事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「関ヶ原」(2017 東宝=アスミック・エース)

2017-08-30 | 邦画

わたしたちは関ヶ原がどのような結末を迎えたかを知っている。日本のほぼ中央で、ふたつの勢力が激突。ある人物が寝返ったことで、この大勝負はわずか半日でけりがついてしまう。

司馬遼太郎作品は、良くも悪しくも“賢人の回顧談”の色彩が強いので、こういう結果になるのは不可避だったように常に思える。原作の映画化を切望した原田眞人は司馬の、“歴史を思い切り上から見る=鳥瞰する”姿勢に共感したのだろう。理解できます。誰かがやらなければならない仕事だし。

にしてもこの争いには不可思議なことが多すぎる。

・なぜ石田三成はあっさりと負けを認めてしまったのか。フランチャイズの近江に退く選択肢は歴然としていたのに。

・家康が城攻めが苦手であることを承知しながら、なぜ野外で戦ったのか。

・本当のところ、小早川秀秋は東西どちらにつきたかったのか。

……この映画は、よほど史実を検証したのかこれらの疑問に一定の回答を示してくれます。騎馬で疾走し、背面まで気をはらった殺陣を行う役者たちはおみごとだし(特に島左近役の平岳大)、長大な原作を150分にまとめるためにセリフがチョー早口なのも気にならない。

ただし、去年の「駆込み女と駆出し男」「日本のいちばん長い日」ほどには興奮させてくれない。それはすべて、石田三成(岡田准一)という男を主人公にすえたことによるのではないか。彼は確かに正義を完遂するが、もしも西軍が勝っていたら、果たしてどんな治世が待っていたのかと考え込んでしまうのだ。

確かに徳川家康(役所広司)のやり方は不正義かもしれない。しかし、正しさが何より優先される世に、わたしは住みたいとは思わないのだ。まあこれは、わたしがめずらしく家康好きな人間だからかも。

映画の出来に文句ありません。関ヶ原の敗戦と三成の斬首にタイムラグがあることを利用し、それぞれの戦後を描いてすばらしい。

三成が愛した女忍者(有村架純)に、普通の監督ならラストで延々と尺をとるところだが、油断していると見逃すほどのカットにしたのはスマート。次は、同じスタッフで「城塞」をぜひ。だって原田組常連のキムラ緑子の北政所がこれでおしまいってのはもったいない。あれ?木場勝己はどこに……おおおお、まさか司馬遼太郎役とはっ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無冠の男PART5 | トップ | 今月の名言2017年8月号PART1... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ナレーション (もののはじめのiina)
2017-09-18 09:20:24
家康ひいきの方には、石田三成に焦点を当てた物語などしっくりこないのかもしれませんね。

司馬遼太郎の視線で語っているナレーションを木場勝己がしているのでしたか・・・。木場勝己を知らぬのです。(^▽^;)
調べると同い年でした。

そうなの。 (hori)
2017-09-18 21:20:34
わたしはやっぱり正義漢がどうにも苦手で。
まわりは迷惑するじゃない?(笑)
「真田丸」のときも、三成の信奉者である奥さんは
狂気に走った。

ぜひ「駆込み女と駆出し男」を観てください。
木場勝己のうまみがわかってもらえると思いますよ。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
関ヶ原 (あーうぃ だにぇっと)
関ヶ原@イイノホール
関ヶ原 ★★★ (パピとママ映画のblog)
小説家・司馬遼太郎の著書を、『日本のいちばん長い日』などの原田眞人監督が映画化。豊臣秀吉亡き後の天下をめぐり、徳川家康を総大将とする東軍と、石田三成率いる西軍が激突し......
『関ヶ原』 2017年8月15日 アスミックエース試写室 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『関ヶ原』 を試写会で鑑賞しました。 長いけど楽しめる作品だった 【ストーリー】  豊臣秀吉の死後、豊臣家への忠義を貫く石田三成(岡田准一)は、天下取りの野望に燃える徳......
劇場鑑賞「関ヶ原」 (日々“是”精進! ver.F)
大一、大万、大吉… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201708250001/ オリジナル・サウンドトラック 関ヶ原 [ 富貴晴美 ]
[映画『関ヶ原』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・かなりの圧巻! 面白かった。 こんな大作とは思わなかった。 勝手知ったる関ヶ原、観ている者の主観も飲み込めるだけの度量あるボリューム。 セリフが良かった。 分......
関ヶ原 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2017/08/26公開 日本 149分監督:原田眞人出演:岡田准一、有村架純、平岳大、東出昌大、キムラ緑子、滝藤賢一、大場泰正、中越典子、壇蜜、西岡徳馬、松山ケンイチ、役所広司 日本の......
関ヶ原 (だらだら無気力ブログ!)
149分で纏めるには無理があったかな。
映画「関ヶ原」 (FREE TIME)
映画「関ヶ原」を鑑賞しました。
『関ヶ原』('17初鑑賞98・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 8月29日(火) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:45の回を鑑賞。
関ヶ原 (ネタバレ映画館)
メイクアップに圧倒された。
関ヶ原  監督/原田 眞人 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  役所 広司  有村 架純  平 岳大  東出 昌大 【ストーリー】 豊臣秀吉の死後、豊臣家への忠義を貫く石田三成は、天下取りの野望に燃える徳川家康と対立を......
関ヶ原 (映画的・絵画的・音楽的)
 『関ヶ原』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編を見て良さそうと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、1600年の戦いの前日の関ヶ原。  ススキの生い茂る野......
『関ヶ原』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「関ヶ原」□監督・脚本 原田眞人□原作 司馬遼太郎□キャスト 岡田准一、役所広司、有村架純、平 岳大、東出昌大■鑑賞日 8月27日(日)■劇......
関ヶ原 (勝手に映画評)
司馬遼太郎の小説の映画化作品。 うーん。あまり司馬遼太郎の本は読んだ事は無いですが、なんか、司馬遼太郎っぽいなと思ったらだめでしょうか? いや、個々の映像は素晴らしい......
関ケ原 (もののはじめblog)
石田三成の「旗印」は、「一人が万民のために、万民が一人のために尽くせば、天下の人々は幸福になれる」の意。 石田三成を演じた岡田准一は、そろそろ俳優業で一本立ちしたらと......