現代を切る  ウィンストン・チャーチルと初代ハリファクス侯爵     

退職から9年。ブログを始めて4年。現実主義者として、歴史を紐解き、英国の二大政治家らの発言を下敷きにして記す。

安倍首相は民主主義者でないことを再確認する      「共謀罪」成立に思う

2017年06月15日 10時22分32秒 | 政治
 「条約の目的はテロ対策ではない」。「テロ対策を趣旨に含む国際組織犯罪防止(TOC)条約の「立法ガイド」を作成した中心人物、米ノースイースタン大のニコス・パッサン教授は「共謀罪」についてこう述べる。パッサン教授は太平洋を越えた向こうから条約締結の正当性に疑問を投げかけている。
  犯罪を計画段階から処罰できる組織的犯罪法改正法が15日朝、成立した。この法律の中核は俗にいう「共謀罪」だ。この法律の危険性はだれの目にも理解できるのだが、大衆は一部の人々を除いて身近なこととして認識していないようだ。特に20~30歳代の若者にその意識が希薄だ。民主主義社会にどっぷり浸っていると、そのありがたさも忘れてしまうのかもしれない。確かに、若者は将来に不安を抱いている。それは理解できるが、だから今より悪くならなければよいと考え、現状維持を求め安倍晋三政権を暗黙のうちに支持しているという。
 どうも20~30代、否、20~40代の世代は自分らで世の中を変えていこうという気概がないのだろうか。リスクを恐れず勇気を出して自らの手で変革していく意思がないのだろうか。先週、社の後輩で管理職の友人が「20~40代の社員の多くは与えられた仕事は完ぺきにこなすが、自らのイニシアチブをとってリーダーシップを発揮することがない」と嘆いていた。
 わたしも「受け身社会」を信じたくはないが、どうもこの傾向がますます強まっているように感じる。このような閉塞した、無関心社会のなかで、権威主義政権や独裁政権が育まれていく。歴史がこの事実を示す。過去を振り返れば明らかだ。
 安倍首相と与党「自民党」は委員会審議を、中間報告という異例の手続きで一方的に打ち切り、「共謀罪法案」を参院本会議に上程した。この手続き過程は明らかに安倍晋三という人物の信条や政治思想を浮かび上がらせている。幾人かの記者は「安倍はイエスマン」を取り立て、議論を嫌うと筆者に語ったことがある。今回の「共謀罪」成立過程から、このことが実証されたと私は思う。
 一方、野党、特に野党第一党の「民進党」議員もこの法案成立の責任の一端があると思う。彼らは金田勝年・法務大臣の資質ばかりに目が向いた質問をして、法律の中身についての徹底的な質問がなかった。極論を言えば、大衆受けのパフォーマンスとみられても反論はできまい。
 与野党ともに議論のする姿勢がみられない。特に安倍首相と自民党にはその傾向が強い。安倍首相はたぶん民主主義制度を理解してはいないようだ。彼の議論を聞いていると、野党議員からの主張に反論するのではなく、自己主張を繰り返し、相手を批判、相手の話に耳をかたむけ説得する議論を展開しない。ここがウィンストン・チャーチル首相との大きな違いだ。チャーチルは政敵を愛し、イエスマンを嫌った。安倍はその真逆の人物だと理解してよいと思う。
 「加計学園」の獣医学部新設問題や「森友学園」への国有地売却問題にしても、安倍政権は議論して事実を明らかにしようとしないどころか、「加計学園」問題では、義家弘介文部科学副大臣が「総理のご意向」などと書かれた文書の存在を証言した文部科学省職員について、国家公務員法違反に当たる可能性があると示唆した。公務員は政府の下僕ではなく、国民の下僕である。国民の不利益のためにこの法律がつくられているのだ。義家氏はそれを理解しているのだろうか。理解していないのなら、職業はたくさんほかにある。国会議員を辞めたほうが良い。理解しているのなら、民主主義制度を踏みにじる人物である。
 今日ほど民主主義制度の根幹が揺らいでいる時代はない。われわれは過去を忘れる。ナチス・ドイツのアドルフ・ヒトラーがどのような経緯を経て独裁者になり、「狂った理念」を実現しようとして数千万の人々を戦争や迫害で殺したのか。安倍首相は気づいていないのだろうか。彼の理念が独裁者を出現させる道を開いたことを。安倍首相は独裁者ではないが、権威主義者であり、議論が苦手のようだ。このような政治家から民主主義制度が崩れ始め、彼の何代か後に独裁者や独裁者集団が現れる。一方、目の前のことにしか興味を示さない大衆もある意味では安倍首相のような人物に政治権力を与えた責任がある。
 民主主義制度は完ぺきに素晴らしい制度ではない。ただ、ほかの制度と比べれば、ましだ。国民一人ひとりが民主主義制度を守り育てようという意思を持ち、議論をすることを心掛けなければ、この制度は崩壊し、暗黒の時代が再来する。チャーチルは政界を引退する直前の英議会で議員と英国民にこのような趣旨の話をした。わたしのような団塊の世代はあと15~20年もすれば皆鬼籍にはいる。ヤングマン、君らの未来は安倍首相や与野党の議員により与えられるものではない。君ら自身の行動によりより良い未来が実現するのだ。そのためには自由と民主主義が不可欠だ。それなくして君らの希望も実現しない。それどころ独裁者や権威主義者を招くことに結果としてなるのだ。肝に銘じていほしいと願う。
『ささやき』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前川氏の出会い系バー訪問は... | トップ | 便利過剰は人間をダメにする... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む