TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




昨日の死刑執行について、各種メディアから取材が相次いでいる。鳩山大臣が、死刑執行のペースをあげて半年間で13人という大量処刑の道をひらいたことが、この国の刑事司法のあり方を大きく変化させたことは、間違いのないことだ。今後、裁判所で確定する死刑囚の数も増加していく。そして、私たちが何もしなければ、裁判員裁判でたった3日間のスピード審理の結果、死刑判決も増えるのではないか。つい先刻終わった取材は、「鳩山法相支持」「鳩山法相ガンバレ」の声がテレビ局にたくさんきたことについてどう考えるかというインタビューだった。私たちのこの国は、21世紀の初頭に世界の趨勢に逆行して「死刑の積極的推進」に舵を切っていいのだろうか。

日本で育った若者がヨーロッパやカナダなどの死刑廃止国に留学して「死刑の存在しない社会」にふれた時、何か戸惑いがあるだろうか。むしろ「日本ではなぜ死刑が存置されていて、日本人の多くが支持しているというのは本当なのか」と聞かれたら、戸惑うのかもしれない。「日本は日本だ。他の国からあれこれ言われたくない」とはねつけるのが日本政府の常套手段だが、それなら国連人権理事国など辞退すればいい。日本政府には、国際社会で「人権」を語る資格は欠如している。たとえば、イスラム諸国が死刑執行を公開して行ったり、日本の絞首刑にもまして残虐な執行方法を選択していることに対して「たしなめる」のが、国際人権の場における日本政府の役割なのだ。「俺は俺だ。文句言うな」という態度なら、理事国などと格好をつけるべきではない。

死刑はなぜあるのか。日本の学校で教育をしているだろうか。「鳩山大臣が法に従って執行しているのが正しい」という声が多いが、それなら死刑制度が存在するのに処刑を10年間停止している韓国は、間違っているのか。死刑制度を廃止した国の多くは、「制度(法)は存在するが、執行は止める」というモラトリアムの時期を長くへてきた。イギリスの死刑もまた、死刑制度が存続しながら、モラトリアムの期間をへて、廃止へと向った。鳩山流に言えば、「正義を実現しない不法な状態」を現在の廃止国はたどってきたことになる。

日本は先進的な死刑廃止国だったということは、もっと知られていいのではないか。最近、衆議院法務委員会調査室が『死刑に関する資料』をまとめた。少し引用してみたい。

「平安時代になってからは、嵯峨天皇の弘仁元(810)年9月11日、藤原仲成が死刑に処せられて後は、少なくとも朝臣(あそみ・最初は皇別の有力な氏に与えられ、平安時代に有力な氏や皇子皇孫に与えられた)について、たとえ死刑の判決が下されても別勅で、遠流に処する慣行が生れた。御白河天皇の保元元(1156)年に、保元の乱後、源為義に死刑を科するまで、26代346年間、平将門や平ら忠常が梟首された特例を除いては、実際上、死刑が執行されることはなかった」

346年も、だ。長い間、最高刑は「流罪」だった死刑廃止国だった歴史と伝統に、私たちはもっと注目してもいい。「日本は日本だ」と言う前に、日本のことをしっかりと把握し、踏まえるべきではないか。なぜ、日本は死刑を決めながらも流罪に減刑してきたのか。その奥底には、現在の終身刑の議論につながる「死刑」を極刑としながらも、ぎりぎり回避する智恵が宿っていたのではないか。

格差社会が広がり、無慈悲な競争が若者から高齢者までの心身を蝕む。その抑圧に説明はなく、圧迫から脱出する出口も見えない。死刑が犯罪の抑止力となっているという論調は、続々と後を絶たない「説明・理解不能」の衝動的・無差別殺傷事件の横行と、犯人が「死刑執行の対象となる」ことを意識していたのではないかと
指摘される事件の発生によって、すでに無力となった。

犯罪者・確定死刑囚の処刑が年中行事化して、「50人でも、100人でも平気だよ」という社会は、私は荒廃に向うと危惧している。法律を変えるのも、国会の仕事で「死刑判決の全会一致」と「終身刑創設」は、国民的な議論の俎上にすでにのぼりつつある。今こそ冷静な議論を積み上げて、実を結ぶように努力する時期だが、鳩山大臣はいまや「死刑執行ベルトコンベア」として、魔界に迷い込んでいるのではないかと心配だ。来週、できれば直接に話をしてみたい。



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 14 )



« 「裁判員制度... 「死に神」に... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
過去の死刑廃止エントリーを振り返りつつ・・ (お玉おばさんでもわかる 政治のお話)
死刑廃止論を語ると言うことはこれまで書いてきたことをまた一からなぞらねばならない・・・そういう事なのですね・・これを定期的にやって...
 
