新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

病む身嘆かず

2016年11月08日 06時48分25秒 | 写真と俳句

 そりゃー叶うものなら、無病息災に限ります。

 でも何の因果か、病魔ってヤツに好かれちまって。

 もちろん、その原因を作ったのはこの私。つまり因果応報ってコトです。

 今さら悔やんでみても、どうなるものでもありません。

 せめて周囲には、あまり迷惑を掛けたくないですね~

  日々にありて病む身嘆かず石蕗の花   ひよどり 一平

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御利益に期待 | トップ | 爪先の向く »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (太郎ママ)
2016-11-08 07:52:07
石蕗の花がウチの庭でも咲いています。
現役時代、頑張って頂点に上り詰めた人は、
大抵の人が病気をもらっていますね。
やはり、良い仕事をするには、
様々なストレスと向き合うしかないからなのでしょうね。
でも、太く長く人生を楽しんでくださいね。
こんばんは (鎌ちゃん)
2016-11-08 22:14:17
「日々にありて病む身嘆かず石蕗の花」
このお句は、毎日、ぐずぐず言っている私への叱咤ですね。
そう言われても、痛いのは痛いし、しんどいのはしんどいんです。
どうしましょう。
医者も困っているようです。
Unknown (畦夢̴)
2016-11-09 05:55:12
日々にありて病む身嘆かず石蕗の花   ひよどり 一平

共感の一句です。
身に付いてしまったものは仕方がない。
何とか共生を図ってゆきましょうか。
今のところ痛いところなどないのは幸いですが・・。
太郎ママさんへ (ひよどり)
2016-11-09 15:23:20
石蕗は好きな花なのですが、我が家にはありません。

「あなたの場合、病気の原因は明らかに生活習慣だったと思います」
後悔する余地がないほど、医師からバッサリと切られました。
患者が、「そうかなァと納得したのですから、
医師の言葉に説得力があったのでしょうね。



鎌ちゃんさんへ (ひよどり)
2016-11-09 15:32:25
あなたへの「叱咤」だなんて、とんでもないことです。
「自得」のための繰り言です。
病気の苦痛は、病人本人でないと分からないものですね。
「苦痛を訴えること」は、病人と医師の必要なコミュニケーションですから、
我慢せずに訴えるべきと思います。
畦夢さんへ (ひよどり)
2016-11-09 15:37:55
「身に付いてしまったものは仕方がない」とは、
まさにその通りですね。
日々折り合いを付けて暮らすしかないようです。
私は我慢ができないので、医師には訴えることにしています。
「諦めが悪い老人だなあァ」と、
医師から思われているかもしりません。

コメントを投稿

写真と俳句」カテゴリの最新記事