堀之内出版blog

『nyx』、『POSSE』、『労働と思想』、『『資本論』の新しい読み方』等、好評発売中の出版社です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イベント「レイシズムに対抗するために 知のあり方を問い直す」@ジュンク堂書店難波店

2017-01-14 18:27:19 | その他


『POSSE』vol.33刊行記念として、下記のイベントを開催いたします。


『POSSE』vol.33、『日本型ヘイトスピーチとは何か』刊行記念
「レイシズムに対抗するために 知のあり方を問い直す」

◆登壇者 冨山一郎、梁英聖
◆日時 2017年3月9日(木)19時~
◆場所 ジュンク堂書店難波店 大阪市浪速区湊町1丁目2-3 マルイト難波ビル TEL 06-4396- 4771
◆無料
◆予約 ジュンク堂書店難波店3階カウンター、電話:06-4396- 4771、下記ウェブフォームのいずれかをご利用くださいませ。
イベント申し込みウェブフォーム

いま、日本ではネットでの罵詈雑言から深刻なヘイトクライムまで、レイシズムに端を発する問題が頻発しています。こうした差別事件がどうして起こるのか、どうとらえて批判すべきか。『POSSE』vol.33で「レイシズムに対抗するために」というインタビューが掲載された同志社大学の冨山一郎先生と、2016年12月に単著『日本型レイシズムとは何か』を刊行し、その起源を丁寧に解きほぐすことで「日本型レイシズム」を改めて可視化させた梁英聖氏により、レイシズムに対抗するための「レイシズムのとらえ方」、「知の在り方」をさぐります。

◆プロフィール
冨山一郎

1957年生まれ。同志社大学グローバル・スタディーズ研究科教授。専攻は歴史学。著書に『近代日本社会と「沖縄人」―「日本人」になるということ』(日本経済評論社、1990年)、『暴力の予感―伊波普猷における危機の問題』(岩波書店、2014年)、『流着の思想―「沖縄問題」の系譜学』(インパクト出版会、2013年)など。

梁英聖

1982年東京生まれ。一橋大学言語社会研究科修士課程。反レイシズム情報センター(ARIC)代表。著書に『日本型ヘイトスピーチとは何か:社会を破壊するレイシズムの登場』(影書房、2016年)

◆主催 堀之内出版
◆問い合わせ先 info@horinouchi-shuppan.com
◆関連書
『POSSE』vol.33
冨山一郎『近代日本社会と「沖縄人」:「日本人」になるということ』(日本経済評論社、1990年)
冨山一郎『暴力の予感:伊波普猷における危機の問題』(岩波書店、2014年)
冨山一郎『流着の思想:「沖縄問題」の系譜学』(インパクト出版会、2013年)
梁英聖『日本型ヘイトスピーチとは何か:社会を破壊するレイシズムの登場』(影書房、2016年)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『KOKKO』第17号 [特集] ... | トップ | イベント「社会とアートのこ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。