新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

流速の冷まじき

2016年10月19日 16時43分17秒 | 写真と俳句

 私は眠ることが不得手であるし、好きでもない。眠らないで済むものなら、起きていたい。

 眠いから寝床に入るということはない。時間が来たから寝床に入るのだ。

 寝床に入ったからと言って、すぐに寝息を立てることはない。暫くは読書の時間。

 こんなことを長年やってきた。身体にいいはずはない。

 そのせいかどうか、二年ほど前に四度目のガンを患った。取り除いたので、一応、今は元気だ。

 なんのかのと言いながらも、とうに八十歳を幾つか超えた。

 もうそろそろかなァと思ってはいるが、さーて自分のことながら、先のことは分からない。

 悟り切ったようなことを言っているが、いつ死んでもいいと思っているわけではない。

 出来るなら、もう暫くはこの世にいたい。恋もしたい。

 このようなことを言ったとたんに、お迎えが来るかもしれない。それはまた寿命だから仕方がない。

    倒木を食む流速の冷まじき   ひよどり 一平

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 運動会 | トップ | 思案に暮るる »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (畦夢̴)
2016-10-20 05:36:57
倒木を食む流速の冷まじき   ひよどり 一平

眠られぬ夜は色々考えますが・・
私はまだよく眠る方かもしれません。
何だか生への執着心も薄れたようにも思うのですが、
それもいざとなったらわかりません(笑)。
Unknown (たんと)
2016-10-20 11:14:31
眠らないで済むとはウラヤマシイ限りです。
ワタシは晩酌が終わればコクリコックリ。
早々とダウンです(笑)。
Unknown (太郎ママ)
2016-10-21 07:19:37
うっふっふっふ・・・
生きることに貪欲ですねぇ。
良いことですよ。
この世は修行の場ではありますが、
楽しいこともたくさんありますもの。
いつもでもシなど忘れていてくださいね。
畦夢さんへ (ひよどり)
2016-10-28 19:05:16
確かに、生への執着が薄くなった感じがしています。
生き切ったというほどの充実感があるわけではありません。
今後に対し、格別の夢がないからかもしれません。
たんとさんへ (ひよどり)
2016-10-28 19:08:22
寝付きがいい人がとても羨ましいです。
もっとも、この頃の私は、晩酌をストップしています。
その要素が大きいかとは思いますが、
とにかく昔から睡眠が下手だったのです。
太郎ママさんへ (ひよどり)
2016-10-28 19:15:14
確かに、よそ目には貪欲かもしれません、
でも、法外な望みを持っているわけではありません。
極く極くささやかな生き方です。
まだまだし残したことがあるような気分です。
しかし、天国への辞令を渡されれば、
あっさりと従うつもりです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む