国際競走研究分室

 リゲイン総合研究所

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

統合中

2008年01月01日 00時00分00秒 | Weblog
国際競走研究分室専用掲示板
JRA国際競走増設計画推進年表
1981年 (国際招待)(混合)ジャパンカップ創設。ステップ競走としてOP平場戦の国際招待競走(富士Sの前身)も施行される。
1984年 グレード制導入によりジャパンカップがG1格付けとなる。オープン平場戦の国際招待競走が富士SとしてOP特別競走化。
1992年 JRAが外国産馬の出走制限緩和計画(-1996年)を発表し、国際競走を1996年迄に現行の2レースから17レースまで増設する案を策定するが後に8ヵ年計画(-1999年)に修正され1999年迄に国際競走を12レースに増設する計画となる。ジャパンカップは1992年2月に国際G1に認定。
1993年 (春季)安田記念(G1)が国際競走化(3)。
1994年 京王杯SC(G2)及びスプリンターズS(G1)が国際競走化(5)。
1995年 (秋季)産経賞オールカマー(G2)が国際競走化(6)。>
1996年 (秋季)毎日王冠(G2)が国際競走化(7)。
1997年 (秋季)鳴尾記念(G2)、(春季)宝塚記念(G1)が国際競走化(9)。
1998年 (秋季)スワンS(G2)、(秋季)マイルCS(G1)が国際競走化(11)。
1999年 (秋季)エリザベス女王杯(G1)を国際競走化(12)して「第1次国際化計画」が完了。

    新たに(第2次)国際化5ヵ年計画が発表され、国際競走を2004年迄に現行の12レースから24レースに倍増する案を策定。
2000年 金鯱賞(G2),武蔵野S(G3)、JCダート(新設)及び中山GJが国際競走化し鳴尾記念が国際競走から外される(15)。
    JC優勝の□外に限定して有馬記念への(優先)出走を認める。
    天皇賞(春)及び天皇賞(秋)に○外出走枠が設定される。
2001年 高松宮記念(G1)、キャピタルS(OP)、ペガサスJS(新設)が国際競走化(18)。
    宝塚記念が国際G1、京王杯SC及び毎日王冠が国際G2に認定。(国際認定4)
    東京優駿(日本ダービー)及び菊花賞に○外出走枠が設定される。
2002年 (春季)阪神大賞典(G2)、(春季)日経賞(G2)が国際競走化。キャピタルSが代替開催に伴い国際競走から外される(19)。
    (春季)阪神大賞典が国際G2、(秋季)富士S及び(秋季)武蔵野Sが国際G3に認定(国際認定7)。
    皐月賞に○外出走枠が設定される。
2003年 (春季)産経大阪杯(G2)、(秋季)京都大賞典(G2)が国際競走化。キャピタルSが再び国際競走化(22)。
    京都大賞典が国際G2に認定(国際認定8)。
    優駿牝馬(オークス)に○外出走枠が設定される。
2004年 (春季)読売マイラーズC(G2)及びCBC賞(G2)が国際競走化(24)。
    桜花賞に○外出走枠が設定される。
     (春季)安田記念(G1)、(秋季)マイルCS(G1)が国際G1格付認定、(春季)産経大阪杯(G2)、(春季)読売MC(G2)が
    国際G2格付に認定さる。(国際認定12、内G1は4番組)

2004年11月第3次国際化計画発表


※日本はPART2からPART1への格上げを狙い2004年から地方交流重賞を巻き込みながら新たなアクションプログラムを稼動する。

※だがPART1を目指す日本の姿は常任理事国入を目指す日本に相似形なのも事実だ。

※JRA海外進出計画の青写真・・・テーマ性「インターナショナル・ボーダーレス」

◆日本競馬に関わる勝馬投票券の海外発売システムの構築

◆欧州、米国、アジア、オセアニア地区における競馬の勝馬投票システムの統合及び世界標準化の先導。

◆国内生産馬の海外への販促。

◆もしかすると「レイティング別定」などというグローバルな斤量規定が出現するかもしれない。その「経過措置」として「グレード別定」への完全統一を避け「賞金別定」を国際競走に援用している可能性が高いのではないだろうか。

