千代田区神田小川町専門広告代理店堀越ブログ出張所

株式会社堀越 企画営業7課がお送りするハードボイルド風ホビー情報局!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

HOBBY ROUND4

2010-10-10 17:56:12 | Weblog


休日もイベントファイヤーなNダス~〓

普段はタイトル縛りで書いてるんですが、少し飽きたので、イベント速報にしてみました(笑)

本日は池袋(株)ボークス様主催のHOBBY ROUND4にやって参りました〓

一社単独主催のイベントとは言え、物販アリ、抽選会アリ、チャリティオークションありの盛り沢山なイベントでした!
一般サークルさん参加に展示物も充実しており、ユーザー目線の行き届いたイベントと言う印象。

ケッテンクラートの実車も展示されており、スケール熱い所が良かったですね。

そういえば、同じ池袋で、昨日から『アニメイトガールズフェスタ』もやってますね~

おぢさんのNがフラフラしているのは色々ご迷惑かもしれませんが、せっかくなんで一丁行ってみたいと思います!

れっつらご~(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

N思いはるかに

2010-10-07 10:43:02 | Weblog
ぬおぉおおぉぉおおおぉぉぉぉぉおぉぉぉおぉ!!!

待ちきれない気持ちでいっぱいのNダス。

何が?って??

それはもちろん新作のストⅣです!! 既にご存知の方の方が多いと思いますが、次回のストⅣでは、ストⅢで登場した中国拳法兄弟『ユン&ヤン』が参戦します!

毎日、毎日、ワクワクしながら正式リリースを待っているわけですが、待ちきれませんw 暇さえあればプロモーション動画を見ている毎日です(^^;;

今更気が付いたんですが、このゲーム、やられグラフィックがカナリすごいですね(笑

このシーンの技を食らっているガイルの顔が、ぶっちゃけサイコーに面白いですwww
※あえて写真はユンの格好良い所だけ抽出しましたwwww

進化を続けるゲーム業界ですが、こういう細かい技術にちょっとした感動を覚えるNなのでした♪

※オチなし(-_-;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴタゴタ果てしなく

2010-09-15 15:15:25 | Weblog
どの辺がゴタゴタかというと、いつもゴタゴタなNダス~

ご無沙汰な更新ですが、皆様お元気でいらっしゃったりしちゃったりして???

明日から東京ゲームショウですよっ皆さん!!!

昨今ではビジネスデーは既にプラチナチケットと化している大イベントとなりました。

Nはおもちゃ系ホビーだけでなく、ゲームも超好きなので、仕事とはいえ楽しみです!

閑話休題。

そんな中今はまってるのはメタルマックス3!!!

正直、FC版でMM1が発売されたときは、何の興味も示していなかったという不届きものです(-_-;)

MM2の時に聖○魔Ⅱが好きな友人に

人間っ狩り~♪

のメロディーと共に紹介されました。
色んな意味で

衝撃でした(-_-;)

当時RPGはドラクエとFFがあればそれで良い派(どんな派閥だそれ(-_-;))
だった私は、思った以上の完成度の高さにうなりを上げたものです。

普通に育ててLVUPしてモンスターを倒しながら、最後のボスに向かっていくというスタンダードなRPGに

乗り物に乗るという快感

を加えたこのゲーム。
しかもシナリオは儚く悲しい物語。

また、いまのモンハン等に通じる『狩り』の要素。

当時にあんなゲームが存在した事に改めて驚きます。

過去MM3(なんちゃらブルーアイズ)の発表がされた頃、データ○ーストの倒産に始まり、メタルマックスは誌上から姿を消すことになります…

そして今、17年の歳月を越えて蘇ったのです!

まるで

某球団のリーグ優勝の様に!!!

どちらにもこれ以上無い思い入れをもつNとしては、この感動がどれほどのものだったか説明のしようがございません!!!

他にも色々お伝えしたいこと満載ですが、本日はこの辺で!
それじゃー賞金首を狩にいってくるぜ~

有力情報お持ちの方は㈱堀越マデ!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俺の勝手はあんたの勝手

2010-06-17 10:15:28 | Weblog
そんなわけで本日も勝手に大行進!
マシンガントークのNダス~O(≧▽≦)O ワーイ♪

菅内閣が発足、ワールドカップではカメルーンに劇的勝利など、何かと最近良い話題が多いですね~♪
この調子でホビーも盛り上がってくれると嬉しい限りデス!

