事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「殿、利息でござる!」 (2016 松竹)

2016-05-24 | 邦画

このタイトルで、主演が阿部サダヲなのだから、歴然としたコメディだと誰だって予想する。イメージとしては「超高速!参勤交代」あたりかな。

でもちょっと肌合いは違った。いやもちろんコメディ色はかなり強いんだけど、実は感動大作でした。大作、は言いすぎか。でもわれらが庄内映画村、じゃなくて名前が変わってスタジオセディック庄内オープンセットで撮っているし、なにしろ超豪華キャストなのでそれくらいは(笑)。

原作は「武士の家計簿」の磯田道史の評伝。仙台藩で実際にあったお話なのだそうだ。藩主は見栄っぱりだし、あの藩は「樅の木は残った」で知られるようにいろいろとあったところなので金欠状態。

おかげで領民は理不尽な賦役に苦しんでいた。そのため、一千両(現在の価値で3億円)の金を百姓たち(というか半農半商な感じ)は集め、藩に貸し出して苦役から脱しようとする。

これがメインのストーリーなんだけど、味わい深いのはむしろ金を集めてからのほうで、出資者たちはルールをつくって自らを律しようとするのだ。けんかや言い争いを慎み、寄付するときに名前を出すことを慎み、道を歩くときはすみっこを歩き、飲み会では下座に座る……そしてこれらを子々孫々にまで守らせようと決める。

だからこのお話は、寺の和尚が書き残していなければ、誰も知らないままになっていたことになる。なんという謙虚さ!

監督は伊坂幸太郎原作ものでおなじみの中村義洋。彼と「奇跡のリンゴ」で組んだ阿部サダヲ、「アヒルと鴨のコインロッカー」で組んだ瑛太(濱田岳がナレーションで参加)、「ゴールデンスランバー」やチームバチスタのシリーズ(もう新作つくらないのかなあ)の竹内結子が結集していい感じ。
そしてそして、最後に“あの人”が出てきたのでびっくり!他のお客さんたちは驚いていなかったようなので、みんな知ってたんですか。いやー驚いた。

実在する人々のお話なので、ラストに子孫が営むお店が出てくる。小さくて、つつしみ深い店構え。彼らの謙虚さは、まだちゃんと生き残っていたのだ。いい話だったなあ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真田丸 第二十回「前兆」 | トップ | 「特捜部Q 吊された少女」 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2016-07-03 06:53:10
あの人の登場は知ってて見に行きました。ワイドショーなどでかなり取り上げられたので、知らずに見に入った人の方が少ないんではないでしょうか? ちゃんと問題なくとっても凛々しく演じていてよかったです。