カウンター


コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

海外レース結果

2007年02月21日 21時16分39秒 | 海外レース結果
◎2月17日に行われたMVRCオーストラリアS(豪G1/3歳以上)は、MISS
ANDRETTIが優勝。

・MISS ANDRETTI(牝6)
父:Ihtiram /母:Peggie's Bid /母の父:Marooned

---------------------------------------------------------------------
・全米サラブレッド競馬協会並びに全米競馬記者協会は、今月16日に毎年米国の各代表馬等に贈られるエクリプス賞に、2007年度から最優秀スプリント牝馬部門を新設すると発表。これは今年のBCからBCフィリー&メアスプリント(3歳以上牝)が新設された事を受けてのものと思われる。また今後も最優秀芝3歳、最優秀芝マイルなどの部門の新設も検討されている模様。

・現役時代の1990年にハリウッド・ダービー(米G1などを制する活躍を見せていたItsallgreektome(牡20)が、今月15日に死亡。死因は老衰との事。

・2004年のサンタ・マリアH(米G1)等を制する活躍を見せていたStar Parade(牝7)が現役引退へ。今後は繁殖入りするとの事。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外レース結果

2007年02月14日 21時14分51秒 | 海外レース結果
◎2月10日に行われたラ・ヴァージェニスS(米G1/3歳牝)は、
RAGS TO RICHESが優勝。

・RAGS TO RICHES(牝3)
父:A.P. Indy /母:Better Than Honour /母の父:Deputy Minister
---------------------------------------------------------------------
◎10日に行われたサンタ・マリアH(米G1/4歳以上牝)は、SUGAR SHAKEが優
勝。

・SUGAR SHAKE(牝4)
父:Awesome Again /母:Skipping Around /母の父:Skip Trial
---------------------------------------------------------------------
◎10日に行われたWaiRCワイカト・ドラウト・スプリント(新G1/3歳以上)は、
DARCI BRAHMAが優勝。

・DARCI BRAHMA(牡5)
父:Danehill /母:Grand Echezeaux /母の父:Zabeel
---------------------------------------------------------------------
◎10日に行われたWaiRCインターナショナルS(新G1/3歳以上)は、
SIR SLICKが優勝。

・SIR SLICK(セン6)
父:Volksraad /母:Miss Opera /母の父:Paris Opera
---------------------------------------------------------------------
◎10日に行われたMRC・C.FオーアS(豪G1/2歳以上)は、EL SEGUNDOが
優勝。

・EL SEGUNDO(セン6)
父:Pins /母:Palos Verdes /母の父:Oak Ridge
---------------------------------------------------------------------
・現役時代の1987年にリュパン賞(仏G1)等を制し、引退後は種牡馬としても
成功したGroom Dancer(牡23)が、今月6日に繋用先の英国で死亡。主な産駒に
2004年の伊ダービー(伊G1)を制したGroom Tesse、1996年の4歳牝馬特別(西)
(日G2)を制したリトルオードリーなどがおり、日本での供用中には1999年の
クイーンS(日G3)を制したエアザイオンなどを輩出した。

・現役時代の1996年のクイーン・エリザベス2世S(英G1)等を制する活躍を
修め、引退後は種牡馬となっているMark of Esteem(牡14)が、生殖能力の低下
が見られるとして交配を無期限に停止。同馬は2年前に疝痛による手術を受け
た際に睾丸を摘出していたが、昨シーズンは問題なく種付けが行われていた。
しかし最近の検査で生殖能力の低下が認められて今回の処置が取られたとの事。
同馬の主な産駒には、2006年の英ダービー(英G1)を制したSir Percy、2006年
のナンソープSを制したReverence等がいる。
---------------------------------------------------------------------
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外レース結果

2007年02月07日 21時11分19秒 | 海外レース結果
◎2月3日に行われたVRCライトニングS(豪G1/2歳以上)は、
MISS ANDRETTIが優勝。

・MISS ANDRETTI(牝6)
父:Ihtiram /母:Peggie's Bid /母の父:Marooned
---------------------------------------------------------------------
◎3日に行われたドンH(米G1/3歳以上)は、INVASORが優勝。

