事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

おんな城主直虎 第11回 さらば愛しき人よ

2017-03-19 | 大河ドラマ

第10回「走れ竜宮小僧」はこちら

前回の視聴率は12.5%と予想よりも下回った。

というか、裏がWBCだったんですね。大好きなプロ野球を近ごろ観ることができないのは色々と事情があるんだけど、日本の活躍は素直にうれしい。侍ジャパンってイメージの押しつけはちょっとしんどいにしても、超オールスター軍団のなかで、貧打で有名な巨人の小林が(チームメイトにヒットを打つたびに揶揄されながら)成長しているのは頼もしい。彼に足りないのは自信だもの。

さて、今回のタイトルは「さらば愛しき人よ」。フィリップ・マーロウですか、大鹿マロイが出てくるんですか!とミステリファンはうれしくなる。

愛しき女、ではなくて愛しき“人”なのは、村上春樹が「さよなら、愛しい人」で喝破したように、Lovelyとは実は……そこまで森下さんが計算していたかは別ですが。

残念なことに、とても重要な回だったのに脚本も演出もとっちらかっていて、登場人物みんなが「自分が悪い」とは言うものの、こちらは目をシロクロ、な巻。

例によって魚民にみんな集まり、むかしはよかったなー、でもオトナになったからそうはいかないんだよな、という展開なのはわかる。でもそこをもう一歩進めて「だからどうした」と傲然と開き直る手合いがいてもいいのに、政次は父親へのコンプレックスむき出しだし、直親は国を率いることと、妻と初恋の人の両方にいい顔をすることを並列させている。例によって罪な男。ここらで次郎法師がさすがの側面を見せないでどうする。

救いは井伊直政になるガキの好演で、そうだよこういう計算のない演技がほしかったんだとつくづく。ぶにゅ、と顔を親に押しつけるあたりが可愛い可愛い。

でも、浅丘ルリ子が今川を代表して罠を仕掛けるあたりはうれしいかも。「花神」以来、四十年ぶり(!)の大河に、NHKはそれなりの役を用意したことがよくわかった。オランダおいねの危うさから幾星霜、彼女の眼光の鋭さだけは変わらない。いいものを見せていただきました。

今回はWBCがないので視聴率は上昇して……え、木村佳乃がイッテQでまた無茶するの?ひきつづき12%台でしょうか。

第12回「おんな城主直虎」につづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「リップヴァンウィンクルの... | トップ | SPEC »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
〔NHK大河ドラマ〕おんな城主直虎 第11回「さらば愛しき人よ」感想 真田昌幸ならど...... (しっとう?岩田亜矢那)
同じ戦国の世で、強い大名の勢力争いの下で、 翻弄された弱小勢力の真田家、 若し真田昌幸なら、こんな時どうしたであろうか? 今川家から追及されても、 ふつーにシラを切り通す......
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第11回「さらば愛しき人よ」 (真田のよもやま話)
個々の所随分面白い展開となってまいりました井伊家周辺の歴史ドラマですけど、やっぱりこの~、仮にあの~、次郎法師が活躍しなくても結構面白かったんじゃね?みたいな禁断の思......
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #11 さらば愛しき人よ (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
直親は今川から松平に乗り換えようとしますが・・・
【おんな城主 直虎】第11回「さらば愛(いと)しき人よ」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
柴咲コウ、杉本哲太、財前直見、前田吟、小林薫、三浦春馬、高橋一生、柳楽優弥、貫地谷しほり、ムロツヨシ、宇梶剛士、吹越満、苅谷俊介、でんでん、筧利夫… この記事のコ......
おんな城主直虎 第11回~選ぶ余地などございませぬ。父の代より私は今川の目付でござい...... (平成エンタメ研究所)
「選ぶ余地はないではないか。俺とて今川と共倒れになるのはごめんじゃ」 「選ぶ余地などございませぬ。父の代より私は今川の目付でございます」  政次(高橋一生)の裏切り。 ......
おんな城主 直虎 第11回「さらば愛しき人よ」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第十一回「さらば愛しき人よ」 あらすじ・・・・・・・
おんな城主直虎 第11回「さらば愛しき人よ」 (あしたまにあーな)
松平元康を初め、次々と今川から去ろうとするものが現れる状況に、初めはどうしようもないと肩を落としていた氏真ですが、寿桂尼がそういうものはやっておしまい、というキツイ助......
【おんな城主 直虎】第11回感想と視聴率「さらば愛しき人よ」 (ショコラの日記帳・別館)
「さらば愛しき人よ」【第11回の視聴率は、3/21(火)追記予定】 遂に、直親(
大河ドラマ『おんな城主直虎』第十一回 (レベル999のgoo部屋)
「さらば愛しき人よ」内容元康(阿部サダヲ)の裏切りに怒る氏真(尾上松也)は、瀬名(菜々緒)の処断を決断する。次郎法師(柴咲コウ)は、瀬名を救おうと奔走するも失敗。そん......
大河ドラマ「おんな城主 直虎」生き残る為の決断11今川の策に直親が嵌り命と引き換え...... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第11話は今川義元が討ち死にしてから元康が三河を平定し、その勢いで遠江へ攻め込もうとしていた。氏真は裏切りを防ぐために直親に偽の元康の使......