新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

唐変木の恋

2017年07月13日 00時02分18秒 | 写真と俳句

 私が愛読している小説の主人公は、日ごろカミさんから「唐変木」と言われている。

 仕事一途で面白味のない「わからずや」という意味合いで言っているらしい。

 私はそんな主人公が大好き。

 そのカミさんは、「唐変木」の胸の奥に、密かな恋が芽生えていることを知らない。

  相手の女性はかなり年下の部下。唐変木の気持ちが通じるかどうかは微妙だ。

  サルビアや唐変木の胸燃ゆる   ひよどり 一平

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万緑 | トップ | 悲しみの現れ方 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (畦夢̴)
2017-07-13 06:44:02
サルビアや唐変木の胸燃ゆる   ひよどり 一平

物語性があって楽しい俳句ですね。
ご自身の経験も重なっているのでしょうか。
どのような展開が待っているのか気になりますね(笑)。
Unknown (太郎ママ)
2017-07-13 07:44:58
「サルビアや唐変木の胸燃ゆる」

どうあろうと恋のできる余裕が羨ましい限りです。
面倒・・・が先に立つようでは面白くないですね。
Unknown (史朗)
2017-07-13 10:22:28
今朝日本テレビで「誤嚥性肺炎予防」をやってました。要は「喉ぼとけ」を鍛えるといいとのことです。
そういえば詩吟仲間でこの病気になった人は身近にはいません。誤嚥は就寝中に唾液を飲むことで突然発症するケースが多いといいます。

「詩吟」いちどわたしの詩吟を聴いてください。
カラオケもついでに・・・敷居が低いことを実感しますよ。埼玉のどちらでしょうか?伺いますよ♪
メールcojo4ro@outlook.com
Unknown (たんと)
2017-07-13 15:52:16

ひよどりさんの実体験話かと推察しましたが
そうでもなかったですか(笑)。

コメントを投稿

写真と俳句」カテゴリの最新記事