秘密基地

オフロードバイクのツーレポを
中心にカメ、腕時計、うどん、
商店街の話題など。
チャリンコも始めました。

SSTR2016に参加してきたよ~

2016年09月19日 | バイク
兼ねてから予告してましたSSTR2016に参加してきました~
いやぁ~2日目の帰りは豪雨で散々でした~(笑)
色々ありました。
笑って散々でしたと言えたら行って正解だと思ってましたが、なんとかその通りとなりましたよん。
ダラダラと長いですが、2回にわけるのも辛気臭いので1回でまとめて報告しまーす。
お暇なら読んで頂戴。



今回の出発地点は尼崎市立魚つり公園にしました。
尼崎の日の出は5:43です。
15分くらい前に到着すると、なんとSSTR参加者がおられるじゃないですか。
へぇ~日本全国スタート地点は瀬戸内海、太平洋側ならどこでもいいのに、
かぶりますかぁ~?(笑)
しかもBMW3台(^^;;;
お二人が仲間で、おひとりはオイラよりあとにこられたソロの方でした。
お二人の方は舞鶴若狭自動車道から一気に高速で能登半島ののろしを目指して走るそうです。
わはは、強烈な走行距離ですね。下道のオイラには無理です。

さてここでいきなり問題。
先週も練習していていて操作は万全のはずのSSTRシステムにトラブルが発生。
バイクと日の出の写真をサーバへ送信してからスタートなんですが、
ログインできないのでスタートできない状況です。
全国から一気に負荷がかかったのでサーバーがダウンしたのかもしれませんね。



日の出時刻になりました。
たまたまオイラの携帯だけログインできて写真も送信できたので
皆さまに挨拶してお先に出発させてもらいます。
またどこかで会ったらよろしくお願いします~と。



いつもの道で余野コンへ。
まだ6時ごろですが、ライダーいますね~
今日は天気が悪いのに、好きですね~(笑)
ここでもう一度、SSTRシステムにアクセスしますが、やはりダウン中。
これは困った。
道の駅や、サービスエリアで写真を送信しながら進むのがルールになっています。
それとは別に任意の立ち寄り場所の写真なんかも送信できるので、自分のオリジナルのルートが
システムの地図上にプロットされるというのが、なかなか面白いです。
オイラはオフローダーなので、あまり参加者の皆さまが行かないであろうダート林道へ立ち寄って自分らしいルートに
しようと考えていましたが、システムにアップロードできないのはとてもモチベーションが下がります。。。



ま、自分のブログ用にいつものように写真を撮りながら進みますか!
万寿越で足慣らし。
負の状況を逆に楽しむくらいの気分で行きましょう。
どうせ、壮大な遊びを1000人規模でやってるだけですからね~



そして、日置林道。
今日はカッパを着ないといけないので、ブーツは履いてきてません。
こけないようにいつもよりゆっくり走ります。
やっぱりフラットダートは気持ちいいね~
SSTRシステムが使えないので、オンラインで写真を送信する方式ではなく、
代替手段のSSTRブックへ道の駅スタンプを集めるアナログ方式に切り替えます。
去年まではこの方式だったそうです。
バックアップの方式があるので、全然問題なしです。
早速、1つ目の道の駅、ガレリア亀岡へ行きますが、まだ時間前でスタンプが置いてある扉が開きません。。。
わはは問題あるやないかーい(^^;;;;
諦めて次の場所へ。



ウッディ京北。



ここも開店前でしたが、係の人に事情を説明してスタンプだけ押させてもらいました。
やっと1個ゲット。



ここで同志発見。
サーバーの状況の情報交換。
駄目ですとかなり不安げな表情。
一人だと不安いっぱいで走ることになっちゃいますよね。
この先、彼とはところどころで再会をすることになります。
彼の宿泊先はキャンプ場なんだって。雨を心配してたなぁ。
でも、出発を決断したことに拍手だとオレは思う。
じゃあ!お先に!



r110だったかな?
曇り空だけど気分はいい。



初林道調査。
わはは、普段のツーリングとやってることがなんら変わらない。



鯖街道に出て北上。
ヒルメシの鯖寿司をゲット。
焼き鯖寿司にしました~
1500円なりよ。生の鯖寿司なら梅竹さん。焼きならココ!



くつき新本陣。
だんだんSSTR参加者が増えてきました。
わ~こんなにいるのか。
1800名以上のエントリーがあったそうです。
でも全国でなので、それほど出会うこともないのかな?と思ってましたが、
見るライダー、見るライダー、ゼッケンをつけてますね。
変な連帯感が生まれて、手をあげて挨拶しまくります(笑)



R303へ。
寒風麻生線もちょっと寄っとく?



