TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




昨日は、和歌山県新宮市内で「国政」「年金」を中心に話をした。隣町の那智勝浦町からも、「グリーンピア南紀」の行方を憂える人々がやってきて、講演後の交流会もこの問題で持ちきりだった。昨年5月に調査に出かけ、「年金記録問題」で揺れ始めた厚生労働委員会で取り上げ、さらに予算委員会の「政治とカネ」問題の集中質疑で取り上げ、6月には民主・共産・社民でつくる超党派の「公共事業チェック議員の会」で現地視察団を編成して調査をした。参議院選挙が終わり、安倍総理が辞任して、この問題はどうなっていくのかに関心が集まった。

「福田vs麻生」という何とも食えない自民党総裁選の一騎討ちは、案の定、新聞紙面を占有して、自民党支持率を上昇させている。安倍内閣の幹事長だった麻生氏に対して、「政策転換」を匂わせる福田氏という構図だ。「幕が開いたら終わっていた」と揶揄される総裁選で福田康夫内閣総理大臣が誕生したら、「小泉・竹中」構造改革路線で規制緩和・市場主義一辺倒で行ってきたことの「現実」が、この政権にとって最大の障害物になるだろう。

「靖国神社には参拝しない」と明言し、「国立追悼施設の必要性」を説いてきた福田氏は、アジア外交においては「あいまい作戦」をとってきた「小泉孤立主義」から大きく転換するだろう。「歴史観」は何も、アジア各国と話しをする時にのみ必要となるものではない。福田氏自身の「歴史観」を問うことで、たとえば沖縄戦での「集団自決」に関する「軍の関与」を削除すべしとした教科書検定について
どう判断するのか。沖縄では29日(土)にこの「教科書検定の撤回」を求めて5万人集会が開催される。各市町村では自治体をあげて集会の成功に協力する態勢が出来上がり、自民党・公明党の与党も含めて「超党派」で抗議の声があがろうとしている。さあ、新政権はどのように「安倍政権と文部官僚の暴走」の後始末をするのか。

年金記録問題については、何度も書き続けてきているので繰り返さないが「5000万件」の名寄せではまったく解決しない「棄てられた年金記録」の問題を追及するつもりだ。社会保険庁の「着服問題」に目を奪われていて、厚生労働省年金局の無責任な「年金積立金150兆円」の運用の行方にチェックを入れる作業が本命だが「グリーピア南紀」が「年金施設」とほど遠いデペロッパーに叩き売られてしまっている現状も黙視しえない。

そして、医療だ。このブログの読者の皆さんで見落としている人には『病院の灯を消すな--島根からの報告』を是非読んでいただきたい。病院が地方都市で次々と消えようとしている今、残っている時間は少ない。また、75歳以上のお年寄りだけを対象とした「後期医療保険制度」の実施も、何とかして止めなければならない。障害者自立支援法は、障害者の暮らしと福祉現場の財政を圧迫している。財務省と厚生労働省が行ってきた社会保障の見直しの「毒」が方々にまわり始めている今、きちんと政治が手を打たなければならない。

最後に、印象深い話をひとつ。2003年春、世界中の反対を押し切ってアメリカがイラク攻撃に入ろうとしていた時のこと、内閣官房長官だった福田氏と私はエレベータの中でふたりだけになった。「靖国問題」をはじめ党としての要請を官邸に持っていく時に話していたので、私の方から声をかけた。「いよいよ、戦争ですね」、福田氏は私の方を見ながら首を傾げながら「あなたと、私の戦争ですか」と答えたのだ。「いやいや、アメリカの戦争がもうすぐ始まるということですよ」と返したが、そこでエレベータの扉が開いた。この時のやりとりを、最近何度か思い出している。官邸を預かる官房長官だから、日本政府の戦争支持を追及することになるはずの私から、先に「宣戦布告」を受けたと勘違いしたのだろうか。あるいは、「戦争」ということが「イラク」と直結していなかったのか。謎解きは、後日にゆずることとする。

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 16 )



« 「もったいな... いじめで我が... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
山岡賢次議員を守ろう! (喜八ログ)
皆さん、どうやら「小沢民主党」はガチンコ勝負するようですよ! 山岡賢次議員は「政府与党」と「新聞テレビ」の「共同作戦」を暴露してしまいました。「新聞テレビ」による「国策報道」のターゲットにされる可能性があります。全力で守りましょう!
 
 
 
【衝撃情報】品川正治氏講演会より。「対北朝鮮強硬策の目的はテロの誘発」 (「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう)
一昨日の記事に書いた、14日に行われた品川正治氏の講演会において、品川氏が述べられた衝撃情報をお知らせしましょう。実は、一昨日の記事のコメント欄で、レスとして既に述べているのですが、品川氏の発言を正確に記して、誤解の無いようにするためと、そこから類推...
 
