TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




 普天間基地問題の影であまり語られなくなった八ッ場ダム問題だが、深刻な事態に陥っている。八ッ場ダムの工事がどんどん進んでいることだ。「コンクリートから人へ」のシンボルとなった感のある「本体事業中止」の前原大臣の方針は土台から揺さぶられている。内閣改造がもしあったら、八ッ場ダム建設再開に舵を切る危険性がないとは限らない。私が年末年始を返上して取り組んだ『ヒ素汚染問題』も、朝日新聞が報道したものの一般的には知られていない。そんな時、八ッ場あしたの会の渡辺洋子さんからメールがきた。ネット署名を始めるという呼びかけを「拡散」させてほしいとのことだ。

〔引用開始〕

八ッ場あしたの会の渡辺です。

昨年の政権交代で「八ッ場ダムの中止」方針が示されましたが、ダム推進派の反発により、八ッ場ダム事業は中止のメドが立っていません。 ダム予定地では今も全国から集まった何百台ものトラックが 山を崩し、沢を埋め立て、ダム事業の完成を目指しています。

八ッ場ダムは1都5県(東京・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬)の知事が推進しており、首都圏のターミナル駅で埼玉県知事、自民党県議らが推進署名を集めています。推進派は集まった署名を前原国交大臣に届け、民意が「八ッ場ダム完成」にあることを伝えるそうです。

私達は、災いをもたらし続けている八ッ場ダムの中止こそ民意であることを鳩山総理、前原大臣に伝えるため、オンライン署名を始めました。

http://yamba-net.org/modules/page/index.php?content_id=1

要望事項

1.八ッ場ダム事業などを中止して下さい。
2.現地住民の生活再建を早期に実施して下さい。

この署名活動をより多くの方に伝えるために、お力添えください。

---
渡辺洋子
八ッ場あしたの会

〔引用終了〕

国交省、ヒ素汚泥を投棄 八ツ場ダム上流の素掘り処分場

朝日新聞・2010年4月22日16時3分 
  
 国土交通省が汚染拡大を防ぐ設備のない素掘りの産業廃棄物処分場を群馬県に設置し、大量のヒ素を含む汚泥を長年投棄していることがわかった。廃棄物処理法などで汚泥の処分は遮水設備のある処理場が必要だが、許認可権を持つ群馬県が無害の「土砂に準ずる」と独自に解釈して、素掘りの処分場への投棄を認めていた。

 この処分場は、国交省品木ダム水質管理事務所が、群馬県の許可を得て、同県中之条町の国有林内に2005年に設置した管理型廃棄物最終処分場「C土捨て場」(埋め立て容量32万立方メートル)。ここに運び込まれるヒ素を含んだ汚泥は強い酸性の川水を中和する事業でうまれる。中和事業は下流にある計画中の八ツ場ダムなど吾妻川の構造物を劣化から守るのが目的だ。

 吾妻川の上流のpH2~3の水は、石灰液を投入してpH5~6程度まで中和される。このときに汚泥が発生して品木ダムにたまり、年3万立方メートルほどずつ浚渫(しゅんせつ)され、固化剤(セメント)を加えて処分場に投棄されている。

 汚泥に含まれるヒ素は、上流の鉱山跡などから流れてきているとみられ、国交省は設置の申請時に「(川の水)1リットル中2ミリグラムのヒ素が含まれ、その8~9割を石灰投入で除去」と県に説明していた。

 国交省のダム湖底の汚泥の分析では、04年時点で汚泥1キロあたり最大5.6グラムのヒ素が含まれていた。農地での土壌環境基準の370倍以上にあたる。

 産廃処分場には、浸出水による汚染を防ぐための遮水シートや浸出水処理設備のある「管理型」と、それらがない「安定型」がある。安定型処分場は素掘りで建設や管理が容易で安価だが、持ち込める産廃は外部を汚染する恐れが小さい廃プラスチックなど数品目に限られる。

 産廃である汚泥は管理型で処分しなければならないが、群馬県は「汚染が広がる廃棄物ではない」として「土砂に準じる扱いになる」と独自の解釈で認定。遮水シートや廃水処理施設のない処分場なのに、名目だけの「管理型」として設置を認めた。

 国交省は、この処分場以前にも1989年と92年に2カ所の同様の処分場を設置した。当時は届け出制で、今の許可制のような厳しい審査はなかった。浸出水からヒ素が検出され、排水基準を超えたこともあったが、国交省はC土捨て場設置の申請書類で「浸出水に汚染物質は含まれていない」と記載していた。

 環境省は「有害物質を含む産廃を『汚染の恐れなし』とどうして判断したのか関心を持っている。県から事情を聴きたい」と話している。

 群馬県廃棄物政策課は「周囲に人家がなく、漏水してもいずれ品木ダムに流れ込むので問題ない。これが問題なら品木ダムの底にも遮水シートが必要になる」と主張。国交省品木ダム水質管理事務所は「県の許可を受けており問題はないと考える」としている。

 東京都市大の青山貞一教授(環境政策)は「群馬県が汚泥を実質的な安定型処分場に廃棄してよいと認めるのは非常に脱法的な行為。『不法投棄』を追認しているに等しい」と指摘。福岡大の浅野直人教授(環境法)は「今回の事業者が民間業者だったら群馬県は同じ対応をしたのだろうか。民間と国とで対応が異なれば不公平であり問題だ」と話している。(松尾一郎)

〔引用終了〕

 この問題で私は、2月に群馬県前橋市で報告した。その様子をビデオで編集してもらっているので紹介しておく。














この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )



« 今日は一日、... 全国キャンペ... »
 
「検察官による起訴」と「検察審査会の議決による強制起訴」とは全く違う (個人発明家blog)
TheJournal の郷原さんの寄稿から引用 「また、起訴、不起訴の判断に関して、検察の場合は黒という確証があったときに起訴するが、検審の判断は白か黒かを公開の法廷で明らかにすべきということで良いのではないかという考え方もあり得ます。刑事司法全体がそういうシステ...
 
 
 
政党の乱立と選挙 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年5月1日 土曜日  政党の乱立と選挙                     複雑な事は分からないが今年の初め頃は 民主党 自民党 公明党 共産党 社民党 国民新党 新党日本 みんなの党   この8党くらいだったと思う、それが春先になり自民党に内紛があ...
 
 
 
蓮舫さんの小沢幹事長辞任に関する発言 (はみ出し教師の考え)
 一昨日の「スーパーJチャンネル(テレビ朝日)」に蓮舫さんが出演し、事業仕分けのことと小沢幹事長のこと(幹事長をやめるべきか)について答えていた。  事業仕分けについては、比較的常識的なことしか言っていなかったと思う。印象に残っている部分はない。  小...
 
 
 
支持率低下の原因は・・・・。。。 (政治に一言~日本の未来を考える~)
支持率低下の原因ですか。。。 確かに前原さんは八ツ場ダム問題やJAL問題など一定の評価が出来る。 ただ「政権の約束と実行の乖離」って、あなたも政権の一員でしょ? 選挙対策で、いわゆる「ばら撒き」政策ばかり。 自民党の悪い部分が変わらない。。。 国民は「政...
 
 
 
無人機爆撃 本土で操縦 (ひげログ人)
4月30日付毎日新聞一面に、驚愕の大見出し。 自宅から出勤「午前はアフガン、午後