新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

ほのかな揺らぎ

2017年03月07日 12時00分08秒 | 写真と俳句

 私にとって馴染みの岩だが、季節によっていろいろな表情を見せてくれて楽しい。

 そこに生えている植物の姿形も異なり、水面の岩影にも季節の違いが表れる。

 もちろん、じっと眺める私の気持ちによっても、脳内に結ぶ岩の像は大いに異なってくるに違いない。

 希望に燃えているとき、失望しているとき、悩んでいるとき、岩影はいろいろな姿を見せてくれているはず。

   岩影の仄かな揺らぎ春の水    ひよどり 一平

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迎賓館遊心亭の見学 | トップ | 男の誤算 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たんと)
2017-03-07 17:17:32

苔の状態からして相当な年代モノのようです。
ゆらゆら揺れる水面を眺めるのもオツなものです♪
たんとさんへ (ひよどり)
2017-03-07 23:01:50
ゆらゆら揺れる水面を見ていると、ぼーっとして外の世界を感じます。
ある種の命の洗濯になります。
Unknown (畦夢)
2017-03-08 05:45:14
岩影の仄かな揺らぎ春の水    ひよどり 一平

苔生す巌・・水面に揺れる景色もまた素晴らしいですね。
私もこんな光景が大好きでときどき時間を
忘れて眺めています。
Unknown (太郎ママ)
2017-03-08 06:51:30
 「岩影の仄かな揺らぎ春の水」

本当ですねぇ。
その時の気分次第で風景も違って見えます。
心身ともに健康でありたいです。
畦夢さんへ (ひよどり)
2017-03-08 09:51:12
寒くさえなければ、このようなところで、しばらくじっとしていたいですね。
揺らぎがとても良いです。
不安定の安定感とでも言うのでしょうか。
太郎ママさんへ (ひよどり)
2017-03-08 09:54:39
心身共に健康でありたいのですが、
身のほうの不健康はもはや如何ともしがたく、
それを心がどこまでサポートするかというのが私です。
私にとってのテーマです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む