そんな中Nの中で最近熱いのは『小惑星探査衛星はやぶさ』です(笑

最近、カプセルがオーストラリアに着陸した事で、にわかにニュースを賑わせていたので、ご存知の方も多いと思いますが、調べれば調べるほど、聞くも涙、語るも涙3億キロの宇宙飛行に、胸がうずきます(;´Д`A ```

『はやぶさ』は小惑星『イトカワ』を探査しに言った訳ですが、そもそもこの『イトカワ』って何かご存知でしょうか?
私も人づてで知った話なので、間違った認識かもしれませんが…

この『イトカワ』は、太陽系小惑星の一つで、なんと

地球に衝突する可能性をもった小惑星( ̄Д ̄;;

なのです!!

そりゃそうですよね、単に小惑星で、材質を調べたいだけというなんとも気まぐれの様なプロジェクトで『はやぶさ』が産まれる訳はありません。
可能性は低くとも、地球と交差する軌道を持った衛星なのですから、最悪、除去、破壊などを視野に入れた際、事前調査は重要になってくる訳です。

その為『はやぶさ』は遠い宇宙へ飛び出しました。

往路2年をかけ、順調とも言える航海で『イトカワ』に到達。
そこから更に1年半をかけて惑星の観測を行いました。
最終的に、小型探査機『ミネルヴァ』を放出するも着陸には及ばず、自らの機体を『タッチダウン』させ試料採取を試みる事となりました。

そこで事件は起こった!!

『はやぶさ』はこの決死の採取の際に重大な損傷を負いました。
結果、予定していたタイムリミットまでに地球帰還の為の軌道に乗る事が出来ませんでした。
これにより満身創痍の『はやぶさ』の宇宙放浪が始まったのです。

機械は人間とは違い、自己修復能力はありません。

この着陸の損傷を皮切りに、破壊の病魔は次々と『はやぶさ』を蝕んで行きます。
主な問題点は以下であったと聞いています。

・姿勢制御用のガスジェットが全滅しているため、姿勢の制御が不安定である。

・3軸の姿勢制御を行うリアクションホイールのウチ、z軸以外の二機が故障して
いるため精密な姿勢制御が困難である。

・4基あるエンジンは、問題を抱えているモノのとりあえずは運転可能である。
イオンエンジンはキセノンガスの噴射や、エンジンの首振りにより機体の姿勢
制御を行うことが出来るので、エンジンさえ生きていれば地球への帰還の可能
性はあるとされる。燃料に関しては十分な量を有している。

・頻繁な姿勢変更が困難なため、ハイゲインアンテナ(通信速度256bps)を地球に
向けることが出来ず、通信は ミドルゲインアンテナ(32bps)やローゲインアンテナ
(8bps)に頼っている。その他、 「のぞみ」運用時に 編み出された「1ビット通信(改)」
が日常的に使われている模様。

わずかに残されたエンジンを頼りに、本当に奇跡的に地球へ帰還できる軌道へたどり着いた『はやぶさ』はそこから“弾道飛行”と言われる、慣性のみを頼りに地球を目指します。

がんばれ!はやぶさ!!( ̄Д ̄;)/

そして我等が母星『地球』へ帰ってきました…






























































でも『はやぶさ』は地球の大地を踏む事はありません…


























































それは、最初から決められていた事…



























































決死の覚悟のタッチダウンで持ち帰ったカプセルを…








































































その思いのみを地球へ還し…




























































自らは宇宙(そら)の星となる運命(さだめ)なのです!!(ノ_・、)

そんな『はやぶさ』の思いは、今週オーストラリアへ着地しました。
『はやぶさ』のその身は燃え尽きても、心は燃え尽きません。

明日18日(金)には、空輸で日本に到着し、この宇宙の旅の物語を完結します。

現在『イトカワ』は、探査機を着陸させた史上最小天体としてギネスへ登録され、また『はやぶさ』は2592日間の最長の宇宙航海を、それぞれギネスへ申請中とかなんとか……

いやー、宇宙には夢がありますね。

少しでも感動してくれたあなたには
㈱青島文化教材社の『はやぶさたん』
がオススメですよ!!
※モチロン普通のはやぶさプラモもありますが(^^;;

この夏、そんな『はやぶさ』に思いを馳せて見ては??
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヲタクの心をあやつれば

2010-06-07 09:45:54 | Weblog
アキバ系で設け放題!!
なんかぶっそうな事言ってますが…マシンガントークのNダス~♪

そんなヲタクスピリッツを盛り上げてやまない夏が近づいております!
今年の夏もワンフェス、コミケで大盛り上がり大会間違いなしですな♪

全国津々浦々で沸き起こるホビー祭りですが、全部を拾い上げる事は出来ないので、
6月の著名なイベントをご紹介しますね!

