TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




衆議院本会議で予算が通過したという。

失政だらけの小泉政権を延命させた民主党の罪は重い。すべてが自民党ペースで国会運営は仕切られた。証人喚問を要求して、審議拒否に入ったものの2日もたずに無条件降伏。予算審議の後半の攻防は、民主党国会対策委員会も知らない所で、公聴会日程決議に民主党が「まさかの賛成」をしてしまったのだという。予算委員会の現場理事が「勝手に独走」したのだというが、本当だろうか。

岡田代表は、自民・公明との社会保障協議に踏み切ることを明らかにした。野党をやめ、政権準備政党として政権政党と協議に入るというのだから、大与党協議の様相を呈しているというべきだろう。予算成立後のニュースは、郵政民営化をめぐる自民党内の蠢きに移りゆく。

精神衛生上は、国会のニュースを見るのはよくない。政治のていたらくに憤慨し、また茶番劇を許容している「民意」なるものの底の浅さに腹が立つ。野党のいない国会はどんなに酷い政権も悠然と生き延びる。

 今日はとても悔しい。もちろん、非力な自らに対しても、だ。



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 佐世保事件を... 授業の奇跡、... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
トラックバック雑記文・05年03月04日 (後藤和智事務所 -若者報道と社会-)
 署名で書く記者の「ニュース日記」:小学校(相馬芳勝氏:共同通信記者)  MIYADAI.com:何が監視社会化をもたらすのか?(宮台真司氏:社会学者)  寝屋川の教師刺殺事件に関して、またぞろ「学校の閉鎖化」を主張する人が出てきているようです。しかし、相馬氏の記事に
 
 
 
森田健作のオカマ発言 (及川健二のパリ修行日記)
 千葉県知事選挙に出馬している森田健作氏が\"オカマ\"発言をして物議をかもした、という情報を知人からいただきましたので、御紹介します。 情報はこちらに出ています。 http://blog.livedoor.jp/vote_chiba/archives/14807163.html#trackback