事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

日本の警察 その81 「犬の掟」 佐々木譲著 新潮社

2016-02-08 | 日本の警察

その80「機龍警察 火宅」はこちら

たとえば「太陽にほえろ!」的な刑事ドラマなら、セリフなしの音楽だけで処理されそうな聞きこみの場面。この小説はまさにそこにこそ面白さがつまっている。

有能かつ一癖もふた癖もある刑事たちが、それぞれの職業的スキルを全開にして犯人を追う。実は途中で真犯人は想像がつくけれど、捜査の細部がていねいに描かれているものだから(タクシーの領収書でアリバイを確認するなど)、まったく退屈しない。

道警シリーズが活劇に走りすぎたことで生まれたのが「地層捜査」「代官山コールドケース」だと思う。その味わいを衝撃的な事件に当てはめるとこの作品になるわけだ。すばらしい。

その82「警視庁文書捜査官」につづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真田丸 第五回「窮地」 | トップ | 「静おばあちゃんにおまかせ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本の警察」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。