 
 
[参考情報][映画『ブラック・ブック』に見る“美しい国”崩壊の危機の真相]の残照 (toxandriaの日記、アートと社会)
・・・カリス・ファン・ハウテン (Carice van Houten)は、この映画『ブラックブック』で映画部門の最優秀女優賞を受けたオランダの女優です。 <注>当記事は、[映画『ブラック・ブック』に見る“美しい国”崩壊の危機の真相、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/200709...
 
 
 
07年9月17日・月曜日 イラク米軍 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年9月17日・月曜日 イラク米軍 9月12日の記事に「治安改善」世論は冷静と載っていたが一方ではイラク米軍手詰まりとグラフなどで説明している。(拡大はここをクリック) イラク米軍  イスラム教の様な国家のことは一庶民には全く理解ができない。今日の新聞にサドル...
 
 
 
10/1郵政民営化に抗議するイベント局闘争に結集を! (アッテンボローの雑記帳)
郵政民営化は労働者人民の生活を破壊する!民営化反対勢力の運動が必須!  労働者の
 
 
 
国家は僕らをまもらない (お玉おばさんでもわかる 政治のお話)
気がつけば、もうすぐこのブログをはじめて丸2年になります。もともと読書ブログを書いていたお玉が、平和と政治の話をしたくてはじめた「お玉おばさん・・」でしたが、ここまで続けてこられたのは皆さんのおかげ、としか
 
 
 
『参議院なんかいらない』 (喜八ログ)
『参議院なんかいらない』村上正邦・平野貞夫・筆坂秀世、幻冬舎新書(2007)の紹介です。
 
 
 
ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険の怪しさをおさらい (とむ丸の夢)
今日の毎日朝刊に、郵政民営化凍結法案についての最近の事情が載っていました。  これによると、国民新党が今国会に提出を求めている同法案で、小沢民主党党首が「統一会派を組...
 
 
 
『平和省を』広がる輪 (関係性)
 「『平和省を』広がる輪」(朝日新聞9月16日付け朝刊)が載り、「暴力抑止進める政府機関」として記事にしている。  争いごとの抑止や解決に一切の暴力を否定する政府機関「平和省」の設置を世界中に求める運動が広まっている。  「米同時多発テロ以降続く『暴力の連...
 
 
 
行け、我が想いよ! 起て、飢えたるものよ!-力漲る労働者頌歌の激励- (鳥居正宏のときどきLOGOS)
私の体調は、すでに生命の危機からは完全に脱出できたとは言え、まだ少々不安定な状態で、万全だとは言えません。 いまの私の体調・体力・気力・栄養状態は、7種類の薬のチカラで安定を保っているという状況です。医師は「確実に
 
 
 
松下政経塾(上) (喜八ログ)
謎の憂国者「r」さんのメッセージです。   ランキング投票をお願いします (★引用開始★) 松下政経塾、その「存在意義」 「松下政経塾に気をつけろ!」 この言葉は雑誌「噂の真相」編集長「岡留安則」氏が「噂の真相・休刊」にあたって残した言葉です。 岡...
 
 
 
国会がおかしい、自民党もおかしい、テレビもおかしい (とむ丸の夢)
おかしい、おかしい、国会がおかしい、自民党もおかしい、テレビもおかしい。  紙芝居調でいえば、風雲急を告げる日本丸、はたまた日本城、とでもすればいいのか。  昨日9月1...
 
 
 
[Souvenir Ser.]2006年、夏のフランドル(オランダ・ベルギー)旅行の印象/オランダ編2 (toxandriaの日記、アートと社会)
<所 見> ●当記事の初出は[2006.9.18付/2006年、夏のフランドル(オランダ・ベルギー)旅行の印象/オランダ編2]です。前回の[オランダ編1]に続いて記事全体をそのまま転記するか、あるいは必要に応じて誤記訂正、加除・追記などの手を入れながら[Souvenir Ser.]シリ...
 
 
 
またダマされた ヽ(`д´)ノ (Saudadeな日々)
青空の爽やかな9/16(日)、"Save the 下北沢"代表の一人、建築家・kenzoさんのお誘いで、 郊外にある、埼玉県飯能(はんのう)市立「あけぼの子どもの森公園」に子供を連れて行って来た。 ここには「ムーミン谷」という、点在する家と起伏あるビオトープが一体となったゾーン...
 
 
 
安部政権・・・対北朝鮮強硬策の目的はテロの誘発だった? (わんばらんす)
人気blogランキング   平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張ってます。 いつもクリック応援ありがとうございます! 「ま み む め も」 「m」・・・ と、他の文から拾ってコピーして書く事を
 
 
 
首班指名は芸の見せ所 (平和への結集第2ブログ)
25日の本会議で行われる見通しの首班指名選挙では、全野党が一致して小沢さんを指名するべきだという意見の方もいるでしょう。しかし、無条件での指名は少数政党にとっては得策ではないと思います。 衆院では与党が過半数を握っているため、小沢首相の実現はあり得ませ...