現代を切る  ウィンストン・チャーチルと初代ハリファクス侯爵     

退職から9年。ブログを始めて4年。現実主義者として、歴史を紐解き、英国の二大政治家らの発言を下敷きにして記す。

「SMAP」の「キムタク」の決断を尊重したい  「裏切り」報道に思う。

2016年10月15日 22時22分09秒 | 時事問題
 筆者は芸能界には疎い。今日偶然、ジャーナリストの二田一比古氏の『究極の課題 「キムタク演じる木村拓哉」から脱却できるか』を読んだ。ことしの大みそかに「SMAP」が解散することは風の便りに知っていたが、SMAPの木村拓哉氏と残りの4人が対立しているのは初耳だった。若者から「おじいさん、知るのが遅いよ」と罵倒されることは覚悟している。
 木村氏だけが“ジャニーズ事務所”に残り、「裏切り者」と呼ばれ、対立の起因だ、と二田氏は10月13日付「日刊現代」で記している。
 また解散決定後の9月には、夫のバッシングに耐え兼ねたように、ついに妻の工藤静香さんが写真誌の取材に初めて答え、「なぜ裏切り者呼ばわりされなきゃいけないの」と夫をかばった。
 ジャーナリストの二田氏は「よかれと思ってしたことが逆効果だったケースはよくあることだが、工藤の発言を機に木村へのバッシングは増幅した感もある」と記す。
 ジャニーズサイドから得た情報をスポーツ紙が報道したところによれば、女性マネージャーが中居正広氏らとジャニーズからの“独立”を画策したものの、木村は1人事務所に留まる“正しい選択をした”といった内容だった。
 「この部分は、ジャニーズサイドによってぼやかされていますが、当初は木村も含めた全メンバーが飯島氏とともに独立を計画していたんです。しかし、木村は妻・工藤静香からの説得で気持ちをあらため、独立組と対立するようになった。それがメンバー間に生まれた確執の原因だといいます。しかしジャニーズとしては、これら事情を隠しておきたいらしく、この点を指摘したスポーツ新聞の担当記者は、ジャニーズサイドから叱責を受けたそうです」(テレビ関係者)
 インターネットサイトの色々な記事を読むと、多くのメディアも木村氏を異端として書いている。
 この騒動の発端はジャニーズ事務所の副社長であるメリー喜多川がSMAPを20年以上も支えてきた女性マネージャーを無理やり解雇したことだったという。
 「SMAP」ファンも木村氏が「裏切った」と思い、激怒しているという。ファンは「SMAP」の存続を望んでいたのだろう。
 筆者は面白おかしく書くスポーツ紙の芸能欄を読んだだけで、事の真相は知らないが、事務所内のどす黒い人間関係が「SMAP」の解散の原因にあるようだ。どうも「情」が先行して「理」が置き去りにされている。
 中居正広、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の各氏が事務所からの退社の意志を固めたのも他律的な気持ちだったのかとも思う。つまり自らの意志と長期的な展望に立って決断したのではないということだ。長年世話をしてくれた女性マネージャーのクビに怒って事務所を出たのだろうか。
 真実がどうであれ、木村氏が「裏切り行為を働いた」という表現は適切ではない。自らの意志で残る決断をしたのだ。動機がどうであれ、自分の意志で決めた。独立心があった。横並びと言う日本人の悪弊を突破したのだ。ただ妻から説得されたというのは少し残念だ。  
 もちろん、決断した木村氏にはその決断に対する責任がある。勇気をだしてリスクをとった責任がある。今までのグループを背景にした活動はできなくなる。これからは自らの実力が試されるのだ。
 ジャーナリストの二田氏は「木村(氏)にとってアイドル枠の役者から脱出できるかが今後の最大の課題だろう」と述べ、前途はいばらの道だと示唆している。筆者は木村氏の勇気を褒めたい。そして成功することを祈る。
 チャーチルは言う。「自然はリスクをとって行動する者を裏切らない。死に物狂いでやりなさい。かならず、成功するのです」。彼が生涯にわたって実践した体験を話している。
 中居、稲垣、草なぎ、香取の各氏も独立心を持ち、各自が協力してやってほしい。まず自分の考えを持つことが大切である。マネージャーに迎合してはいけない。たとえ「お世話になった」としても自分を捨ててはいけない。「横並び」であってはいけない。「他律的」な行動は感心しない。何らの見解を持たずに、徒党を組んで木村氏を批判しているのなら、感心しない。4人の行動と違うからと理由だけで、木村氏を排除していはいけない。
 これでは学校で繰り広げられているいじめと同じだ。会社で多数に同調しない従業員に退職勧告する企業の幹部と同じだ。多数を「正しい」という狭い考えと同じだ。「横並び」は駄目だ。自分の意見を持ち、それと違う意見の人々と議論する。これが最も大切なことだ。
 「横並び」と、それからくる「バッシング」や「いじめ」を嘆く。日本人の国民性の悪い面だ。このブログで何度も筆者が警告しことだ。「SMAP]のメンバーが、テレビや雑誌で報道されている態度ではないことを祈る。
 「横並び」は一見、素晴らしい協力にも映るが、そうではない。各自の個性を殺すことになる。個性を抱いて協力することこそ真の協力である。主体性を持つことが民主主義の起点だ。風に吹かれ、時には右へ、時には左へ揺れ、自分の意見を持たない人間になってほしくない。自分の見解を持った上で、他人の見解に耳をそばだて、議論して結論を出す。結論が違えば、それぞれがその結論に責任を持って人生を生きる。意見が違えど友情は持ち続ける。それが民主主義である。
 保守党のチャーチルは昼間、議場で、労働党のアーネスト・べビンと激論し、夜はパブで酒を酌み交わし、さらに議論を深めた。彼らは確固とした自分の意見があったからこそ、友情を深めた。日本人はそんな人を馴れ合いと見るだろう。それは自らが確固とした意見を持ってないから、そういうのだ。
 中居氏ら4人はこれからも木村氏と切磋琢磨し、良い友人であって欲しいものだ。「情」や「感情」が先行した人物が後世の人々から尊敬されたことはない。ひとかどの人物にはなれない。
 ファンにも言いたい。「初めがあれば終わりは必ずある」。「SMAP」もいつかは解散するのは当然である。これが時の移り変わりなのだ。木村氏を「裏切り」などと呼ばずに「彼の個性」を尊重してほしいものだ。
 たとえ木村氏が「よこしまな心」で事務所に残ったとしても、それは彼の決断である。その決断の責任はこれから一つの姿として現れてくるだろう。「SMAP」のメンバー全員のこれからの活躍を応援してほしいと思う。芸能界に疎い老人のたわごとだが・・・。
『ささやき』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サントス大統領のノーベル平... | トップ | 小池都知事はバッハ会長の真... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む