新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

しりとり俳句(大汐会余聞2)

2017年07月14日 06時08分55秒 | 写真と俳句

    朽ちかかる父母なき庭の鉄線花   Y.Yさん

   夏草や帰還果たせぬ鉄兜   ひよどり 一平

 昔の仕事仲間との大汐会。今年は44回目であった。

 会が44回も続いているのは、ひとえに幹事(Y.YさんをはじめH.K さんたち)の人柄と努力の賜物。

 Y.Yさんは多才で、ゴルフやら絵画やらと得意技は多い。

 近頃は俳句の会に属し、日夜、五七五と取り組んでいる様子。

 彼と私の間で、先頃からメールを使って、「しりとり俳句」を始めた。

 前の句から一字を頂き、その字を入れて次の句を作るという簡単なもの。

 もうかれこれ数十句程度にはなったろうか。

 一例を紹介します。

  朽ちかかる父母なき庭の線花  Y.Yさんの句

   前の句の「鉄」を頂き、

  夏草や帰還果たせぬ兜      ひよどり 一平

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悲しみの現れ方 | トップ | 思うこと多し »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (太郎ママ)
2017-07-14 07:19:31
「夏草や帰還果たせぬ鉄兜」  

まぁ、素敵なしりとり句会ですね。
楽しいですねぇ。    
太郎ママさんへ (ひよどり)
2017-07-14 22:29:42
しりとりは無理に作るところがあるので、それなりに楽しいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む