事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

三谷幸喜創作を語る最終回 ステキな金縛り

2015-03-24 | 芸能ネタ

PART3はこちら

「ステキな金縛り」
(物語の破綻には強さがあるという主張から)エミ(深津絵里)と同じ事務所の先輩弁護士速水悠(阿部寛)が途中で死んじゃうっていう(笑)。あれはすごい破綻。とってつけたような死に方だし。なぜかというと、もともとあの役はおじいさんの設定だったんです。たとえば藤村俊二さんが演じるような。阿部さんに決まってもそこは変えなかった。でもその破綻には強さがある。あれは阿部さんがいいんですよ。あまり感情移入しなくても済む軽いキャラと演技だから。もっと生活感のある俳優さんが演じてたら、観客は「速水にも家族はいるし、死んだ後どうなっちゃうんだろう」と思うけど、阿部さんだから何も感じないんです(笑)。

……英米のウェルメイドなコメディを信奉する三谷にとって、背が高く、美男で、自分の身体が制御できない不器用な男は最高のキャラだ。ジェームズ・スチュワートの再来ですもんね。わたしは「ステキな金縛り」をあまり評価していない。それは、主演女優があまりにも堅かったから。彼女は台本は完璧に頭に入れて現場に臨むし、絶対にNGを出さないのだそうだ。うーん、だからこそ向いていなかったのではないかと。

「清須会議」
僕はもともと好きなことを1つずつやっていくしか出来なくて、時代ものも好きだから映画で1回やりたかったから撮らせてもらったんです。(「古畑任三郎THE MOVIE」とかは)絶対やらないです。

……そんな三谷の映画の次回作はなんとSFで、香取慎吾と綾瀬はるかで「ギャラクシー街道」(笑)。そしてそして来年の大河を堺雅人主演で「真田丸」!期待しちゃうじゃないですか。できうれば、それらが終わったあとに、またしても「創作を語」ってもらえるとうれしいかも。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三谷幸喜創作を語るPART3 古... | トップ | 「わが恋せし女優たち」 逢... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。