事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「バクマン。」 (2015 東宝)

2015-10-29 | 邦画

リズム、リズム、リズム。大根仁の演出はこれにつきる。間(ま)の曲芸というか。

近作「湯けむりスナイパー」「モテキ」「まほろ駅前番外地」「リバースエッジ」に顕著だったのは、登場人物たちの語りと語りの呼吸が絶妙だということだ。ロックのPVを数多く撮っていることもあるだろうし、近ごろめずらしく脚本と監督を兼ねていることも影響しているだろう。この作品でも大根演出は絶好調だ。

“部活も勉強もしてこなかった”ふつうの(でもないのだが)高校生ふたりが、原作と作画をそれぞれ担当して少年ジャンプで連載を開始し、アンケートで1位をゲットできるか……これをジャンプの不滅の(でもいまでは誰も信じていない)スローガン「友情・努力・勝利」をベースに描く。

原作は大場つぐみと小畑健のDeath Noteコンビ。家庭や世間に関わり合うことなく、その道のことだけ始終考え、行動するという日本のスポ根漫画の王道を、マンガそのものの世界で描いている。

主役の佐藤健神木隆之介が激しく魅力的。それに染谷将太が天才漫画少年として(「ラジャーですぅ」に笑った)、桐谷(ちびT)健太、新井(松ヶ根乱射事件)浩文、皆川(あまちゃん)猿時が新進漫画家としてからむ。面白くならないわけがない。みんなで飲みながらトキワ荘の故事にならったり、スラムダンクのやり取りを応用する場面はおかしかったなあ。

編集長リリー・フランキー、編集者山田孝之が、ジャンプのアンケート至上主義を体現。連載を決定する編集会議はリアル。

否定はされているけれども、ジャンプが数多の漫画家を使い捨てにしてきたことは確かだし、わたしはどちらかというと少年マガジン派だったので、リアルタイムでジャンプの盛衰を感じてはいない。あそこに行けばジャンプが土曜日に買える!的な盛り上がりとも無縁。