若狭熊川宿。
ここでもライダーと情報交換。
サーバーが復旧したと。
でも中途半端に途中のデータからシステムへ参加するより、
オイラは最後までスタンプで貫くことにしました。
見ていると、システムの入力とスタンプの両方をしているライダーが多かったようですね。
次は若狭基幹林道だ!と思ってましたが、
意外に時間が厳しいのか???
割愛してちょっと先を急ぐことに。



ぐっと北上して8号線から越前街道へ入りました。
あぁ、この道は最高だわ。
晴れてたらもっと良かっただろうな~



漁港があったので立ち寄り。
釣りをしてる人がいます。



防波堤に座り込んで、ヒルメシでも食いますか。
さっき仕入れた焼き鯖寿司。
越前海岸に出たら海鮮丼を食べようかなと思ってましたが、
鯖街道を走っていてどうしても焼き鯖寿司が食べたくなっちゃったんですよね~
わはは、強烈なビジュアルでしょう?もちろん、旨いですよ(^^)
購入時は包丁が入ってないので、店で切ってくれるよう頼むのがミソです!
ここのはデカすぎる。とても食いきれないので1/3を残して出発!



道の駅越前。
写ってませんがここにもSSTR参加者が多数。
どうやらヒルメシを食べてるようですね。



呼鳥門。2回目の訪問。



福井県福井市に入ったようです。
糸崎というところだったと思います。
色気を出して国道から海沿いへ入る細い道へ進入してみます。
徒歩でしか入らない道です。
正面の島は地図で見ると亀島。
わはは、オイラの島です(爆)



海岸線の細い道。いいねいいね。



あ~最高です。
こういうところを走っているときが、一番ツーリングをしていて充実してる時ですね。



少し進むとサーキット場が見えてきました。
カート、速いなぁ。



広大ならっきょ畑。
畑は砂ですね。



道の駅 みくに。



梨を仕入れてガブリ。
1個で売ってないので3個も買ってしまった。
リュックが重いわ~
向こうについたらまた食べましょう。



広大なそば(?)畑
神社とか、古墳とかに立ち寄るより、畑に立ち寄る方がなぜか好きです(笑)
単純に広いところにくると胸がスキっとするということかもしれませんね。



福井県と石川県の県境付近。
北潟湖を見下ろす展望台。
汽水湖。周辺は風力発電が盛んです。



風車のあるところに、砂利ダートあり(^^)
オイラの中では定番になりつつあります。
これだけ非舗装路を走りながら千里浜目指してる人はいるかな~?
いや、上には上がいるでしょうね(^^;;;;;



小松付近。
道の駅 こまつ木場潟。
ここであったアドレス125のご夫婦。
さっきどしゃぶりに会ったわ~と全身ずぶぬれ。
オイラは幸運なことにここまでまだ雨に会ってません。
うそやろ???と濡れてないオイラが信じられないご様子。
あちこちで小さな雲が豪雨を降らせてる模様。
雑談中、ウッディ京北で出会ったグロムの彼が到着。
いや~、しかしここに来るまでに何人の人としゃべったでしょうか(笑)
これがSSTRなんですね~



白山、金沢と通り過ぎて、
のと里山海道の入口が近づいてきました。
同じ方向へ向かうライダーの数も増えてきましたね~



そして初めての、のと里山海道。
無料解放されている高速道路。
前回、能登半島ツーリングの際にベンリィで来た際に、
排気量制限で走れなかったことがあったので、
今回海沿いを走るこの道を楽しみにしていました。



ひやっほーーーーう~~!!!!!
眺望最高。
千里浜までこの道で突き進みます。
大型バイクのライダー達は右車線をレーザービームのように突き進んでいきます。
オイラはキャブのローギアードなアナログなオフロードバイクなので左車線を海を見ながらゆっくりと(^^)
抜かしていくバイクが手を振りながら。
これがSSTRなんですね~



そしていよいよゴールがある千里浜へ。



まずは皆さんバイクを停めて、自分のバイクの撮影。お約束やん(^^)
ここからゴールまで6.5キロ砂浜を走ることができるんです。

さぁ、今日のクライマックス。
皆さん、いろんな思いを乗せて、いろんなルートでここへたどり着いてるんですね。
特にSSTRシステムのトラブルがあったので、皆さん不安の中、たどり着いたと思います。
しめくくりの6.5キロ、走りましょう!



