ホーリーのブログ

高知県下の釣り???と言っても私個人の釣り日記等として平成22年より記載しています。
書き込みOK、個人名はダメよ。

ホーリー釣行記(332)

2016年10月08日 | 海だ エギングだ!
平成28年10月8日です。
朝、8時頃に目が覚めました。高知市付近は小雨が降っていました。船釣り止めて正解だったか?と思いながらウトウト二度寝。10時起床です。
その頃起きると、曇り時々晴れみたいな天気?
庭に出て、メダカや金魚にエサをやり熱帯スイレンの手入れ。
スイレンはもう一度、肥料を投入しようかと思っていましたが、10月初旬。難しい所です。今年は肥料を切りました。
マッタリとしていましたが、16時前が干潮です。小潮回りでエギングに宇佐へ。
ホントは、早く起きれたら西方面へ走ろうかとも考えていました。仕事も私事もバタバタでお疲れモードです。
宇佐へ14時半現着。少し早かったですので奥へ行きました。
手前の岬からやりましたが、ここ数年このポイントはさっぱりですね。
一昔前、あべにぃは大量に釣って、私の職場に持ってきてくれていました。
また、輝ちゃんも年末に一投毎に釣れたって言ってましたね。今日も姿は見えませんでした。
早々に切り上げて、巡航へ。ここで2杯ゲット。しかし、ロスト2

結構、墨跡がありました。数分差で別の組が駐車。さすがに、こちらには来ませんでしたが、マナーが悪い奴らが居ますのでねー。新港などでは喧嘩にもなっているようですよ。
2杯目の少し小さめのアオリを”麺つゆ+塩水”に入れました。

変な写真???胴と墨を吐いた状態が写真です。今日は麺つゆの封を切ることが目的でしたので取り合えず達成。
そうしていると、巡航が着ました。
退散です。以前、怒られてますからね。私は釣れても天端にイカを上げて墨跡を付ける訳でもないし、ゴミの一つも出す訳ではありませんよ。
時計を見ると、時間は15時20分。
せっかく奥へ来ているのだから、私の名前が付いた船長ポイントを攻めてみないといけないですね。
ポイントへ行きましたが、東の風があり大橋向けはやりにくい。
少しポイントを変えて奥向きに。煽って、水面にエギがあるのに気付かず2mぐらいジャンプ。回収しようとしているとそれに乗ってましたが、外れました。リリースサイズ。
その後、1ロスト
時間は15時40分。ここで、水道へ帰っても潮が込みに動いている可能性が大。ならば、奥の岬か?このポイントは釣れれば中・大型。
17時前まで粘りましたが姿見えず。しかも2ロスト
えー、一日5ロスト???ショック
帰ろうと車へ戻ると地元のお姉さんが話しかけて来ました。
「どうやった?」
「姿も見えません」
「気を付けよ、イノシシが増えて出没している、昨年ワナで134匹?捕獲した」
「えーそんなに居るの?」
「ウリボウも走り回っている」
「そりゃー親が怖いなー」
「ハクビシンも増えた、それにハメが居る。今年3匹殺した」
「・・・」
私も今年は毒蛇に縁がありそう、渓流でもマムシに遭遇していますからね。
「はーい、気を付けます」
エギングに行っていてハメに噛まれたって洒落になりませんよ。

結局、巡航での2杯のみ。

合計で600gちょっと。
今シーズンの初釣りですので釣果は十分、ロスト5がショックで寝込みそうです。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホーリー釣行記(331-07) | トップ | ホーリー釣行記(332-01) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海だ エギングだ!」カテゴリの最新記事