まずTOPバッターは、今月末6/20に開催予定の

トレジャーフェスタ

年数回にわたり開催されるガレキ、フィギュアイベントの決定版!
ホビー系はワンフェスの印象が強すぎて、陰に隠れたイベントが色々あった訳ですが、
その中でもワンフェスに次ぐ規模と言っても良いのではないでしょうか?
中小様々なイベントが立ち上がり消えてしまった中で、この実力は本物です!

流石にワンフェスよりは人が少ないですが、その分商品も見やすいので、是非遊びに言ってみては?

お次はご存知

サンシャインクリエイション

関東圏で開催するコミケに次ぐオールジャンル同人イベントと言えばコレ!!
萌えろ!!
こちらも前述のトレフェス同様に、
最大級イベントに匹敵する規模になりつつあります。

去年のコミケに落ちた同人誌がついに発売される(かもしれない!)←ヲイ

と、まぁこんな感じで、立体、同人誌共にフィーバーですよ!!

会場でボクと握手!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭にきたらおしまいよ

2010-05-12 10:00:15 | Weblog
まったくです。
イライラしてはいけませんね!
煮干食え、煮干!!

ボリボリのNダス~ワーイ♪ ヘ(゜∇^ヘ)(ノ^∇゜)ノ ヘ(^∇゜ヘ)(ノ゜∇^)ノ ワーイ♪

明日から、プラモ、ラジコンの祭典、静岡ホビーショーですねっ!!!

アニメ、ゲームというホビーが一般的となった我々の業界ですが、こんなにも熱いプラモスピリッツ、つまりプラコンで大作な世界がここにあるのですっ!!!

Nも弊社にきて3年目という事で、今回が3回目のホビーショーとなります。

普段お店で展示されているのしか見たことないと言うようなラジコンがビュンビュン走る様をみたりとか出来るのもこのイベントの良いところですね。

アニメ、キャラクター関連の立体物はもちろんですが、車や飛行機のミニチュア、戦車、戦艦に至るまで、ミニチュアの最前線がここにあります!

明日、明後日は業者日ですが、土日の一般日はモデラーズフリマもあり、また、地元モデラーさんの作り上げたフルスクラッチモデルも見られたりと魅力的なイベントです。

まだ高速も安いので、興味とお時間のある方は是非足をお運び下さい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Nだって必死

2010-04-28 09:32:07 | Weblog
GWも必死なNダス~(必ず死ぬの意)

お願い、Nに休みを!!

そんな感じで、イイカンジに今年のGWも休みがありません。
早速今年も参りましょう…





















































GWってなんですか?

ガンダムウイングですか??w

いやー、毎年これ言うのもさすがにキツくなってきましたねっ♪

はてさて、そんな感じで、NのGW中のイベントご紹介!

4/29 COMIC1
http://www.comic1.jp/popular.htm

オールジャンルの同人誌即売会ですね。
コミケ、サンクリについで徐々に大きくなってきました!
GW最初の欲望のハケ口(ヲイ!)に是非!!

5/1、5/2 SUPER COMIC CITY
http://www.akaboo.jp/event/0523super19.html
http://www.akaboo.jp/event/0523super19.html

こちらもGW恒例のフ女子の祭典ですね!
一般的にBLメインなイベントと言われますが、最近はコスも熱いので目が離せませんよ!


5/1 浅草BLACK HOLE
http://blackholeshow.iza-yoi.net/

同人系はちょっと(汗
と言う方はコチラ!ミリタリーの定番イベント ブラックホール!
静岡ホビーショーを前に、東京マルイさんの新作とか見られるかも?しれませんよ←無責任発言

浅草という街に繰り出すだけでも、なんかワクワクしてきますので、お散歩ついでにもいいかもね!

5/2 ドールショウ
http://dollshow.hp.infoseek.co.jp/

都立産業貿易センターって『とさんぼう』って略すみたいですよ!
え?今更デスか?(^^;;
ヲタク系もミリタリーも興味ありませんっていう人は、ドールショウなんか如何でしょう?
こういうアイテムにまったく興味なかった女の子も、人形展の様で楽しいですよ!
イベントというより、美術館にでも行くようなイメージですね。
これぞまさしくアート!!