あの人の登場は演じているキャストに秘密だったらしく、演じながらマジに驚いてるらしいです。
そうでしたか(笑) (hori109)
2016-07-03 09:18:41
やっぱりみんな知ってたのか-。
キャストのリアクションが素だったってのは
これもいい話だなあ。
にしても、あの役はこの映画で最大の悪役の
はずなのに、憎めないのはあのキャスティングの
おかげかな(^o^)
誰よりも“金”がほしいのねー。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
殿、利息でござる! (映画と本の『たんぽぽ館』)
無私の心 * * * * * * * * * * 江戸中期、仙台藩で実際にあったことを元にしたストーリーです。 寂れた宿場町の吉岡宿。 ここでは、お上の物資を隣の宿場から受け取り、次の宿場へ運ぶ 「伝馬(てんま)役」が課せられていました。 このための馬...
劇場鑑賞「殿、利息でござる!」 (日々“是”精進! ver.F)
無私の心… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201605150000/ 無私の日本人【電子書籍】[ 磯田道史 ]価格:630円 殿、かねささでござる!価格:540円(税込、送料別)
殿、利息でござる! (だらだら無気力ブログ!)
まさかこんな心打つ作品だったとは・・・。
殿、利息でござる! (映画好きパパの鑑賞日記)
 笑って泣けて、感動できる素晴らしい作品。これが実話だということで、日本のこの美しい心を、今に伝えたいという気持ちにかられました。お金の勉強にもなるし、お勧めです。  作品情報 2016年日本映画 監督:中村義洋 出演:阿部サダヲ、瑛太、山崎努 上映時間:...
殿、利息でござる!★★★★ (パピとママ映画のblog)
『武士の家計簿』の磯田道史が江戸時代に貧しい町を救うために奇想天外なアイデアで藩主に立ち向かった実在の商人の知られざる感動歴史秘話を綴った評伝『穀田屋十三郎』を「予告犯」「残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-」の中村義洋監督、「舞妓 Haaaan!!!」「夢売...
殿、利息でござる! (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/05/14公開 日本 129分監督:中村義洋出演:阿部サダヲ 、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、松田龍平、草笛光子、山崎努、羽生結弦 これも世の貯め、人の貯め。 STORY:江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙...
殿、利息でござる!  監督/中村 義洋 (西京極 紫の館)
【出演】  阿部 サダヲ  瑛太  寺脇 康文  妻夫木 聡 【ストーリー】 江戸中期、財政の逼迫した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎と同志たちは、藩に金...
「殿、利息でござる!」こんな映画やったんや! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[殿、利息でござる!] ブログ村キーワード  実話がベースの歴史物。「殿、利息でござる!」(松竹)。さして予備知識も入れずに、『コメディっぽいのかな~』ぐらいの軽~い気持ちで見に行ったのですが、なんとこれが!驚きの映画でございました。  江戸時代中期の...
映画「殿、利息でござる」☆☆☆☆☆ (ドラマでポン)
羽生結弦がカメオ出演で、西村雅彦も出る、なんて私得!と、ほくほくと劇場に出かけて泣かされてきました(^^;;;) 親子で観たい、いい話。聞いてないよー、阿部サダヲ主演のコメディ ...
『殿、利息でござる!』('16初鑑賞50・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 5月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。
[「殿、利息でござる!」☆舛添さん観てください (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
歴史家・磯田道史による評伝「無私の日本人」に収録されている一編「穀田屋十三郎」を映画化したと後で知って納得。 まさかのこんなに泣ける人情映画だったとは!!ハンカチ用意するの忘れていて、焦ってしまったわ。
殿、利息でござる!・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
これが庶民の生きる道。 江戸時代の仙台藩で、百姓たちが藩にお金を貸して利息をとったという、実話ベースの物語。 森田義光監督で映画化された、「武士の家計簿」で知られる歴史家・磯田道史による「無私の日本人」の中の一編「穀田屋十三郎」が原作となっている。 ...
殿、利息でござる!:映画  (昼寝の時間)
公式サイト 原作:磯田道史「無私の日本人」(文春文庫)監督:中村義洋/脚本:中村
殿、利息でござる! (映画的・絵画的・音楽的)
 『殿、利息でござる!』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見ておもしろそうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「これは本当にあった話」と字幕が出て、先代の浅野屋甚内(山崎努)が、貨幣を壺の中に投げ入れてニタっと笑い、次い...
殿、利息でござる! (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 泣いて笑って最後はハッピーエンド!まさかこの映画で泣けるとは
『殿、利息でござる!』をUCT9で観て、日本人良いよなあふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲こんな黄金屏風前の贅沢な絵は映画上に皆無。実直に貧乏な絵ばっかり。 五つ星評価で【★★★★全力の善良】 とてもいい美談。 そうそう、美談ってついつい警戒してしまうけ ...
ポスターと予告に騙された。大真面目な感動の実話。~「殿、利息でござる」~ (ペパーミントの魔術師)
このポスターの阿部サダヲを見たら、コメディかと思うじゃないですか。 最初のほうの瑛太との掛け合いこそクスクス笑うとここそあるものの、 大真面目な人情ものでございました。...
殿、利息でござる! (2016) (のほほん便り)
実話ベース、だそうですね。ちょっとトボけたテンポとユーモアが見やすくって、最後に痛快劇になるあたり、あっぱれ!でした。とかく、話題になったのは殿様役に、羽生結弦がキャ......