新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

まだ早い

2017年04月21日 00時00分31秒 | 写真と俳句

 「幾つまで生きるつもりだい?」と訊かれたら、

 「分かるもんか。百まで生きるとして、まだ十数年も先の話なんだぜ」と答えようか?

 でもこれ、答えにはなっていないやね。チンプンカンな迷走問答だ。

   続きたる同齢の死よ紫木蓮   ひよどり 一平

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歓びの形 | トップ | 放っておけない »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (畦夢)
2017-04-21 04:44:50
続きたる同齢の死よ紫木蓮   ひよどり 一平

ふっと先に逝ってしまった同期の友のことなどを
思うことがあります。
そんな時は自分はいつまで・・とも思いますが、答えはやり出ませんね。
いずれにしてもそんな年齢になったということでしょうか(笑)。。
Unknown (太郎ママ)
2017-04-21 06:52:15
 「続きたる同齢の死よ紫木蓮」

いずれは我が番・・・・とはいえ、まだまだ未熟なので、もう少し。
Unknown (たんと)
2017-04-21 16:17:20
同年のみならず年下までもが先に逝ってしまってるのを
身辺で見聞きしていると、複雑な気持ちになるときありますね。
まあ、そのうちに。それが当面の答えとしていますが。
畦夢さんへ (ひよどり)
2017-04-25 21:36:25
60代の頃は、なんとなく70代を死期として感じていました。
病気を重ねながら、うかうかと80代に入ってしまいました。
こうなったら、行くところまでと思っています。
太郎ママさんへ (ひよどり)
2017-04-25 21:39:37
もうすぐかも知れないし、5年先かも知れません。
幾つかの病気を乗り越えてみたら、
先が見えなくなった感じです。
たんとさんへ (ひよどり)
2017-04-25 21:42:46
実力とか頃合いとかはあるのだと思います。
しかし、意外に短いかも知れないし、結構長いのかも知れません。
読めなくなったし、読まないことにしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む