][メディア] 漆間官房副長官(事務)の「記憶にない」発言の下手な嘘 (日録(不定期))
 はっきり言って、これは下手な嘘である。私に言わせれば、漆間氏はこの嘘によって墓穴を掘ったのであり、正しく追及されれば氏にはもはや辞任以外の道はない。  ところが、追及の仕方がわからない人が少なくないかのようである。まずメディア。漆間があのように言った...
 
 
 
親友・石川知裕・衆院議員を守ってください (国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行)
 私とお互いに18歳のときからの友人である民主党衆院議員(石川知裕君)に関して、朝から報道が流れました。小沢さんの秘書を10年間やっていましたから、陸山会の政治資金収支報告書に関して何か知っているということで、話を聞きたいという報道です。 私の知る限り...
 
 
 
「これを乗り越えたら政権交代」石川知裕君と一致しました (国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行)
[写真は第44回衆院選北海道11区で落選後、2度目の挑戦を誓った石川知裕。この後、比例北海道ブロックで繰り上げ当選を果たす、現在1期目] おはようございます。2月の衆院予算委の積み残しの話題がだいぶあるのですが、今は権力闘争に集中します。 夜の0時15...
 
 
 
民主党・石川知裕さん、初めて任意の聞き取りに応じる 本人がコメントを出し発表 (国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行)
[画像は第44回総選挙(2005年9月11日)で落選後、日常活動の一環として、ホテルのトイレ掃除をする石川知裕さん、その後、2007年3月に比例北海道ブロックで繰り上げ当選=石川知裕公式ウェブサイトから] 民主党衆院議員の石川知裕さんは12日午後、法務...