5/3 DreamParty
http://www.dreamparty.jp/

PCゲームの祭典といえばコチラ!
ちょっとマイナーなコスプレにももってこいです(笑
ドリパって意外とアニメ見ていないユーザーさんも多かったりするんですよね。
キャラクター系デジタルコンテンツのメインイベントっていう感じです。
とにかく各メーカーさんの限定グッズは激アツなので、行列必死です!

5/4 トレジャーフェスタ
http://www.treasure-festa.com/

そろそろお台場に住んでしまえばいいんじゃないか?とこの辺から考えてしまいます(^^;;
2次元、デジタルが満腹でも、立体物は別腹なんじゃないかしら?
東方満載なトレジャーフェスタです!
オリジナルのフィギュア、ガレキだけでなく、アナタがヤフオクで探しているレア物玩具も発掘できちゃうかもですよ?!

ちなみにお隣では

5/4 COMITIA
http://www.comitia.co.jp/

も開催中なのです!
知る人ぞ知る『オリジナル創作同人イベント』!
パロディがないぶん凄く静かなイベントなんですが、決して盛り上がって無い訳じゃありません。
なんというか、とてもマジメな創作イベントなんです!
Nもこのイベントで数回オリジナルの本を購入した経験があります。
イラストをやる人には資料の宝庫ともいえるので、クリエイターの人や、世間のアニメ、漫画に飽きた人は、騙されたと思って覗いて見てください!
この商売っ気の無さがたまりません(笑

5/5 …


5/5 …?





















…5/5は休めそうじゃね??


















































っていうか休ませろ(-_-メ)

とさんぼう行かないのか?とかイウナー“(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!!


いあいあ、他にもイベントは多々ありますが、上記に来るとNとニアミスしますよwww

5/5はさすがに休ませて下さい≦(._.)≧

そんなイベント三昧のNの本拠地はコチラ→株式会社 堀越
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弱味みつけたマシンガン

2010-04-26 10:05:54 | Weblog
『人を愛する心のないヤツなんかに、武道をやる資格はねえ!』






































別に武道家じゃありませんが(^^;;

はい、本日もまた男吾ブームなNです。

こういう純粋で真っ直ぐな人情ロマンな物語にはてんで弱いですね。
こち亀とかも子供の頃の感動エピソードとか、なんか浪花節的な話とか、こういうの弱いんだなぁ。

さて、そんな感じで、ついに『あまいぞ!男吾』愛蔵版(復刻版)を全部そろえる事が出来ましたヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゜☆。.::・'゜★。.::・'゜☆。ワーイ!!

思えば、小学生の頃……この『男吾』の前身といえる『おてんば転校生』を読んだ時に、すでに当時で考えても時代錯誤となりつつあった『決闘を申し込む』小学生がいる漫画に衝撃を受け、それでいて清々しい結末、子供の持つ友情と、ホンの少し芽生えかけた愛情に、後頭部を擽られる様な感覚を憶えたものでした。

ちなみに私は



































































決闘経験者ですが何か?w

小学3年生の頃、都会の小学校から田舎の小学校に転向した私は、何かと鼻持ちなら無い子供だったようで、地元のガキ大将に『学校が終わったら砂浜に来い!決闘だ!!』と挑まれた経験があります。

























































体格さから考えてもタダのイヂメの様なものでしたが何か??

しかも、負けたらお前は俺の子分だ、のオマケ付きで、おおよそ『男吾』的な気持ちの良い『決闘』ではありませんでしたが(-_-;)

そんな私の過去はさておき(笑)
『おてんば転校生』からしばらくして『あまいぞ!男吾』の連載が始まりました。
作者のMoo.念平先生曰く『児童漫画とは作家ではなく作品が売れるもの』の言葉宜しく、作家など覚えていない当時の私は


























































なんだ、この漫画『おてんば転校生』のパクリじゃん

と素直に感じたものです(笑)
しかも、ヒロインのインパクトは読み切りの方があったので、なんだか最初はこの『男吾』にのめり込めないでいました。
でも、気持ちの良い主人公の性格に徐々に引き込まれ、次第に読む様になっていったのです。
なんか、当時のドラえもんなどの児童漫画に比べ、大人の恋愛ではない子供の淡い恋がメイン題材だった事も大きな要因かもしれません。
(おかげで宮崎アニメのラピュタとか大好きなんですが(^^;;)

