ホーリーのブログ

高知県下の釣り???と言っても私個人の釣り日記等として平成22年より記載しています。
書き込みOK、個人名はダメよ。

ホーリー釣行記(339)

2016年11月12日 | 海だ エギングだ!
平成28年11月12日です。エギングに、いつもの場所へ出掛けていました。
今日は、干潮が10時でしたが、少し早く出発しましたので奥へ入っていました。
巡航で調子が良いので向かいました。人は居ません。絶好・・・、で3投目に根掛かりでロスト
もう、やる気半減。頑張ってみましたが、着底が怖い。釣れる筈がありません。
手前の岬へ。やっぱりね、全く反応なし。大潮で引いていますのでエギの着水より、なお流れて広範囲を攻めれますが全く反応なし。
ほんと、地質が変わったんでしょうか?全くこの場所は釣れなくなってしまいました。
干潮の時間が迫っており、水道へ


途中、このようなものが出来ていました。何か人形って怖いですよね?私だけ???


駐車場所がゴミ捨場になっています。地元の方々に申し訳ないです。
釣れなかった腹イセを、こんなところに発散しないでほしいですわ。
地元の方々とも話をしますが、釣り師として肩身が狭いです。

水道到着。
2投目で別のエギンガーが車を停めました。即座にヒット。

話し掛けて来ました。
「どんな感じ?大きい?」
「500、600g程度やないろうか?」
現場では計測しませんでしたが、700gちょっとでしたね。今シーズン最高です。

「やらしてよ!」とのこと。
「どうぞ」で二人でシャクりましたが、後は続きませんでした。
この水道も場所は広いです。そんな一声を掛けて入って来る人に「やらさん」とは誰も言えませんよね。まして、言うつもりもありませんけど。

以前、別の場所で奥へ投げては進みを繰り返していると後から入って来た奴が先に行こうとして言い合いになったこともあります。
また、人が釣った側へ来て投げて私の仕掛けに絡まりそうになったこともありました。
はっきり言いましたけどね、「俺の仕掛けに絡まったらドヅクぞ!」って。
だいたい、釣れた場所の近くへ来ても、イカは墨吐いて、周辺は警戒感も強まっているでしょう。習性とか状況とかもっと勉強して釣ったらどうなの?
今日の方は、きちんとしていましたね。
向こうがそんな感じの方でした。私は先に置きましたので少し話をして「お先へ」と言って帰りました。

最低限のルールなりマナーがあると思いますよ、釣りだけではないですが。
事務所のトミーも怒っています。ヤエン釣りしていたら側まで来て仕掛けを絡ませたようで「別の場所へ行け」と言ったようです。
相手方に取っては「口やかましい年寄り」ぐらいに思っているかもしれませんが、私に取って非常識が若い方々には普通のことになっているように思います。
時代の流れで仕方ないんでしょうかねー?
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホーリー釣行記(338-02) | トップ | ホーリー釣行記(340) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海だ エギングだ!」カテゴリの最新記事