TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




たくさん「共謀罪反対」の激励メール・または「審議再開強行」への抗議メールかありがとうございます。ひとりひとりにお返事したいのですが、とても多くの件数にてかないません。その気持ちをくんでお許し下さい。

共謀罪については、昨日のブログに書いたように、与党のみ審議再開が行われて、メディアでもようやく報道され始めている。しかし、「28日に質疑終局、採決を行う」と公言しており、数と力で強行してくる危険性は高い。民主党は修正案を出す方向で準備を進めている。しかし、修正案を出してもその日にパッサリ採決では国会審議は死んだも同然だ。

なぜ、与党は28日にこだわるのか。その答えは、あまりに単純至極で、カレンダーの中にある。連休前の金曜日(実質、もう旅行に出ている人もいる)に強行採決したところで、翌日からは大型連休が始まる。連休中の10日あまりで「与党の横暴」の印象もすっかり薄らぐだろうという計算だ。小泉政権に痛打を与えるような「共謀罪の強行採決」を行楽シーズンの到来で埋め隠し、世論の反発を最小限に押さえようというこざかしい計算だ。「最初はグー」のジャンケンごっことさして変わらない大衆蔑視の経験則が、28日に拘泥する理由である。

さて、今日は共謀罪反対の参議院議員会館で行われる院内集会が4時から、また夕方6時からは、日弁連会館で共謀罪反対大集会があります。また、今日はチェルノブイリ原発事故から20周年にあたり、都内で開かれるイベントも案内しておきます。メールで流れてきたので紹介しておく。


PART 2:No Nukes One Love コンサート&トーク at 新宿ロフトプラスワン
2006年4月26日水曜日:19:00~ALL NIGHT
at 新宿ロフトプラスワン _¥1000+Drink
○おおえまさのり(作家、88年いのちのまつり実行委員長)
○岡野弘幹(ミュージシャン from 天空オーケストラ)
○広瀬隆 ○ナナオサカキ ○内田ボブ ○キャンドル・ジュン
○山田塊也(ポン) ○オハル from CHINE CATS
○花&フェノミナン ○下村誠 ○吉田ケンゴ
○ドクター・セブン ○海老原美恵&大村カズ
○山口ハル ○明石昇二郎 ○南兵衛@鈴木幸一


~当日予定プログラム~
19:00「'88いのちの祭」映像上映
20:30 海老原美恵&大村カズ
21:00 おおえまさのり
21:30 岡野弘幹
22:10 内田ボブ
22:40 広瀬隆
23:40 ナナオサカキ
24:10 スクランブル・トーク
「No Nukes! One Love、新しい時代の“いのちのまつり”を構想する」
おおえまさのり/山口ハル/岡野弘幹/海老原美恵/
山田塊也/内田ボブ/吉田ケンゴ/明石昇二郎/キャンドル・ジュン/
南兵衛@鈴木幸一
26:20 ドクター・セブン
27:00 CHINA CATS
27:30 下村誠,吉田ケンゴ,花&フェノミナン
~エンディング・セッション「ヤポネシア・フリーウェイ」





この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )



« 共謀罪、与党... 28日採決を... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
共謀罪廃案へ優先GO! (BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」)
TVasahi「報道ステーション」で、共謀罪特集が放送されました。 「最初はぐぅ~」ではないが今はとにかく「共謀罪廃案」へ向けて「世論」を短時間で形成することが急務だと思います。
 
 
 
共謀罪反対アクションに参加しよう!! (grevoの視点)
「保坂展人のどこどこ日記」の26日付け記事によると、与党は28日に共謀罪の採決を行うと公言しているらしく、数と力による強行手段を用いる可能性が高まっている。このような事態に対
 
 
 
共謀罪,民主党案全文掲載~これでテロ対策できるのに,網を広げるのはなぜ?! (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
民主党が,27日にも国会へ提出しようとしている共謀罪法案は,次のとおり。 ■■引用開始■■ 第六条の二 次の各号に掲げる罪に当たる行為第六条の二 次の各号に掲げる罪に当たる行為【(国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約第三条2(a)から(d) ...