大人になるにつれて、連載していた月刊誌『コロコロコミック』を読まなくなり(それでも中学生くらいまで付き合いましたが)この愛蔵版の『青春立志編』にあたる島の学校の先生になるあたりまでは読んでいた記憶があります。

でもなんだかその頃はこの大味な展開が受け入れられず、最終回を待たずしてコロコロを卒業してしまいました(-_-;)

それから幾数年、ひょんな事からこの作品を思い出したら『最終回』が気になってしょうがない( ̄Д ̄;;

『たしか愛蔵版が売っていたような……』と思ったのもつかの間、意外に希少品で入手困難(゜O゜;

そうなってしまうと、何が何でも読みたくなるのが人情(笑































































仕事そっちのけで検索しましたが何か?w

探していると、色々な事実も発覚。
愛蔵版の2巻『初版』には半ば『落丁』ともいえるページ抜けがある様で、つまり全てのストーリーを補完するには

















































2巻のみ重版で買わないといけない(゜O゜;



というハードルがつきました(笑
古書とは、マニアの間では特に『初版』に価値がでます。
色々と理由があるようですが、初版の時は人気がでるか否かわからない作品が多いので、部数が希少の為『そのころからこの作品をチェックしていた』というステータスであるとか、やはり単に『初物』の魅力とか色々あるようですが……

言わばマニア間では『初版』の需要があるので、初版マニアやそういう書店をあたれば数冊お目にかかれたりするのです。
古書を取り扱うお店ではブックオフさんの様に中を読める所もありますが、コレクションに位置するものを扱う殆どの店舗では梱包されており、中の版数を確認する事は困難です。
逆に前述の需要の関係で、初版本にかぎり包装紙に『全巻初版です』等書いてあるので、実は探しやすかったりします。
つまりあえて重版を選んで探すというのは、想像以上に困難な作業なのです( ̄Д ̄;;

取り扱いのある古本屋やオークション、アマゾン出品者をみつけては

『こちら初版ですか?』

と聞き歩く毎日でした(-_-;)

某古本屋の店員さんには
『あーまた初版マニアが来たよ(笑)』
と半ば蔑んだ様な、哀れんだ様な目で見られましたが

ちがうんだ、わかってくれ、おれがほしいのはしょはんじゃない


































































重版なんだァァァァァァァァ!!

と叫びたい気持ちを堪えて探し続け、ついに2巻のみ重版で手に入れることが出来たのです!!!



















































コラッ、ソコ!充分ヲタクとか言わない(-_-メ)

そうした試練を乗り越えて、ついに手に入れた『あまいぞ!男吾』(愛蔵版)全3巻。

この週末で読みふけり、充分堪能したハズが何かたりません……

この作品、前記の紹介でも書いたとおり、特殊なストーリー進行からWヒロインとなっているワケですが、(全部読むとWどころか、中学編は毎話違うヒロインがいると言っても過言ではないw)ヒロインガ2人いれば当然











































三角関係v



を期待するワケですよ!

それが三角関係どころか、決着が付かないまま清々しく最終回を迎えてしまうのです!!!

そりゃそうでしょ、だって連載しているのがジャンプならいざ知らず、コロコロコミックですからw
そもそもこの作品は、主人公『男吾』のド根性ロマンを見せる作品なので













































恋愛漫画じゃないんだよ!wΣ\( ̄ー ̄;)

そう、つまり、そんな事は考えちゃイカンのです(-_-;)

それを考えてしまうとこの作品はこの作品ではなくなってしまう。

そもそも主人公も2人の女の子の間をフラフラしてませんし(笑

















































勝手に妄想するワタシが悪いんです(TдT)

わかっているんだ!
わかっているんだがっ!!













































もう一悶着あってもよくね?

