新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

2016年12月20日 14時08分46秒 | 写真と俳句

 「無くて七クセ」と言うほどなのだから、誰しもなにがしかのクセを持っている。

 私にも幾つかあって、治そうと思っても直らないクセや、今さら治す気にもならないクセがある。

 誰かに指摘され、はじめて、「へ~、そんなクセがあったんだァ」、と思わせられたクセもある。

 カラオケで歌っているとき、マイクを持っていないほうの手の中指に、クセがあった。

 女性を触ったりする元気なクセではなく、自分のズボンの縫い目を擦るというなんとも惨めなクセであった。

 怒った時の仕草にもクセがあるらしく、これは仲間たちによって発見され、指摘された。

 ポーズで怒っているときは右手でテーブルを叩き、怒りがホンモノのときには、左手で叩くというのだ。

 しかし、この説は確認できていない。なにしろ私自身、本気で怒ったことはない。気弱なので怒れない。

 酔うほどにクセを振りまく人がいる。

 笑い上戸のようなクセは歓迎だが、場違いなリクツや、人を貶めて笑いをを取るようなクセは歓迎できない。

 斯く言う私には、どんな悪いクセがあるのだろうか?

 自覚できていないクセの場合、嫌みなクセほど人様に教えて頂けないので、死ぬまで矯正できない。

 がしかし、本人が気付いていないのだから、これはこれで目出度い話。気に病むこともあるまい。

    惚れ癖を持て余しつつ蔦枯るる    ひよどり  一平

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぐきくき | トップ | ほとんどルンルン »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たんと)
2016-12-20 16:05:53

面白く読ませていただきました。
自分では分かっているつもりでもクセと自覚しない。
まあ、それもこれもエエじゃないかと思ったりしてます♪
Unknown (きららののこ)
2016-12-20 17:04:07
無くて七癖という言葉がありますが自分では気づかないうちに出てるんでしょうね。相手の癖ばかり目に行って
自分では気が付かない まぁいいかって。そういえば読んだ本に お付き合いのときは両目を開き結婚したら片目で相手をという文章がありましたが。お互い癖も大目にと
たんとさんへ (ひよどり)
2016-12-20 22:14:54
そうですよねェ。
自覚出来ていないクセにまで責任は持てません。
こんなことをを言えば、無責任と言われそうですが、
非難、批判を背負って、地獄へ参りましょう。
きらののこさんへ (ひよどり)
2016-12-20 22:19:47
たしかに、自分の欠点やクセを棚に上げて、
他人様のクセを云々できません。
他人様のクセを二つ見つけたら、
自分にはその倍はあるはずだと思うことに致しましょう。

コメントを投稿

写真と俳句」カテゴリの最新記事