えかきのほんね

画家 ⋆ 對馬有輝子のアートとツブヤキ

~宇宙のカケラ~

2016-12-28 17:53:37 | アートの話
2016年10月

前半:岡山、後半:浜松、
2カ所連続で「空間アート展」を開催しました。



今年は、私にとって
【新しいことをスタートさせる絶好の年】

チャレンジの年でもあり、
イメージチェンジの年でもあって、
ちょうど、2007年と似たような流れが生まれる年でした。



2007年は、ニューヨークへの売り込み開始した年。
溢れ出る情熱を胸に、英会話ジオスに通い、

その上、生まれて初めて、
パーマネントウェーブをロングの髪でトライ♪



考えてみると、2007年の「スタート年」に開始した
英会話も、ロングのパーマネントウェーブも
未だに継続中…。



さて、今年はどんな新しいことができただろうか…。

ふと、そんなことを考えていると、
知人から一言…
「宇宙空間を表現し始めたじゃないですか」と。

ああ!!(*◎_◎*)



額の中に収めたアートを愛でる…というシステムを乗り越え
空間そのものに、1ピース1ピース
命を吹き込んだ、空間アート。



そして、今年は生まれて初めて、オーストラリアの音楽家の
コンサートポスターのために、「天使の全身像」を制作。

その作品は、様々なところで、
化学反応を引き起こす結果に…



「あなたは今、何が描きたいの?」
東京個展を指揮して下さる、プロデューサーからの質問。

「天使…突き詰めれば、羽根が描きたい!」

「なるほど…じゃあ、鳥ですね!!」



偶然にも、2017年は「酉年」
しかも、「丁酉」(ひのととり)(火弟+金)これは強い!!



来年の2017年4月に
東京の世田谷区で個展が決まりました。

そこに並ぶ作品は、「鳥」
どんな世界が広がるか…

自分でも未知なるチャレンジですが
次の「チャレンジの年」2025年の自分へ
良いバトンを渡せるように、ベストを尽くしたいと思います☆


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「対話する惑星」  ◆御礼状◆ | トップ | 「天使の羽根」ができるまで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。