 
 
知らずに裁けますか? (akira's room)
このblogは、だいぶ前から「くらし」カテゴリーに出戻ってます。 カテゴリーにそぐわない(と私は思ってないのだけれど)話題が続いておりますが・・・。 来年からは裁判員制度が始まり、裁判に参加する(させられる?)事が、非日常の出来事ではなくなります。 前エン...
 
 
 
朝日・読売・日経さん、消費税増税を大前提にするのはおかしいでしょっ!! 福田さん、一所懸命考える気持があるなら総選挙です。 (とむ丸の夢)
今年で80云歳の知り合いのところに来た年金特別便。  生年月日が明治11年11月11日になっていたとか。  わたしゃ130歳か?! とぼやくことし...
 
 
 
小中学生に携帯電話 (現政権に「ノー」!!!)
「小中学生の携帯電話、法規制検討を」自民有志が提言へ  自民党議員の有志で作る「携帯電話から小中学生を守ろう勉強会」(会長・中曽根弘文元文相)は17日、小中学生の携帯電話所持を禁じる法規制を検討すべきだ」とする中間報告案をまとめた。  20日にも福...
 
 
 
「死刑は死刑じゃないですか」 (半哲学的談笑)
{{{: '''死刑の瞬間を放送=53年前の録音-文化放送''' AMラジオの文化放送は6日の報道特別番組「死刑執行」で、53年前に執行された死刑の瞬間が録音されたテープを放送した。テープは大阪拘置所長だった故玉井策郎氏が、死刑囚...
 
 
 
『Divided We Fall』 (喜八ログ)
『Divided We Fall: Americans in the Aftermath』はインド系米国人女性ヴァレリー・カウア(Valarie Kaur)さんが監督したドキュメンタリー映画です。米国で2006年に、英国では2007年に公開されましたが、日本での上映予定は立っていないようです。
 
 
 
間違った人に対して (政治)
みんな知らない人を軽く小突きながらこの世の中を生きている。 たまに間違って強く小突いてしまっても不思議ではない。 たまに間違って強く小突かれても不思議ではない。 一番の問題は傷つけ合わなければ生きていけない社会の現況、 間違った人が居たからとその人に大きく...
 
 
 
問責決議案で福田内閣は総辞職するべき (カナダde日本語)
昨日は朝ヨガクラスに行ってから、ブログを更新しようと思ったんだけど、雑用がいろいろとあって、更新できなかった。半分くらいまで書いた...
 
 
 
鈴木宗男さんの正論 (喜八ログ)
現在の「消費税引き上げ」論議では「まず始めに増税ありき」という議論がされています。ぬけぬけと、さも当たり前のように、「消費税引き上げ」を主張する与党の先生がたをテレビの画面で見るにつけて、「おいおい君たち、少しはモノを考えてから発言したほうがいいんじゃ...
 
 
 
秋葉原殺傷事件報道で命拾いをした人たち。国民負担=増税キャンペーン (とむ丸の夢)
 気になっていたことですが、15日のゲンダイネットがうまくまとめてくれてましたね。 「洪水のような報道で得したヤツら」です。  秋...
 
 
 
日弁連「非正規労働・生活保護ホットライン」 (喜八ログ)
明日(2008-06-21)、「派遣・パート・アルバイトなどの非正規労働の問題や、生活保護の問題」に関して無料で法律専門家による電話相談が受けられるそうです。
 
 
 
アベシVs山タフ=バトル勃発か!?アベシ曰く「日本語能力がないのではないかと思うが、…。『百害あって利権あり』」。ヤマタフ「... (晴天とら日和)
  当  ブ  ロ  グ  へ  の     皆様のご支援に感謝致します! ありがとう! 「山崎氏は百害あって利権あり!」 「山崎氏は日本語能力がないのではないか!」 変態の山タフに僕は言ってやりましたよ。キャハハハ! ('▽'*)♪ 「お前が言...
 
 
 
殺して得られるものは何か (Muse on Music.)
朝日新聞の「死に神」記事がまだ騒がれている。しかし、問題の肝心の部分をほったらかしにしたまま批判を楽しんでいるという感じがして、あまりいい気がしない。 13人の死刑執行を指揮した鳩山邦夫法相。死に神という表現がふさわしいかどうかは別としても、この法務大...
 
 
 
日本は346年間、事実上の死刑廃止国だった? (ままならねーことこのうえねー)
日本は346年間、事実上の死刑廃止国だった http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/27c56aa0c5044fee3d9d07d43be5d6ee 社民党の保坂議員が死刑廃止論者のテンプレをそのままブログに載せる→案の定賛否両論、というか否定的コメントが殺到したのか、2日後には再反論...