事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「猿の惑星 聖戦記」War for the Planet of the Apes (2017 FOX)

2017-10-21 | 洋画

Rise(創世記)Dawn(新世紀)とつづいたリブート版「猿の惑星」完結編はWar(聖戦記)ときた。邦題が聖書っぽいのは、このシリーズの終わり方をFOX日本支社が予測していたからかしら。

肉親の死、復讐、隷従、そして解放という流れ。猿たちが新天地を求めて旅立つのはエクソダスそのものだし(だからリーダーであるシーザーは、モーゼと同じように……)、紅海は割れないけれども奇跡が起きて、な展開。

ストーリーだけ追えばとてつもなく暗い前半。これまでと同じように人種差別が投影され、猿は徹底的に虐待される。

しかし、映画的興奮がたいそう仕込まれているので退屈しないですむ。騎馬での追跡行(しかも一騎はニケツです)は、近ごろめずらしいまっとうな西部劇だし、スキンヘッドを手のひらでなでまわす“大佐”(ウディ・ハレルソン)はどこをとっても「地獄の黙示録」(それを匂わす落書きまであります)のマーロン・ブランド。

末恐ろしいほどの美少女が登場して、ノヴァと猿によって名づけられる。シーザー、コーネリアスと並んで、オリジナル版へのリスペクトありあり。

大脱走ばりのトンネルからの脱出劇があり、最後の“奇跡”のなかで猿だけが生き残るのは、猿のある特性の結果。考えてあるなあ。

シーザーがモーゼであり、キリストとなるラストでは、画調まで史劇っぽい。

映画をひたすら知っている監督と、やはり今回もすばらしかったアンディ・サーキスの演技。確実に再リブートされるはずなので、その際にはまた彼らを起用してほしい。

「壁をつくるなんて、どうかしている」

というセリフが(右翼的であることで有名な)20世紀FOXの映画で実現するあたり、気合いが違っている。見たかトランプ。

ただね、吹替版でまたFOXはやってくれました。コメディリリーフとはいえ、あの人をバッドエイプ役に使ったのには気が遠くなった。「プロメテウス」で剛力彩芽を起用して大失敗した反省は今回も活かされていない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ファインディング・ドリー... | トップ | 投票に行こう~The Buggles -... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
考える葦 (もののはじめのiina)
2017-11-15 09:16:16
> シーザーがモーゼであり、キリストとなるラストでは、画調まで史劇っぽい。
第一作から、ずいぶんと枝葉の「猿の惑星」系映画を派生させました。「さるの湧く星」ですからね。
さすが人類は「考える葦」です。

そんな人類が猿に支配されてしまいますから、大いなる風刺が効いています。

前シリーズのラストは、リンカーン像を真似たシーザー像でしたが、あの結末が小説オリジナルでした。
「猿の惑星」を飛び立ち地球に帰り着いたら、そこも「猿の惑星」だったというストーリーでした。

さるの湧く星(笑) (hori)
2017-11-15 19:18:05
にしても今シリーズは陰鬱なイメージが
強かったですよね。
で、おそらくは猿も人間と同じように
堕落していくであろうことが予想されます。
能天気なむかしがなつかしい。

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

21 トラックバック

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) / War for the Planet of the Apes (勝手に映画評)
リブート版『猿の惑星』の第三作目。地球が、猿の惑星と化してしまった最後の理由が明らかになります。 シーザーの妻子が殺されたりしますが、意外に物静かに物語は進みます。タ......
『猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー』 2017年10月15日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー』 を鑑賞しました。 雨の降りしきる寒い中、日劇まで見てきた。 【ストーリー】  猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (ネタバレ映画館)
喋れないのは駅前留学しなかったからか!?
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 人間との全面対決の陰で新ネタ・新キャラ披露で奥行きが増した。
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』には脱帽だ (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『猿の惑星』シリーズのリブート第一作『猿の惑星:創世記』(2011年)に、私はいささかの不満があった。旧シリーズに濃厚だった人種差別や人権問題を重視す......
劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」 (日々“是”精進! ver.F)
そして、猿の惑星へ… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201710130000/ 猿の惑星聖戦記 (竹書房文庫) [ グレッグ・コックス ]
猿の惑星 : 聖戦記 (グレート・ウォー) (風情☭の不安多事な冒険 Part.5)
 アメリカ  アクション&アドベンチャー&ドラマ  監督:マット・リーヴス  出
猿の惑星:聖戦記 (だらだら無気力ブログ!)
子役の娘がめんこくてイイ。
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そして、時の輪が閉じる。 2011年の「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」から始まる、リブート版新三部作完結編。 本作のキャッチコピーは、「そして、猿の惑星になる」という大......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)★★★・5 (パピとママ映画のblog)
『猿の惑星』の前日譚(たん)を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の続編となるSF大作。猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (セレンディピティ ダイアリー)
「猿の惑星」シリーズ最新作。ピエール・ブール原作のオリジナル「猿の惑星」(1968)へとつながる、プリクエル3部作の第3弾。監督は前作と同じマット・リーヴス。前2作と同様、......
「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」 (或る日の出来事)
マジだよねー。
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (風に吹かれて)
そして猿の惑星になった 公式サイト http://www.foxmovies.jp/saruwaku-g 監督: マット・リーヴス  「クローバーフィールド/HAKAISHA 」 「猿の惑星:新世紀(
「猿の惑星 聖戦記(グレートウォー)」☆続いてる? (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
名作「猿の惑星」へと続く前日談の第3弾。 そもそも猿の惑星シリーズが過去と未来との行ったり来たりで混乱しがちなので、そこへ至る経緯を丁寧に綴ったこの前日談3部作は、なか......
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』('17初鑑賞115・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 10月13日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:55の回を鑑賞。 2D:字幕版。
『猿の惑星:聖戦記』 (こねたみっくす)
ところでチャールトン・ヘストンと自由の女神は? う~ん、何なんだろか、この消化不良な気持ちは…。 映画はとにかく面白い。あの偉大なる1作目へ通ずる様々な布石も満載な上に......
映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレ...... (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(日本語字幕版)』(公式)を先日、に劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら60点にします。 なお、ピエ......
75『猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)』あぁシーザー (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
シリーズ堂々完結。 そして誰もが知るあの世界へ回帰する... 『猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)』 ~あらすじ~ 猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー......
猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー (映画と本の『たんぽぽ館』)
支配するものとされるもの * * * * * * * * * * 名作「猿の惑星」をリブートした「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」、 「猿の惑星:新世紀(ライジング)......
猿の惑星 (もののはじめblog)
聖戦記 グレート・ウォー 名作「猿の惑星」をリブートした新シリーズ「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に次ぐシリーズ第3弾。 新シリ......
映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」@109シネマズ木場 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2017/10/15、109シネマズ木場、1番スクリーン。 良い席はとっくに埋まっており、中央通路前のF列を選択。 ** アンディ・サーキス、ウディ・ハレルソン、アミア・......