もちろん、一般の方の車も走ってますので、
ルールを守って安全に走行・・・・せずに右側の踏みられてない砂浜につっこんだりして
遊んでしまいました(^^;;;;



50年前は幅が100mもあった千里浜。(1年に1m狭くなってるんだとか)
年々浸食されて幅が狭まってます。
それらを復活させるための活動にもこのSSTRは協力してます。



あぁ、最高だ。
やっぱり千里浜は最高です。
ちなみにスピードメーターは壊れてます(爆)
肌でスピードは感じるものだと、ブルースリー先生もおっしゃってました。
オイラは画一的に万人に同一の制限速度を設けることに疑問を感じてます。一人一人能力に応じた適当な制限速度を設けるべきです(←アホ)



後続のライダー達。
みんなでゴールしようぜ!



一般の人やスタッフや撮影隊が手を振ってくれます。



いよいよ



ゴール!!!!!!
わははは、かなり気分がいいぞ~



ゴールを過ぎて一旦所定の駐車場へ。



主催者の風間深志さん、発見。
一緒に写真を撮っていただきました!!!!
北極点、南極点、数々の秘境にバイクで到達されてる偉大な冒険家、いやライダー。



そしてゴール会場へ。
日の入りが17:59らしくここがゴールのリミットですね。
オイラは17時前に余裕を持ってゴールしました。



おもてなしの貝汁。
塩にぎりも。



賀曽利さんだ!
ひとりひとりゴールした人迎えてるのが印象的でした。



陽が暮れてきてリミットが近づいてくると同時に
ゴールするライダーの数がぐっと増えてきました。



千里浜の海岸線をなぞるように、ライダーのヘッドライトが光ってる様は
少し感動的ですらありました。



そしてゴールを祝う花火が盛大に打ちあがり
今日のイベントが締めくくられましたよ。
天気が不安定な中、参加者が半分くらいに減るんじゃないかな?と思ってましたが、
エントリーした1800台以上の参加者で、リタイヤしたのが100台程度だったということです。
すごいなぁ。みんな雨だろうがバイクに乗るのが好きなんですね。



イベントが終わる直前まで天気がもってましたが、とうとう土砂降りの様相を呈してきました。
もうしばらくやむことはなさそう。
晩飯へ。



もうビールと海鮮でガンガン行きましょう。
カウンターで飲んでたらお隣の方と会話が弾みだしました。
地元の方だそうです。
良く、オレみたいな無精ヒゲのうさんくさい男(妻曰くトムクルーズ、ムスメ曰くカンニング竹山)
に話しかけてくだるなぁと思います。

今は関東で仕事をされてるそうで祭りだから帰ってきたと。
地元の歴史とか祭りのこととか、SSTRのことまでいろいろお話して
食事の後、まつりに一緒に行かない?と誘われました(^^)
どうせ、宿に戻っても雑魚寝で寝るだけですので、
ここは、喜んで!とお誘いに乗ることに。楽しくなりそう。



会計を済ませて外へ出ます。Aさん、御年67歳。



あれ?外を見るとどしゃぶり。Aさん、傘無し。
タクシーで祭り会場までと店員さんにお願いするもそれはできないと。
結局、祭りはあきらめようとAさん。
あ~仕方ないですね。残念。
デジカメの中の去年の祭りの写真をたくさん見せてもらったので、見たような気分になっておきます。
来年こそはと約束してお別れ。
途中まで相合傘(爆)



宿に戻ります。
周辺の旅館、民宿、キャンプ場は軒並みSSTRで満員。
オイラは勤労者総合福祉センターというところで雑魚寝でやっと予約できました。一人500円也(笑)
でも贅沢に旅館に一人で泊まるより、こちらが性分にあってます。



雑魚寝会場でひっそり二次会。
周辺の人と仲良くなりたかったんですが、
全然そういう雰囲気ではありませんでした。皆、疲れ果ててました(笑)



深夜、こんな感じ。
もう、おっさんが密集している異常地帯ですのでイビキ・歯ぎしり・寝言・オナラのオンパレードです。
カエルの大合唱です。
ベルツノガエルとサビトマトガエルとヤドクガエルとゴライアスガエルとヒキガエルを一緒に飼ったらこんな騒音でしょう(笑)
オイラはダイソーの耳栓とアイマスクを持ってきましたので問題なく熟睡。
丸腰では絶対に寝れません(爆)



翌日、完走祝賀会。
本来は千里浜でやる予定でしたが、雨なので屋内で。
風間さんと賀曽利さんと多聞さんのトークショー。

賀曽利さんはユーラシア大陸を横断してきた直後だそうです。15000km走ったそうです。
憧れますね。やってみたいですわ~
風間さんはすごい人なのにすごさを表に出さないのがすごい。
再来年は障害者によるバイクのイベントを企画されてるとか。パラリンピックのような感じね。



