事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

騎士団長殺しPART3

2017-07-15 | 本と雑誌

PART2はこちら

④時代

ねじまき鳥クロニクル」でノモンハン、「1Q84」で地下鉄サリン事件に取り組んだ作家が、東日本大震災に黙していられるはずはない。ましてや、村上春樹は神戸出身なのだから、震災後の世界に敏感なのは当然のこと。

宮城と福島の県境で主人公が出会う、この物語最大の敵役“白いスバル・フォレスターの男”が何もシンボライズしていないと考えるほうが不自然だ。はたして何の象徴なのかは、読者次第ということだろうか。

後半ちょっとグダグダになってない?とは確かに思った。でも、パソコンが壊れているときだったので、とにかくひたすらに読み進んで満足。なにしろ途中でやめられないんだから。

ストーリーの核に、フィッツジェラルドの「グレート・ギャツビー」があることは確実。ある目的のためにのし上がり、ある場所に豪邸をかまえたギャツビーの愚行を冷静に見つめる友人、という共通点には多くの読者が気づくと思う。

くわえて、1Q84のオープニングにつづいて、またしても「不思議の国のアリス」が引用されており、それどころか、いくつもの自分の著作をひねってみせる読者サービスもたっぷり。

もちろん、わたしの村上春樹トップスリーである

・中国行きのスロウボート

・蛍、納屋を焼く、その他の短編

・世界の終わりとハードボイルドワンダーランド

を凌駕する出来とは言えないかも知れない。でも“村上春樹を読む快感”を、今回もきっちり味わうことができました。ああ早く次の作品が出ないかな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「パイレーツ・オブ・カリビ... | トップ | おんな城主直虎 第28回 死... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。