新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

位が高い

2017年04月25日 17時59分02秒 | 写真と俳句

 過日、春紫苑(はるじおん)は「放っておけない花」なんぞと告白してしまった。

 姫女苑(ひめじょおん)、コスモス、夕顔なども放っておけない花たちです。

 椿の花も好きな花であり、気になる花なのですが、そっとして置いたほうがいい。

 散り際の汚れには眼を背けたくなりますが、気位の高い花なので、言葉を掛けようものなら、ピシャリッとされそうです。

   白椿落ちて位を失はず   ひよどり 一平 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渚は泣き虫 | トップ | 事情は知らず »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (畦夢)
2017-04-26 05:41:02
白椿落ちて位を失はず   ひよどり 一平 

思い返して見ると確かにそんな感じがあったような気がします。
品位でしょうか、夏椿なんかもそんな雰囲気がありますね。
Unknown (太郎ママ)
2017-04-26 07:49:57
「白椿落ちて位を失はず」

いつも若々しい発想ですね。
畦夢さんへ (ひよどり)
2017-04-26 10:00:53
白椿の気位の高さには圧倒されまっす。
特に白椿。
落ちてなお光っているのですから凄いです。
太郎ママさん (ひよどり)
2017-04-26 10:02:51
「若々しい」とはありがたいお言葉です。
が、しかし、いつも、よれよれになって考えています。

コメントを投稿

写真と俳句」カテゴリの最新記事