・INVASOR(牡5)
父:Candy Stripes /母:Quendom /母の父:Interprete
---------------------------------------------------------------------
◎4日に行われたセンテナリー・スプリント・カップ(香港G1/3歳以上)は、
SCINTILLATIONが優勝。

・SCINTILLATION(セン7)
父:Danehill /母:Subterfuge /母の父:Machiavellian
---------------------------------------------------------------------
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外レース結果

2007年01月22日 20時32分42秒 | 海外レース結果
◎1月20日に行われたWRCテレグラフH(新G1/3歳以上)は、DARCI BRAHMA
が優勝。
・DARCI BRAHMA(牡5)
父:Danehill /母:Grand Echezeaux /母の父:Zabeel

・昨年の12月10日に香港で行われた香港スプリント(香港G1)に出走を予定し
ながら、禁止薬物の検出で同レースの出走を取り消されたオーストラリアの
Takeover Target(セン8)が、今月の19日に香港競馬を統括する香港ジョッキー
クラブより罰金の処分を受けた。罰金を課せられたのは同馬を管理するJoseph
Janiak調教師で、金額は20万香港ドル(約300万円)。同馬は既にオーストラリア
に帰国しており、今年の4月に開催予定のTJスミスS(豪G1)から始動する
と見られている。

・昨年の愛セントレジャー(愛G1)等を制する活躍を見せていたKastoria(牝6)
が現役引退。今後は繁殖入りするとの事。
・2005年のビヴァリーD.S(米G1)等を制する活躍を見せていたAngara(牝6)
が現役引退。今後は繁殖入りするとの事。
・2005年のヴァニティーH(米G1)等を制する活躍を見せていたSplendid
Blended(牝5)が現役引退へ。今後は繁殖入りするものと思われる。

・2006年の米国3冠戦線の主役で、プリークネスS(米G1)のレース中に酷い
故障を発症して戦線を退き療養しているBarbaro(牡4)が、今月上旬に左後脚の
蹄を傷め、患部の除去手術を受けた。同馬は手術の前週に装着していたギブス
を交換する処置を受けたが、その際に蹄に炎症を起こした事が原因との事。そ
の後の経過は順調で、右後脚に負担を軽減するためのギブスが装着されたが、
自分で馬房内を歩き食欲も旺盛など、回復の兆しを見せている。
・現地時間22日、2006年度の米国年度代表馬等を決めるエクリプス賞が発表さ
れた。各部門の受賞馬は次の通り(馬齢は2006年現在)。

◎年度代表馬、最優秀古牡馬
・Invasor(牡4)
父:Candy Stripes /母:Quendom /母の父:Interprete
主な勝ち鞍:BCクラシック(米G1)

◎最優秀2歳牡・セン馬
・Street Sense(牡2)
父:Street Cry /母:Bedazzle /母の父:Dixieland Band
主な勝ち鞍:BCジュヴェナイル(米G1)

◎最優秀2歳牝馬
・Dreaming of Anna(牝2)
父:Rahy /母:Justenuffheart /母の父:Broad Brush
主な勝ち鞍:BCジュヴェナイル・フィリーズ(米G1)

◎最優秀3歳牡・セン馬
・Bernardini(牡3)
父:A. P. Indy /母:Cara Rafaela /母の父:Quiet American
主な勝ち鞍:プリークネスS(米G1)

◎最優秀3歳牝馬
・Wait a While(牝3)
父:Maria's Mon /母:Flirtatious /母の父:A. P. Indy
主な勝ち鞍:アメリカン・オークス(米G1)

◎最優秀古牝馬
・Fleet Indian(牝5)
父:Indian Charlie /母:Hustleeta /母の父:Afleet
主な勝ち鞍:ベルデイムS(米G1)

◎最優秀芝牡・セン馬
・Miesque's Approval(牡7)
父:Miesque's Son /母:Win Approval /母の父:With Approval
主な勝ち鞍:BCマイル(米G1)

◎最優秀芝牝馬
・Ouija Board(牝5)
父:Cape Cross /母:Selection Board /母の父:Welsh Pageant
主な勝ち鞍:BCフィリー&メアターフ(米G1)

◎最優秀障害馬
・McDynamo(セン9)
父:Dynaformer /母:Rondonia /母の父:Monteverdi
主な勝ち鞍:BCステイプルチェイス(米G1)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加