事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「ベイマックス」 Big Hero 6 (2014 ディズニー)

2015-01-21 | アニメ・コミック・ゲーム

原題はBig Hero 6。すんげーヒーロー6人組、ぐらいの意味だろうか。マーベルの地味なコミックが原作らしい。このタイトルには、実は主人公の名前がうっすらしこんである。その少年の名はヒロ(Hiro)。住んでいるのはサンフランソウキョウという、サンフランシスコと東京のキメラみたいな都市。

ヒロは天才少年で、そのあふれる才能の行先を見つけられないでいる。そんなヒロを兄のタダシは大学に連れて行き、ロボットオタクたちの研究の奇天烈さを見せつける。ヒロは発奮し、大学に入るためにマイクロボットという変幻自在の機械を発明するが、そのプレゼンテーションの会場で謎の爆発が起こり、タダシは命を失う。残されたのはタダシが研究していたベイマックスという医療ロボットだった……

この、ベイマックスの造形がすばらしい。極端にシンプルな顔、ぽよぽよの質感、そして使用者への圧倒的な善意。もちろん日本には猫型ロボットという先輩がいるけれど、ベイマックスのフィギュアもきっと売れるな。

6人組の壮絶なアクション、CGのためにあるようなマイクロボットの変容など、レベルの高い映画であることは確かで、ベイマックスにこめた兄の想いなど、二十歳で亡くなったわたしの兄もタダシだったこともあってひたすら泣ける。

ただしね(シャレじゃないです)、どうにも心躍らないんだなあ。華麗なアクションが目の前で展開していても、完璧なジャパネスクな風景に驚かされても(づぼらや的なフグ提灯には笑いました)、物語に入りこんでいけない。いったいどうしてなんだろう。

全世界でバカヒット。「アナ雪」「マレフィセント」「ベイマックス」とディズニー絶好調。ピクサーでなくても十分にやっていける地点についに来た……でもね、やっぱりピクサーほどの“ハート”はまだないんだと思う。まあ、製作がジョン・ラセターなんだからいっしょじゃんという理屈もあるでしょうけどね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「怪しい店」 有栖川有栖著 角... | トップ | 「その女アレックス」 ピエール... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
死を (sakurai)
2015-01-22 10:18:01
絡ませ、無理にどっかで泣かせよう・・・って部分もあったかもですね。
タダシ君が事故で亡くなるのはわかってたけど、展開的にどうだろうなあって思った。
でも、十分にレベルは高いです。
確かにレベル高いです。 (hori109)
2015-01-22 22:48:11
寒空の下、銀行の玄関先でだぶだぶのダウン
ジャケットを着て昆布茶の缶を持ってタバコを
吸っている中年男……これ、冷静になれば
ルックスはベイマックスよねとしみじみ(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ベイマックス (映画と本の『たんぽぽ館』)
このお正月は、“餅マックス”が流行りだったそうで * * * * * * * * * * 「アナと雪の女王」に次ぐディズニーアニメ。 私は純然たるファンタジーよりも、むしろ現代感覚あふれる本作の方が好みなので、 こちらはちゃんと劇場で見ました。 でも、...
ベイマックス(日本語吹替版)  監督/ドン・ホール&クリス・ウィリアムズ  (西京極 紫の館)
【声の出演】  本城雄太郎(ヒロ)  川島得愛 (ベイマックス)   菅野美穂 (キャス)  小泉孝太郎(タダシ) 【ストーリー】 西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。そこに暮らしている14歳の天才児....
『ベイマックス』 期待される日本 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  年末に配られた冊子に、面白い一覧が載っていた。  読売新聞の購読者に配られる読売家庭版2015年1月号のディズニー映画特集だ。「時代を超えて愛され続けるディズニー長編アニメーション」と題して、長編映画第1作目の『白雪姫』から最新の54作...
ベイマックス (迷宮映画館)
アメコミだったとは、まったく知らず。とは言いつつ、いろんな層に受ける要素がちゃんと入ってる。
『ベイマックス(吹替版)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ベイマックス」□監督 ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ□脚本 ロバート・L・ベアード、ダニエル・ガーソン、ジョーダン・ロバーツ□キャスト(声の出演) 川島得愛、小泉孝太郎、菅野美穂、本城雄太郎、金田明夫 ■鑑賞日 12...
ベイマックス (映画的・絵画的・音楽的)
 『ベイマックス』(2D日本語吹替版)をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)ディズニーのアニメながら、評判がいいので映画館に行ってきました。  平日の昼間でしたが冬休み中ということで、映画館は子供たちで満席状態でした。  本作(注1)の初めでは、都市の上空か....
「ベイマックス」 ぷにぷに、ふわふわ (はらやんの映画徒然草)
ロボットが人を守るっていうと、その力(パワー)でっていうイメージがありますね。
ベイマックスの愛くるしさよ (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「ベイマックス」を鑑賞しました。 14歳の天才児ヒロは兄のタダシを亡くし深い悲しみに沈む そんな時 タダシが開発した風船のように膨らみのあるロボット、ベイマックスが現れる 苦しんでいる人々を回復させるケアロボット・ベイマックスの優しさ...
ベイマックス (銀幕大帝α)
BIG HERO 6 2014年 アメリカ 102分 アドベンチャー/コメディ/ファミリー 劇場公開(2014/12/20) 監督: ドン・ホール クリス・ウィリアムズ 製作総指揮: ジョン・ラセター 声の出演: スコット・アツィット:ベイマックス ライアン・ポッター:ヒロ T・J...
ベイマックス (Big Hero 6) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ 主演 スコット・アツィット(声) 2014年 アメリカ映画 102分 アニメ 採点★★★ ブログタイトルの脇に「“泣ける”イコール“いい映画”なの?」なんてのを掲げちゃってるせいか、泣ける映画を全否定してると思われがち...