新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

夏の稜線

2017年06月17日 14時33分30秒 | 写真と俳句

 昨今の政界のテイタラクのお粗末なこと。驚きを越えて、嘆き節を唸りたい。

 政治主導の気概まではよかったのだが、すぐに有頂天になってまるで傍若無人。

 自民一強を超えた安倍一強の弊害なのか。

 緊迫した国際状況の中にあって、日本はどのようにして自立自存をはかるのか。

 アメリカに従属しているポチのような戦術だけが見えて、自立の気概も戦略もとんと見えぬ。

 憲法問題にしても、かけ声や犬の遠吠えが聞こえているだけ。

 やはり日本人は平和ボケなのか。

 夏山の稜線は力強くて頼もしい。ここぞという折りの立ち居振る舞いを知っているのだ。

   湖に夏の稜線突入す    ひよどり 一平 

 

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和の歌と平成の歌 | トップ | 時間を上手に使う! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (史朗)
2017-06-17 20:59:45
平和主義・積極的平和主義・錯覚的平和主義・盲目的平和主義・痴呆的平和主義~「平和主義」という言葉の定義すらはっきりしていない現状にいろいろな(これ以上)解釈がありますね。

わたしなどは「情緒的平和主義者」に近いいわば平和ボケです。でも「欺瞞性平和主義」には騙されないようにしたいものです。
これ以上は「新法」に触れそうで言えませんが。
史朗さんへ (ひよどり)
2017-06-19 14:56:20
果たして新法がどのように運用されて行くのか、
しっかりと見守って行くべきと思います。
『欺瞞性平和主義」とは面白いことを仰有いましたが、
しっかりと見据える必要があるのでしょう。
私としては、「平和のため」と称する欺瞞や怠惰を見逃さずにいたいと思います。

コメントを投稿

写真と俳句」カテゴリの最新記事