でも、マンガが自己実現の手法として確立することに(新人をひたすら発掘することで)ジャンプが貢献したことは疑いない。死屍累々たる青年たちの犠牲の上に成り立っていることも含めて、やはり漫画はすばらしいと思わせてくれる傑作。サカナクションの音楽も最高だ。ぜひ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「道徳の時間」 呉勝浩著 ... | トップ | 今月の名言 2015年10月号~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
バクマン。★★★★ (パピとママ映画のblog)
「DEATH NOTE」の原作コンビ、大場つぐみと小畑健によるテレビアニメ化もされた大ヒット漫画を、『モテキ』などの大根仁監督が実写映画化した青春ドラマ。性格の違う高校生2人がタッグを組み漫画家への道を歩んでいくさまを、大根監督ならではの巧みな映像表現を駆使して....
『バクマン。』実写映画の3つの魅力 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  週刊少年ジャンプの王道ともいえる新妻エイジのマンガに対抗するため、原作担当の高木秋人(たかぎ あきと)と作画担当の真城最高(ましろ もりたか)が編み出した戦法、それが「邪道」だ。彼らは邪道なマンガを引っ提げて、少年ジャンプの激烈な人気...
『バクマン。』('15初鑑賞70・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 10月3日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:25の回を鑑賞。
バクマン。  監督/大根 仁 (西京極 紫の館)
【出演】  佐藤 健  神木 隆之介  染谷 将太  小松 菜奈  山田 孝之 【ストーリー】 優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(サイコー)は、漫画原作家を志す高木秋人(シュージン)から一緒に漫画家になろうと誘われる。当初....
バクマン。/佐藤健、神木隆之介 (カノンな日々)
原作コミックは面白く人気が高い作品ということで名前を知ってたくらいでTVアニメは見たことありませんでしたが、予告編が面白そうだったしキャストも好みなこともあって期待して ...
『BAKUMAN』バクマン。 (キマグレなヒトリゴト: IN PERTH)
少年時代(?!)を週刊ジャンプと過ごした身としてはたまらない世界観! どこぞの研究によると http://news.yahoo.co.jp/pickup/6178822 漫画を読む子供は本も読むという結果でたみたいですけど ...
現実は厳しい。『バクマン。』 (水曜日のシネマ日記)
大場つぐみと小畑健による大ヒット漫画を実写化した作品。高校生2人がタッグを組み漫画家への道を目指す物語です。
バクマン。 (映画的・絵画的・音楽的)
 『バクマン。』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『モテキ』の大根仁監督の作品とのことで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、『週刊少年ジャンプ』の編集部の部屋。様々なものが机の上などにめちゃくちゃに積み上げられていて酷い有様。  そこへ....
『バクマン。』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「バクマン。」□監督・脚本 大根 仁□原作 大場つぐみ、小畑 健□キャスト 佐藤 健、神木隆之介、桐谷健太、新井浩文、山田孝之、       リリー・フランキー、宮藤官九郎、小松菜奈■鑑賞日 10月4日(日)■劇場  チネチッ...
映画「バクマン」 (monta’s diary)
先月「テッド2」を観に行った時に予告編の中で凄く面白そうで、1人でも絶対に観に行きたいと思った映画「バクマン」 レビューの評価もかなり良いし、芸能関係の人達がかなり面白いと言っていて益々気になる作品になっていました。 ジャンプは読まないから原作も知らなか...
バクマン。 (映画と本の『たんぽぽ館』)
友情・努力・勝利!! * * * * * * * * * * 大場つぐみ&小畑健原作コミックの映画化。 正直、私のようなオバサン向けの作品ではないのでしょうけれど(多分)、 元来漫画好きの私は、ものすごく楽しめました! 何しろ主人公二人が佐藤健さんと神木...
『バクマン。』をトーホーシネマズ日本橋8で観て、興奮ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★映画である事】 原作マンガ未読。 なので、誰が似てて誰が似てないというのは分からない。 マンガを一回でも描いた事がある人は分かると思うが、 マンガ ...
漫画家になろう! (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「バクマン。」を鑑賞しました。 高い画力を持ちながら普通の生活を送ってきた高校生 真城最高は、同じクラスの高木秋人から一緒に漫画家になろうと誘われる。 週刊少年ジャンプでの連載を目標に漫画づくりに励む2人は編集者・服部に才能を認めら...
「バクマン。」漫画家を目指した先に知った漫画家の過酷な現実と読者の支持なしには続けられないという漫画誌の現実 (オールマイティにコメンテート)
「バクマン。」は原作・大場つぐみ、作画・小畑健によるバクマン。を実写化した作品で、集英社の週刊少年ジャンプに持ち込みした2人の高校生コンビが連載を勝ち取り、ジャンプで ...
ジャンプよ永遠なれ~『バクマン。』 (真紅のthinkingdays)
 作画担当の真城最高(佐藤健)とネーム担当の高木秋人(神木隆之介)の二人 は、高校二年生の夏休み最後の日、初めて描いた漫画を集英社に持ち込む。 そこには、憧れの漫画週刊誌 「少年ジャンプ」 の編集部があるのだ。編集者・ 服部(山田孝之)に見込まれた二...
「バクマン。」 (ここなつ映画レビュー)
思えばマンガというものには幼少時から大変お世話になってきた。小学生の頃の「りぼん」を皮切りに、月に一回の「別マ」の発売日は楽しみだったなぁ~。ちょうどその月一の日が誕生日と同じ日なので、一年に一回誕生日プレゼントみたいだな、と思う「別マ」の発売日があっ...
バクマン。 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:大根仁 出演:佐藤健、神木隆之介、染谷将太、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、小松菜奈、よーかいくん、今井隆文、五頭岳夫、小野敦子、稲村優奈、高橋綾沙、重廣レイカ、矢柴俊博、中川晴樹、勝矢、岩瀬亮、中村無何有、神農直隆、ノゾエ征爾、本多力、三浦俊輔、...