と思うのはワタシだけ?(笑

そんなNの弱みに突っ込みたい方はコチラ→株式会社 堀越
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うたえ! ホビーの歌を

2010-04-23 09:56:12 | Weblog
たらららら~そして高らかに♪

アナタの生活に音楽はあふれていますか~♪
マシンガンシンガーのNダ~ス~♪

はい。

そんな感じで、今日はアニソンをテーマにしましょうかね(笑

弊社ホビー課は通称をヲタク課と言われるだけあって、そっち系の業界のお知り合いも沢山ですw
そんな中、毎月恒例(不定期)で行われる
























































超マニアックカラオケ

なんつーものがあります(笑
まぁこういう呼び名をつけたのはNなので、むしろ参加者の皆様は








































































いたって普通のカラオケ

と思っていらっしゃるハズw

どの辺がマニアックかというと、特にルールがある訳ではないのですが、主要メンバーが昭和初期~中期のアニメや特撮の





































































主題歌以外の曲

を好んで歌われるので、なんとなく最近のメジャーな曲(アニソン)とか、有名なアニソンとかは白けそうな空気を感じてしまいます。
最低でもスーパー戦隊のエンディングとか、○○ロボの歌くらいは歌えないと



































































沽券に関わります( ̄Д ̄;;

そんな中、時々勇者も登場します。
元弊社の含み笑いのWさんも参加されるのですが、




































































まったく空気を読みません(笑

いや、コレは問題視しているのではなく、むしろ褒めているわけですが、空気を読まないどころか、自ら空気を作ってる感さえありますwwwwwwwwww

彼がまったく最近の歌とかを切り出してくれるからこそ、Nも遠慮なく影山ヒ○ノブの物真似が出来るわけですね(^^;;
Wさん感謝です!!

次の日曜はスーフェスな訳ですが、またも熱きカラオケ大会の試練の予感です!

参加希望者はコチラまで→株式会社 堀越
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ディフォルメ大乱戦

2010-04-19 11:05:05 | Weblog
ぱわーぜんかーい!!
へんしんっ!!!

りゅーおーまるぅーっ!!

わんばんこ、救世主Nですw

昨今なにかとディフォルメものが熱くてイイカンジですね!

あれ?もしかして盛り上がってるの


ワタシだけですか?!


思い起こせば小学○年生の頃、プラモ狂四郎にハマり、その後にSDガンダムブームが訪れて、何かとディフォルメ物がマイブームだったりしました。

小生がディフォルメにハマったのには色々と理由があるのですが、当時のメーカーさんから出ている立体物は、秀逸なものもあれど、大量生産の都合上から、ギミックがオミットされていたり、ディティールが違っていたり※

※これは、後々知ったのですが、アニメの設定資料と、放映中のセル画が微妙に違うなどの原因もあったようですが……

とにかく、100%の再現率に至らないという事が多くありました。

最近立体物に興味を持ち出したソコのアナタは非常に恵まれているのデス!!!

∑( ̄□ ̄)9☆
(((≪*☆*ドーーーン!!*☆*≫)))☆


さてさて、そんな訳で、当時の小生がディフォルメにハマった理由は、最限度が低くても




何か許せるw



と言うのが最大の理由でした。

『こんなに小さくして、胴体も簡略化してるんだからコア○ァイターなんかなくて当然、とか、この短い足が膝から稼動する事なんてありえない、とか、ディフォルメだからこそ大らかに妥協できた数々。

そんな中でも『差し替え不要』『完全変形』はとても魅力的です。

今、ディフォルメがブームだからこそ、当時物が欲しくなったりする衝動に駆られ、本日の画像『龍王丸』をゲットしました!!
ちなみに当時のDXシリーズ『可変構造 龍王丸』です。

入手価格1,050キタコレヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゜☆。.::・'゜★。.::・'゜☆。ワーイ!!

シール使用済み、パーツ切り離し済み、箱凹みのジャンクでしたが、欠品も無く、シールは

なんかよくわからない刺青

の様な模様で、アニメ設定とはまったく関係なく(-_-;)
※一応、不思議な文字で龍王丸とか書かれているらしいのですが

最初から塗装するつもりで購入したのでモーマンタイ♪

この龍王丸、WFでも有名なサークル『プラギルド』さんが作ったものが決定版と言われているのですが、なかなかどうして、この可変項増も捨てがたいものがあります。

なんせ、市場に存在する龍王丸の中で


唯一の完全変形


なのですから。

昨年発売したバンダイさんのロボット魂 龍神丸と並べると、なにかとアレなんですが、
現在非常にお気に入りです!!

市場が今に変わって、去年~今年あたりは、今の技術のディフォルメ商品が出ており、膝、肘が曲がるわ、クビの稼動も凄いわで、なんか驚きですが、思い出の一品に手を出してみるのも一興かと♪

そんなお宝告知、お宝探しも

我々堀越をクリック

そんな感じで宜しくです!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加