事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

ぼくのわたしの2016 国内ミステリ篇

2017-01-24 | ミステリ

このミス2016はこちら

年末に各種ミステリベストテンが発表されたので例によって紹介。今回は国内篇。わたしが読んでいるのだけね。

まずは宝島社の「このミステリーがすごい!2017」から……

第3位 「真実の10メートル手前」 米澤穂信 東京創元社

第9位 「希望荘」 宮部みゆき 小学館

第12位 「挑戦者たち」 法月綸太郎 新潮社

……うわあ今年も読んでないな(笑)。

まあ、第1位が暗号ミステリの傑作と評判の「涙香迷宮」(竹本健治)なのは本格志向のこのミスらしい。かつて「匣の中の失楽」に熱狂した身としては(なにしろわたし、あの作品の初出である幻のミステリ雑誌「幻影城」の読者だったのが自慢ですから)素直にうれしいですけどね。

法月綸太郎の「挑戦者たち」は、本格をつきつめるとこうなるという作品集で、ここまで来るといっそ立派だと思いました。

他には「去就」今野敏、「Dの殺人事件、まことに恐ろしきは」(歌野晶午)、「サブマリン」(伊坂幸太郎)など。江戸川乱歩のパスティーシュに挑んだ歌野のは、このミス好みでもっと上位に来るかと思ったのに。



続いて、週刊文春のベストテンでは

第2位 「真実の10メートル手前」

第4位 「希望荘」

第8位 「屋上の道化たち」 島田荘司 講談社

第16位 「挑戦者たち」

 こちらの第1位は「罪の声」塩田武士。グリコ森永事件が題材にとられていて、なるほど面白そうだ。いやしかしあの「屋上の~」がランクインですか(笑)。

ちなみに、本の雑誌のベストワンは、地元作家柚月裕子の「慈雨」でした。

海外編につづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追悼松方弘樹 | トップ | ぼくのわたしの2016 海外ミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。