お待ちかね、ぐっさんライブ。
面白かった。
やっぱり気持ちをぐっと持っていかれました。
おもろくないと魅力的じゃない!
改めてファンになりましたね。



13時。
さぁ帰りましょう。
折角なので8番らーめんを食べてから帰りましょう。

途中、バイクが不調で吹けない不具合が発生して途方に暮れました。
アクセルをあけるとストールする連続。
バイクを預けて泊りかな?と思いましたよ、ホンマ。

ガス欠直前のボボボボボとくすぶった感じが続きました。
ただ待つと回復したりするので理由がわかりません。
繰り返すうちに発生する時の状況が整理できてきました。

雨が強くなるとくすぶる。さらに下り道になると現象は強く出る。
思えば豪雨にXRをさらすのが初めてだったのです。
当初、燃料がうまく流れてないことを疑って、しかも雨で発生した事象なので
ガソリンタンクのキャップからの空気穴が雨でふさがったことで
燃料が流れないんだと想定しました。
ストールする現象が発生するごとにガソリンキャップを開けて空気を取り込みますが、
改善せず。エンジンを切って再度かけ直すとしばらくは好調が続きます。

スパトラマフラーをつけてるのでマフラーからの水の逆流も疑いました。
これは下りに減少が悪化するということから推定しましたが、
一旦水が浸入したら雨がやんだら改善するということで、これはないと思いました。

総合して考えると、プラグ内に水が浸入して失火してるということで
結論づけました。プラグはエンジン前方向にあるので雨の強弱で影響を受けるのは納得できます。
小雨になってエンジンをかけて、思い切り吹かしながらプラグを乾かすと
しばらく走れますが、雨が強くなるとストールして停車。
下りになると角度的にプラグキャプ付近に水が流れやすくなるのかもしれません。
これを繰り返しながらなんとか自宅にたどり着きました。
バイパスで急にストールして停車するときなどは後続車両に追突されないかと
冷や汗ものでした。
もちろん、高速道路には怖くて乗れませんでした。
13時から22時まで9時間、ずっと豪雨に打たれ続けながら匍匐(ほふく)前進。
京都付近で雨が小雨になったので、命からがら帰宅できました。

先日の北海道の最終日、サロマ湖から小樽までの雨に打たれながらの8時間よりきつかったです。



帰宅してムスメちゃんとシャンパンで完走祝いのカンパーイ。
行きは396km
帰りは333kmでした。



今年のSSTRは初参加。悪天候で参加を迷いましたが、参加して良かったです!
自身のバイクの不調、完走できた云々という小さなこととは別次元で、
完走祝賀会に参加できたのが、一番充実した気分になれました。
風間さん、賀曽利さんの話を聞いていて、どうせバイクに乗るなら自分の目標もしっかり立てないとダメだし、
さらには社会貢献についても少しは考えないといけないなと思うようになりました。
欧米諸外国は日本よりそういう考え方が定着しているのだとか。
また、それとは逆に自分だけの趣味としてのツーリングもまたライダーとしての誇りをもって続けていけたらなと思いました。
とかくバイクのイメージは悪く言われがちですが、
実際はバイクに乗ってる人はマナーがいい人が多いですね。
そして何より、やらないで後悔するよりやって後悔した方がいいという試みが旨く行ったのが( ̄ー ̄)ニヤリ

SSTRのスタッフの皆さまの尽力には頭が下がる思いです。
毎年参加者が倍増しているそうです。
風間さんのメッセージが広く伝われば
ライダーが世間から尊敬のまなざしで見られる日も遠くないかもしれませんね~
あ~参加して良かった!!



ジャンル:
ドライブ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 週末の天気は? | トップ | 降る前に近場をサクっとツー... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みぃ)
2016-09-19 17:30:09
ツマホの調子が良くても大元がだめじゃーね。
トラブル続きだったということですが、トラブル対処する経験は練習できないから貴重。
って言うのは簡単だよねー。おつかれさまでした。
何回か参加するとスカッとする回があるのでしょうね。
(行きも帰りも大変そうなのを拝読したら、無謀だったチュー企画が倒れて良かったわ。)
今までの自分から亀のように脱皮して、新しい自分の魅力にも気がついてね!
Unknown (ひじり)
2016-09-19 17:56:21
お疲れ様でした。

ゴール後の雨は、テント泊の方々には辛いと思いきや、大変なりに楽しんでたようです。
こんな時、雑魚寝でも宿で良かったかもですね。(^^;)

