事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

軍師官兵衛 第三十七話「城井谷の悲劇」

2014-09-14 | テレビ番組

第三十六話「試練の新天地」はこちら

やれやれ、ブログのお引っ越しはめんどくさかった。このあたりは後日たっぷりと。

前回の視聴率は15.1%。微妙な数字。どうなんでしょう、みんなこのドラマをどの程度楽しんでいるんでしょうか。

ということで今回は、跡継ぎである長政が、失策もあって頭に血が上り(だけではないあたりを松坂桃季は見せる)、宇都宮鎮房を死に追いやるのがメイン。

肥後の争乱は佐々成政の強引な検地で紛糾。豊前も宇都宮への秀吉の本領安堵の約束が反故になったことで……

暗殺の話なので暗いトーンであることは当然。しかし宇都宮鎮房(村田雄浩)の血を浴びた長政に、父とは違った陰影が加えられることになる。

秀吉は言う。「佐々成政は戦上手ではあったが……」治世はできなかったと。黒田官兵衛はその両方をできる人物ではあったけれども、才がありすぎたわけだ(いちおう、勉強しました)。大河ドラマは、後年の上から目線で語れるのが妙味。長政の決断は結果として……あ、まだ早いか。

宇都宮の恨みをはらす役目は市川由衣にゆだねられた。しかしどうなのかなあ。わたしは彼女にはどうしても華を感じることが出来なかった(すでに過去形)。

研音という強烈なバックアップがあったとしても、「NANA」における宮崎あおいから彼女へのキャスト変更は(あおいの側が嫌がったのかもしれないけれど)不可解だったし、興行成績が一気に下降したのもむべなるかな。ファンの人すみません。

ぶっちゃけた話、やっぱり暗殺はドラマに向いている。本来は誰も目にすることができない場面を展開して見せてくれるのだから。震える杯、不自然に交わす目線、いいですなあ。来週は誰が殺されるのかな(おいおい)。

ということで、実はこんな週は視聴率が上昇するような気がします。16%は行くでしょう。問題は、マジでこのブログをアップできるかの方で……

第三十八話「追い込まれる軍師」につづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結婚前夜PART3 | トップ | 結婚前夜PART4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大河ドラマ「軍師官兵衛」第37回 (日々“是”精進! ver.F)
長政、宇都宮を謀殺… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409140001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】軍師官兵衛(3) [ 前川洋一 ]価格:1,512円(税込、送料込)
『軍師 官兵衛』 第37回「城井谷の悲劇」 (ふるゆきホビー館)
 警戒をといたように見えた城井谷には、やはり宇都宮勢の伏兵がいました。罠に落ちた長政の手勢は、矢の雨と偽装兵の猛攻にあい壊滅。長政は、又兵衛らの供回りとかろうじて逃げ戻ります。官兵衛は長政を叱り、「城井谷を攻める策をたてよ」と命じました。後日、応援のた...
NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第37回「城井谷の悲劇」 (真田のよもやま話)
長政が危うい~!と絵に描いたような「to be continued」でした先週のラスト、第3クールも終盤に向かって盛り上がってまいりました~。最近の大河の常道でクールの変わり目で人物デザインが成長するみたいですので、試練を乗り越えて大きく成長する長政様にも期待しており...
【 軍師官兵衛 】第37回 「城井谷(きいだに)の悲劇」感想  (ドラマ@見取り八段・実0段)
長政(松坂桃李)は一揆を起こした宇都宮鎮房(村田雄浩)のわなにはまった。 多くの家臣を失い討ち死に寸前のところを命からがら帰還、官兵衛(岡田准一)に 叱責される。 各地の一揆を鎮圧した官兵衛は、宇都宮家と和睦、平和共存を図る。 人質としてやってきた鎮...
軍師官兵衛 第37回「城井谷(きいだに)の悲劇」 (あしたまにあーな)
前回、官兵衛が「長政が危うい」と叫んだところで終わってしまうという、民放でありがちなパターンにまんまとはまり、続きが見たくてたまらない状況でした。序盤から城井谷での苦しい戦になりますが、本当にギリギリのところで又兵衛に助け出され、命拾いすることになりま...
軍師官兵衛 第三十七回 (レベル999のgoo部屋)
『城井谷の悲劇』 「城井谷の悲劇~窮地打開へ苦渋の決断!」 内容 一揆を起こした宇都宮鎮房(村田雄浩)に対し、 官兵衛(岡田准一)が止めたにもかかわらず、長政(松坂桃李)は出陣。 善助(濱田岳)から知らせを受けた官兵衛は、鎮房による罠だと感づくが、 これ....
大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術37天下人秀吉に非情な命に官兵衛は苦渋の決断で鎮房らを殺害した #軍師官兵衛 (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「軍師官兵衛」第37話は官兵衛が長政に攻めるなと命じながら宇都宮氏を攻めた事で長政は命からがらの敗戦を屈し官兵衛はこっ酷く叱責する。佐々長政の二の舞を避ける ...
大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術37天下人秀吉に非情な命に官兵衛は苦渋の決断で鎮房らを殺害した (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「軍師官兵衛」第37話は官兵衛が長政に攻めるなと命じながら宇都宮氏を攻めた事で長政は命からがらの敗戦を屈し官兵衛はこっ酷く叱責する。佐々長政の二の舞を避ける ...
軍師官兵衛第37話(9.14) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
黒田官兵衛@岡田准一に反旗を翻す豊前の元領主宇都宮鎮房@村田雄浩 血気に逸り、宇都宮に戦いを仕掛けた黒田長政@松坂桃李は大敗を喫する。 宇都宮と和議を結び、家臣とすることに成功する官兵衛だったが、 豊臣秀吉@竹中直人は宇都宮の帰順を許さず、討伐を厳命、 秀...
軍師官兵衛 第37回「城井谷の悲劇」~城井谷をどう攻めるか、お前が策を考えろ (平成エンタメ研究所)
 秀吉(竹中直人)をコントロールできなくなった官兵衛(岡田准一)。  中国大返しの時まではそうではなかったんですけどね~。  権力とはかくも人を変えるものなのか。  権力を持つと、万能感が生まれる、同時に逆らう者や自分の地位を脅かす者を怖れるようになる。...
軍師官兵衛 第37回「城井谷の悲劇」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『軍師官兵衛』のお時間です。 あらすじ・・・・
「軍師官兵衛」 第37回、城井谷の悲劇 (センゴク雑記)
大河ドラマ「軍師官兵衛」。第37回、城井谷の悲劇。 独断での行動の目立つ長政。 宇都宮討伐に向かい大失敗! からの~、宇都宮暗殺!
【軍師官兵衛】第37回感想と視聴率「城井谷(きいだに)の悲劇」 (ショコラの日記帳・別館)
「城井谷(きいだに)の悲劇」 第37回の関東の視聴率は、前回の15.1%より下が
軍師官兵衛 第37回「城井谷(きいだに)の悲劇」 (あしたまにあーな)
前回、官兵衛が「長政が危うい」と叫んだところで終わってしまうという、民放でありがちなパターンにまんまとはまり、続きが見たくてたまらない状況でした。序盤から城井谷での苦しい戦になりますが、本当にギリギリのところで又兵衛に助け出され、命拾いすることになりま...