TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




先週、証人喚問があり、国民の多くは「これでまさか幕引きはないよね」と考えている。しかし、自民党は「これで一段落、国会での喚問も材料が少なくてなかなかなじまない」とし、「これ以上、国会でいろいろやると捜査妨害になりかねい」とまで言って、これ以上の参考人質疑や証人喚問を拒んでいる。

もうじき、強制捜査が始まるのも間違いないだろうが、「国会は捜査当局・司直の行く末を慎重に見守ろう」というのは、俗論の最たるもので警察や検察の捜査の成果と限界をはきちがえている見方である。証人喚問の直後に開かれた国土交通委員会理事懇談会で、これ以上の調査を渋る与党に対して、私はこう発言した。

「捜査は、無数の事実の中から筋のいい案件を抽出して立件するので、点の作業である。一方で、国会の調査は無数の事実が広がる構造・背景を究明する面の解明にあり、それぞれ役綿が違う。だから、いくら捜査が始まっても全体的構造が明らかになることはないから、国会の調査と捜査は何ら矛盾しない。遠慮なくやるべきだ」

与党の中にもこのぐらいの常識はある人たちもいるはずだが、「そろそろ止めた
い」というのが本音なのだろう。橋本派の「1億円」事件は、御存知の通り村岡元官房長官の在宅起訴のみという結果に終わった。市民の代表で選ばれる検察審査会が異議を唱えたが、検察当局は聞き入れなかった。しょせん、司直とはこの程度のものでしかない。

検察側に最大限すり寄って解釈したとしても、事件を立件するか否かは検察官の判断であり、「疑惑の全容解明」が捜査の役割ではない。収集した証拠と供述にもとづいて、起訴するかどうかを決定するということだろう。

検察官が起訴した事実以外は、裁判所の調査対象にすらならない。たとえば、今回の事件に照らせば、「ホテルルート」が立件され、「マンションルート」が見送られることになるとすれば、関係者はセーフということになる。あくまでも例示しているだけで、そう予測している訳ではない。その逆もまた真なりということだ。

先週、KSD事件の村上元労働大臣への有罪判決が東京高裁判決が出たが、ここでは、旧労働省の「官職」にあった者の役割や「ものづくり大学」が故小渕総理の所信表明演説に突然挿入された経緯などは、起訴事実外なので一切究明されない。

つまり、事件とは点であり、事件の究明とは一罰百戒的なお灸でしかないということだ。人間の身体で言えば、全体が病んでいる時に水虫の治療だけして終わりということだってありえる。治療には違いないが、悪いところすべてを直すわけではない。

国政調査権は、堂々と行使すべきで捜査とは別次元のこと。「改革」を呼号して総選挙に大勝した自民党がどういう態度に出るか、世論の責任も大きい。考えてみれば、森派出身の小泉総理は、外遊していたこともあってかほとんど印象に残る発言をしていない。










この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 4 )



« 構造解析の焦... 証人喚問を与... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
テポドン大作戦に参加しませんか? (BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」)
今日の「きっこのブログ」でテポドン大作戦への参加を呼びかけている。耐震偽造問題への証人喚問を打ち切りにさせたい与党に対してテレビに働きかけることでそのたくらみを打ち崩そう
 
 
 
きっことアルファと投げ銭ジャーナリズム (踊る新聞屋-。)
 つくづく髪型にユカリのある事件なんだなぁ。ヅラ(誰か確認したのかな)建築士とリベートハゲ支店長の次は、謎のヘアメイクさんだと。  <ただの旧左翼=耐震強度偽装
 
 
 
きっこの無断転用禁止って (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
どういう意味なんだろ? 404 Blog Not Found TBもcommentも受け付けないblogなんて経由で知ったきっこのブログだけど、この記事自体がトップに書かれている【警告】当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。に自ら反してパクリとしか思えない.
 
 
 
ライブドア捜査 政界にも波紋 (maruDA.net)
<ライブドア>強制捜査 自民党幹部、堀江氏に早くも予防線 またまたお得意のバッシングマーケティングなのか…? さすがに法に抵触するまではしないと思いますが。 この人の辞書には『悪気』という言葉は無いように思える。 株もってなくてよかった。