プラス林道も楽しむのは、かめはめはさんらしいです。(*^^)v
SSTRお疲れ様でした (GROMの彼)
2016-09-19 22:02:06
ウッディ京北でお会いした、GROM乗りです。SSTR雨の中お疲れ様でした。雑魚寝の方もなかなかの状態ですね。雨のキャンプは大変でしたが今はいい思い出です。完走祝賀会はキャンセルして帰ったのですが、風間さん、賀曽利さんの話は聞いとけば良かったと後悔してます..目標をもって走る、考えたことなかったです。ちょっと考えさせられる言葉でした。それではまたどこかでお会いしましょう。
大変なれど (team1326)
2016-09-19 22:44:54
面白そ~で挑戦してみたいですね~(^o^)
寒風麻生線やら呼鳥門やら懐かしいとこも出て来て、より親近感が湧きます!林道経由ってのがかめはめはさんの真骨頂ですね!

私ならドコをスタートにせなアカンのかな?
日本海なら近いんですけど、一旦南下せなあきませんな(-_-;)    お疲れさまでした!
Unknown (かめはめは)
2016-09-20 16:04:59
★みぃちゃん
バイクに乗るようになってちょっとしたトラブルに直面することがありますが、自分の考え方次第でずいぶん今起こってることの重大さが左右するもんですね。もう一人の自分が笑っていればトラブルもブログネタに変わります(笑)足の骨が折れたときももうひとりの自分が、わははネタや!と笑ってましたよ。
ゴール前はマイクで実況されてる状態だったのでチューはやめといて良かったね(爆)
Unknown (かめはめは)
2016-09-20 16:09:16
★ひじりさん
青いセローは見つけられませんでしたわ。想像以上にすごい数でした。
キャンプは逆境だったでしょうが、それがまた非日常的で面白さにつながったのかもしれませんね。
さすがに林道でゼッケンつけてる人は見なかったですね~
Unknown (かめはめは)
2016-09-20 16:17:25
★GROMの彼さん
あの時の?
これは良く来てくださいました。お疲れ様でした!
やはりキャンプはされたんですね。設営と撤収時に降ってると凹みますが、
設営が終わってしまえばテントを打つ雨音もいいBGMですよね。
雑魚寝はいびきがすごかったですが、気温が高くなかったのでまずまずの居心地でしたよ。
トークショー面白かったですよ。私はバイク単体には興味がなくてバイクに乗って”何をするか”の方に普段から興味があるので、風間さんや賀曽利さんの話は面白くて仕方がなかったです。
たぶん近所なのでまたどこかでお会いできたらよろしくお願いします!
Unknown (かめはめは)
2016-09-20 16:22:48
★team1326さん
ただ単にゴールすることが目的じゃなくて一人一人自分なりのツーリングラリーを組み立てられるというところにこのイベントの伸びしろを感じます。
万人が万人の楽しみ方ができるなんてかなり斬新な企画ですわ。
team1326さんなら私が想像するにカットビ系なので参加者で一番ダートの距離数を走ったライダー1位を目指されるかな~と想像しますね(^^)
オツカレサマでした! (まんと)
2016-09-20 23:22:02
いや~、私も一緒に走ってる気分で読ませてもらいました。
千里浜まで行くのに万寿越え抜けて行くのはかめはめはさんならでは(笑)
これだけ林道走ってよく日没前にたどり着きましたね~ソロだから無駄な時間使わずに効率よく進めたんでしょうね~
そしてゴールのゲートの写真見たら、私も感動しちゃいました。こりゃ行ってみたいですわ~

帰りはトラブルかかえながらの走行で辛かったことでしょうね~
それでもなんとか自走して帰ってこられたのは何よりです。
私のゼファーも高速道路でアクセル開けて走っていると時々ガス欠症状が出てエンストするんですよ~
この前バイク屋さんに見てもらったら、キャブの負圧のホースに穴が開いているのが発覚して、それが原因でうまくガソリンが落ちてこなくなっていたのではと予想。今検証中です。
かめはめはさんのXRもはっきりと原因究明できたらいいですね。

雨天決行上等!楽しいこともツラいこともいっぱい詰まった今回のツーリングは記憶に残るのではないですか~

Unknown (しんちゃん)
2016-09-21 12:33:31
トムクルーズさん、お疲れ様です。(笑)

サバに鯖を被せてくるあたり流石です~
それに、雨に合わずにゴールするなんて、なんてテルテル坊主なの~

砂浜にできたバイクのヘッドライトの列は感動っすね。

帰り道は、バイクの調子が悪かったみたいで、すごく伝わってきましたよ。
調子悪いと、生きた気がしないですもんね。

自分は、無精ひげはジャンレノかなって思ってたんだけど。。。

コメントを投稿

関連するみんなの記事