事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「ワンダーウーマン」Wonder Woman (2017 WB)

2017-09-09 | 洋画

とにかく、ほとんど何の事前情報もなしに観た。

もちろんDCコミックスの世界観のなかでのお話で、「ジャスティスの誕生」に登場した魅力的なワンダーウーマン(ガル・ガドット)が再登場するとか、やけに北米をはじめとした全世界で大ヒットしているとかいう事情はさすがに承知。

でも、おかげで大好きなロビン・ライトが女性だけの国アマゾンの将軍アンティオペ役でいきなり現れたのにびっくり。おまけに、「グラディエーター」で“姉”を演じたコニー・ニールセンとか、やけにでかくて美しい女優がたーくさん。眼福眼福。わたしの世代だと73年のお正月お色気B級映画「アマゾネス」(こちらはアンティオペが主役)が思い出されます。

もっとも、シャーリーズ・セロンの「モンスター」を監督したパティ・ジェンキンスのことだから、話はそう能天気じゃない。無垢なるワンダーウーマンと、英国スパイであるクリス・パインのディスカッションドラマにもなっている。

「ひとりの悪を倒しただけでは戦争は終わらないんだ。世界がひどい状況なのは、自分たちの責任でもある」

的なセリフはなかなか。まったくだよね。

うわあクリス・パインか。これも知らなかった。わたしは彼が苦手なんだ。

スタートレックでは直情径行にすぎて冷静なスポックに完全に食われ、リブートされたジャック・ライアンはポシャり……どうして大作に次から次へと起用されるんだろう。よほど優秀なエージェントがついているのかしら。でも今回に限っては、暗くなりがちなお話をにじみでる陽気さで救っている。イギリス人には絶対に見えないけど。

美しいアマゾンから第一次世界大戦時のロンドンにうつったワンダーウーマンのとまどいと開き直り(笑)は、コミカルに描いてあってそれなりに見せる。ドレスアップしたガル・ガドットはため息が出るほど美しいし。でも、こんなものなのか?と不遜にも思っていたの。もっと面白いんじゃないの、と。

前半のスローペースが、パティ・ジェンキンスの計算だと気づいたのはそのすぐあとでした。以下次号

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「蘇我の娘の古事記(ふるこ... | トップ | ワンダーウーマン その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

劇場鑑賞「ワンダーウーマン」 (日々“是”精進! ver.F)
信じるは、愛の力… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201708250000/ 『ワンダーウーマン』オリジナル・サウンドトラック [ ルパート・グレグソン=ウィリ......
「ワンダーウーマン」☆アクションの優雅さ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
こんなにボディラインはっきりのスーツで、優雅に舞いながらアクションを華麗にキメて、クールビューティーな美人がバッタバッタと男性を倒していくんだから、そりゃもう男性陣は......
『ワンダーウーマン』の二段構えのラスト (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  何と、こんなアレンジで来たか!  映画『ワンダーウーマン』についてほとんど白紙の状態で観に行った私は、意表を突いた設定に驚いた。  この映画に......
ワンダーウーマン(日本語吹替版)  監督/パティ・ジェンキンス (西京極 紫の館)
【出演】  ガル・ガドット(ダイアナ/声:甲斐田裕子)  クリス・パイン(スティーブ/声:小野 大輔) 【ストーリー】 人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生......
ワンダーウーマン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 遂にアメリカン・ドリームを手に入れたガル・ガドット。
タイトルデザイン_53 Greenhaus GFX『ワンダーウーマン(Wonder Woman)』パティ・ジェンキンス監督...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ワンダーウーマン』Wonder Woman監督 : パティ・ジェンキンス出演 : ガル・ガドットクリス・パインロビン・ライトコニー・ニールセンダニー・ヒューストンデヴィッド・シューリスエレ......
「ワンダーウーマン」(1回目) (或る日の出来事)
人類が争いをやめないことについて、深く考えさせられた。
ワンダーウーマン (ネタバレ映画館)
シュメール語を理解できる貴重な女性を前線に送っちゃダメ・・・
映画:ワンダーウーマン Wonder Woman DCコミックス物第三のスーパーキャラが登場!(なの...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
NY渡米時にちょうど公開されていたが「どうせアメコミヒーロー物」とスルー。 というのは、もうMARVELでさえウンザリ! なのに、DCコミックス物。 「バットマン vs スーパーマ......
『ワンダーウーマン』('17初鑑賞97・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 8月25日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:30の回を鑑賞。 2D:字幕版。 9月1日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:15......
ワンダーウーマンIMAX3D★★★・5 (パピとママ映画のblog)
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマンを主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性を見たこと......
『ワンダーウーマン』 (こねたみっくす)
やっぱり彼女の前ではどんな男も霞んでしまう。ただしスティーヴだけは…違った! マーベルに押されまくりのDCコミックに救世主現る!もはや男性ヒーローなんて、特にマザコンヒ......
「ワンダーウーマン」 (ここなつ映画レビュー)
予想外に面白かった。「予想外に」なんて書くと、全てのDCファン、アメコミファンから袋叩きに遭うのかもしれないが、個人的な思いとして、もうDCやマーベルのアメコミ系はいっか......
ワンダーウーマン (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】パティ・ジェンキンス 【出演】ガル・ギャドットダイアナ/クリス・パイン/ロビン・ライト/ダニー・ヒューストン/デビッド・シューリス/コニー・ニールセン/エレナ・アナ......
ワンダーウーマン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ワンダーウーマン』を、渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判が良さそうなので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、本作の主人公のダイアナ(ガル・ガドット)......
ワンダーウーマン:映画 (昼寝の時間)
2017年 アメリカ 141分 原題「Wonder Woman」 公式サイト 監